川内博史

自民党の派閥パーティーのノルマ以上の還付金不記載で議員を辞めた「谷川弥一」前衆議院議員の代わりに繰り上げ当選してきたのが、自分の会費制集会の売り上げ306万円を不記載だった「川内博史」!!!世の中おかしくないか!!!

まずこれを!!!(平成30年12月。当ブログ引用)

 

Photo_4 記事写真

 

自民党の谷川議員(長崎3区)の辞職に伴い、長崎3区の選挙区で負けて、比例復活していた立民の山田議員が補選に立候補するするために、議員を辞めた。そのおかげで比例順位(惜敗率)で次点落選中だった鹿児島1区の「川内博史」が繰り上げ当選となった。

しかし、その川内氏には、自分のパーティーのような会費制集会(会費1万円)の収入(306万円)を不記載にしていたことを、産経新聞に指摘され収支報告書を訂正していた。という人物だった。

産経新聞が突き止めなければ、その収入306万円は今マスゴミがよく使う言葉、「裏金」だった!ということになるわけだ。

その年の総収入額は709万円しかない政治団体が、309万円の収入を記載していないことが、記載ミス???

Photo H28年「川内博史後援会」収支の状況
右上の7.920.155円の収入総額に306万円を加える訂正を行うのだろうが、翌年への繰越額にも306万円を加えた額が繰り越されることになり、これも訂正することになる。
しかし、本当に帳簿と残額が306万円も違っていれば、誰でも気づくはずなのだ。よく見てください!収入総額総額790万円の団体が帳簿にある306万円もの収入を見落としますか???
そして、
この新春の集いではタレント事務所への支払いは78万1400円。宿泊費は14万70円。と記載されているのだが、
この他にも、講師料を支払ったと思われる人を招いている。
Photo_2新年会開催時のツイッターより、
川内博史
政治評論家角谷浩一氏、政治風刺コント集団ザ、ニュースペーパーの皆さんをお招きし、川内博史後援会新年会を開催しました。ありがとうございました。
と、記されている。
夜に開催されたホテルでの新年会。宿泊と交通費と、講演料!
306万円全部を当てた訳ではないのだろうが、角谷先生に渡す講演料を表に出したくなかったのでは?などと疑ってしまいます。
角谷先生をネットを通じて講演依頼すると、必ず紹介業者が噛んできますからね。直接依頼して、現金を渡した方が手っ取り早いし、安くつきそうだ。角谷先生に支払った講師料は不記載にしていたお金、いわゆる裏金からなのか???
もちろん、ボランティアでわざわざ鹿児島まで出かけてあげて、無料で講師を引き受けたのなら別ですが、、、
消えた306万円の一部は角谷先生への講演料に充てられた可能性は十分考えられますね。
もし講演料を頂いているとしたら、ちゃんと確定申告してくださいね~~~角谷先生!
もし支払っているとしたら、ちゃんと収支報告書の支出に記載してくださいね~~川内先生!

 

事実と違う政治資金収支報告書を作成してはいけませんよ!
ご参考、
Photo_3 H28年「川内博史後援会」組織活動費の行事費で2月付近に支出された記載です。
ねっ!
講師料として角谷先生に支払われた記載が無い。
ザ、ニュースペーパーのレーベン企画にしか講演料が支払われていないのです。
角谷先生はボランティアで行ってあげたのかな~~~~。
友情出演なのかな~~~~。鹿児島まで、、、

 

まあ、いずれせよ、帳簿にあった306万円もの収入が、収支報告書に記載されないまま年末の残高を確認して翌年への繰越金が333、931円だと記載していた川内事務所。帳簿と会わなかった残金の306万円を「記載ミス」という言葉で済まそうとしても信じられませんな。
会計責任者に記者会見でもやらせませんか?お得意の証人喚問要求でも何でもやって疑惑を追及してみてはい如何でしょうか?
人には疑惑だ~!追求だ~!終わらせない!との姿勢を貫く川内議員さん。
ご自分の疑惑を先ず晴らしてみては如何か!
当時の当ブログから、、、
上記のように、パーティー券を売った売り上げを、不記載にしていたことをマスコミに指摘されて訂正した人間が、繰り上げ当選するのって、変な世の中なったもんだよな~~~。

| | コメント (0)

立憲民主党(鹿児島1区)川内博史。語るに落ちた「裏帳簿?」の存在。帳簿に306万円の収入があるなら、残高が合わない事に誰がやっても気付くだろう!

