« CLP問題。福山哲郎の京都新聞インタビューを斬る!まるでアリバイ作り? | トップページ | ジャーナリスト、記者の劣化、クオリティーの低下というのに愕然とする。須田慎一郎さんの言う通りですね。 »

週刊文春に「トヨタ系労組で違法献金の疑い」って記事が出てるけど、辻元清美の後援会費のことかと思ってしまった。辻元清美元衆議院議員のケースも調べるべきではないですか?

2022.4.21号の週刊文春

「国民民主党議員にトヨタ系19労組で違法献金の疑い」という記事が掲載された。

Img_1538

〈違反を認識の内部資料〉国民民主議員にトヨタ系19労組が違法献金の疑い (msn.com)

(記事)*まずはさらっとお読みください。下記要約あり。

トヨタ自動車系労働組合の政治団体「全トヨタ政治に参加する会(全ト参政会)」が、組合員から同意を得ずに徴収した金銭で政治献金を行っている疑いがあることが、「 週刊文春 」の取材でわかった。全ト参政会の内部資料を入手した。政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがある。

 約35万人の組合員を擁するトヨタ自動車グループの労働組合「全トヨタ労働組合連合会(全ト労連)」。政治的影響力も大きく、これまで組合出身者を組織内議員として送り込んできた。

「現在は国民民主党の浜口誠参院議員と愛知県議5人が組織内議員。旧民主党、国民民主党などで衆院議員を6期務め、昨年秋の衆院選で出馬を見送った古本伸一郎氏(現・愛知県副知事)も全ト労連出身でした」(政治部記者)

 彼らに資金援助するための組織が全ト参政会だ。

「1人あたり毎月60円を徴収し、全トの各労組に設けられた全ト参政会支部の口座に集める。それを年末に全ト参政会本部の口座に集約した上で、議員側へ献金するというスキームです」(組合員)

 全ト参政会の政治資金収支報告書(2020年度)によれば、23万119人から会費名目で2億2713万円を集金。そこから古本氏の関連団体や政党支部に計1億1千万円、浜口氏に計8000万円を寄付していた。

 だが、「週刊文春」が入手した内部資料〈【要対応】適正運営に向けた加入手続きについて〉(昨年5月20日付)には、〈複写厳禁〉の文言が添えられた上で、以下のように記されていた。

〈各支部の適正な運営調査について、事務局補佐を通じヒアリングを実施。結果、各支部の中で「全ト参政会加入申込書による本人意志確認を取っていない支部」や、「申込書の保管期限が定められていない」といった運用不備があることを確認。/上記実態を踏まえ、対象支部に対して適正運用に向けた取り組みを実施して頂く〉

ヒアリングの結果、判明した実態は、、、

 そして、〈全ト参政会加入は「本人の意志に基づく加入行為によって個人献金をしていること」が必要〉などと記した上で、赤字で〈【現状を放置した場合のリスク】〉として、次のように強調されていた。

本人同意が得られていないと判断され、政治資金規正法の「政治資金の授受の規制等」に抵触し、法的処罰を受けてしまう(罰則、当会の解散 等)〉

 同資料によれば、加入申込書で本人意志確認を取っていない支部が19支部あった。

 つまり、全トに所属するトヨタ系企業19社の労働組合では、組合員の同意確認が不十分なまま、政治団体である全ト参政会に加入させ、月60円の会費を徴収し、組織内議員への政治献金に充てていたことになる。

 政治資金規正法に詳しい神戸学院大の上脇博之教授が指摘する。

「収支報告上の会費納入者に、同意のない人が含まれていれば、政治資金規正法第25条(虚偽記入)に抵触し、5年以下の禁錮または100万円以下の罰金の対象になる可能性があります」

 全ト参政会に、違法の疑いがある献金などについて確認を求めたが、個別の疑惑については事実確認に応じず、一括して以下のように回答した。

「全トヨタ政治に参加する会(全ト参政会)は、会員の寄附等を通じて、会員の社会的・経済的地位の向上を図ることを目的とする政治団体であり、各支部においては、会員の意思に基づく加入や寄付が行われているものと認識しております。そして、さらなる法令遵守の推進のため、手続の書面化や書面の保管を重視する方針とし、今後も、各支部とともに運用の改善を進めてまいる所存です」

 古本伸一郎氏、浜口誠氏はともに以下のように回答した。

「寄付は法令に則り頂いたと承知している」

 野党間の選挙協力を巡り、連合の立ち位置が焦点となる中、浮上した国民民主党議員への違法献金の疑い。内部資料からは違反を認識している点も浮き彫りになり、政治的影響力も大きい全ト労連がどのような対応を取るのか、注目される。

 4月13日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および4月14日(木)発売の「週刊文春」では、違法の疑いのある献金額の概算や、政治資金規正法で禁じられた迂回献金の疑いなどについても報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年4月21日号)

要は

トヨタ自動車の労働組合が組合員1人1人からお金を集めて政治団体を作って、組織内候補の議員に政治献金をしているが、政治献金する場合は組合員の意思に基づく直筆の同意書を書いて貰うことが必要なのに、それを怠って、支部の執行部が勝手にお金を政治献金に回しているぞ!同意のない人が会費納入者に含まれていれば、第25条(虚偽記載)に抵触するぞ!

ということである。

今まで、何十年も組織内候補に支援をしていたトヨタ労組だが、何故今回の情報が漏れたのか?立憲民主党との小競り合いがこんなところにも表られたのではないか?というちょっとした内ゲバ感が否めない。

では、立憲民主党の元衆議院議員の辻元清美さんの場合はどうだろう?

労働組合から直で「後援会費」をもらっている辻元清美さんの平成28年民進党大阪府第10区総支部を見てみよう!

(資料はすべてクリック拡大可です)

Img_1542

先ずは、有名な関西生コンです。この時の委員長は辻元氏が大阪のお父ちゃんと呼んでいる「武健一」さんです。振込用紙を見ると12月8日にわざわざ2つに分けて振込している30人+35人=合計65名分の後援会費(1人2000円)で合計金額13万円。この労働組合も1人1人に確認して後援会費を支払っているのでしょうか?莫大な権力をお持ちの委員長でしたが、鶴の一声では?と疑ってしまいます。振込はサポート会費になってますが、辻元事務所ではパーティー券処理にしているようです(事実と違う処理は虚偽なのですが)が、5万円を超えたから(企業団体からの後援会費は献金と見なされるため)政治資金収支報告書に個別に記載しなければいけないので、(20万円以内なら公表しないで済む)パーティー券処理にして表に出したくなかったのではないか?と疑われてしまいますね。小ずるさを感じます。

ーーーーーー

Img_1544