平成30年12月17日 産経新聞

 

 

立民、川内氏 記載漏れ

 

会費制集会収入306万年

 

 

立憲民主党の川内博史、常任幹事会議長、衆院鹿児島1区の後援会「川内博史後援会」が、平成28年に開いた会費制集会の収入306万円を同年分の政治資金収支報告書に記載していないことが16日、分かった。

 

政治資金規正法違反(不記載)に問われる可能性がある。

 

川内氏の事務所などによると後援会は28年2月、鹿児島市内のホテルで後援会の新年会「2016川内博史君の再起を支え新年を祝う集い」を開いた。

 

政治風刺コントで知られるタレントが講演した。

 

後援会の28年分の収支報告書には、支出として2月17日にタレント事務所に「講演料」78万1400円。19日にホテルに「宿泊費」14万70円。「会場使用料」140万6268円が明記されていた。

 

ところが、収入として新年会の記載はなかった。

 

川内氏の事務所は、産経新聞の取材に

 

会費制で1人1万円。収入は306万円あり、会計帳簿には詳細に記載していたが、収支報告書に記載漏れだった。早急に訂正の措置を取る」

 

と説明した。

 

講演料と宿泊費はタレントの費用だという。

 

立憲民主党では、近藤昭一衆議院議員が今年10月、自身が代表を務める政治団体が会費制イベントの収支を政治資金収支報告書に記載していなかったことを理由に、副代表と選対委員長の役職を辞任した。(終)

 

 

Photo_4 記事写真

 

 

 

 

↑↑↑

 

 

川内事務所が言うには、「会計帳簿には306万円の収入がある!」

 

「だから収支報告書に記載し忘れただけだ!」

 

というわけだ。

 

変な言い訳だと思いませんか?

 

何故変な言い訳だと思うのか?

 

会計帳簿って、支出と収入を記載して計算して、毎月もしくは定期的にチェックを入れて、最終的に12月の年末その政治団体の残金を翌年への繰越金として記載する。

 

(収支報告書は年度ではなく、その年の年末の集計を記載して報告する)

 

要は帳簿で計算上の残金と通帳+現金の実際の残高が合わないはずなのだ。

 

帳簿に記載されていたのなら、繰越金が306万円も多い事になる。

 

帳簿を作っている会計責任者もしくは、監査人が気づかない訳がない。306万円は実際に政治団体に入金していなかったのではないだろうか?

 

もしかすると、会計帳簿って、裏帳簿なのか?

 

306万円はどこかに消えてしまっていたので、残金になかったのではないか?

 

 

Photo H28年「川内博史後援会」収支の状況

 

 

右上の7.920.155円の収入総額に306万円を加える訂正を行うのだろうが、翌年への繰越額にも306万円を加えた額が繰り越されることになり、これも訂正することになる。

 

しかし、本当に帳簿と残額が306万円も違っていれば、誰でも気づくはずなのだ。よく見てください!収入総額総額790万円の団体が帳簿にある306万円もの収入を見落としますか???

 

 

そして更なる疑惑、

 

この新春の集いではタレント事務所への支払いは78万1400円。宿泊費は14万70円。と記載されているのだが、

 

この他にも、講師料を支払ったと思われる人を招いている。

 

Photo_2新年会開催時のツイッターより、

 

川内博史

 

政治評論家角谷浩一氏、政治風刺コント集団ザ、ニュースペーパーの皆さんをお招きし、川内博史後援会新年会を開催しました。ありがとうございました。

 

と、記されている。

 

 

夜に開催されたホテルでの新年会。宿泊と交通費と、講演料!

 

306万円全部を当てた訳ではないのだろうが、角谷先生に渡す講演料を表に出したくなかったのでは?などと疑ってしまいます。

 

 

角谷先生をネットを通じて講演依頼すると、必ず紹介業者が噛んできますからね。直接依頼して、現金を渡した方が手っ取り早いし、安くつきそうだ。

 

 

もちろん、ボランティアでわざわざ鹿児島まで出かけてあげて、無料で講師を引き受けたのなら別ですが、、、

 

 

消えた306万円の一部は角谷先生への講演料に充てられた可能性は十分考えられますね。

 

もし講演料を頂いているとしたら、ちゃんと確定申告してくださいね~~~角谷先生!

 

 

もし支払っているとしたら、ちゃんと収支報告書の支出に記載してくださいね~~川内先生!

 

 

事実と違う政治資金収支報告書を作成してはいけませんよ!

 

 

ご参考、

 

Photo_3 H28年「川内博史後援会」組織活動費の行事費で2月付近に支出された記載です。

 

ねっ!

 

講師料として角谷先生に支払われた記載が無い。

 

ザ、ニュースペーパーのレーベン企画にしか講演料が支払われていないのです。

 

角谷先生はボランティアで行ってあげたのかな~~~~。

 

友情出演なのかな~~~~。鹿児島まで、、、

 

 

まあ、いずれせよ、帳簿にあった306万円もの収入が、収支報告書に記載されないまま年末の残高を確認して翌年への繰越金を333931円だと記載していた、川内事務所。帳簿と会わなかった残金の306万円を「記載ミス」という言葉で済まそうとしても信じられませんな。

 

会計責任者に記者会見でもやらせませんか?お得意の証人喚問要求でも何でもやって疑惑を追及してみてはい如何でしょうか?

 

人には疑惑だ~!追求だ~!終わらせない!との姿勢を貫く川内議員さん。

 

ご自分の疑惑を先ず晴らしてみては如何か!

 

帳簿と会わない記載ミスというのなら、H28年末の預金残高証明をして下さい。日付入り銀行通帳のコピーで充分ですから。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)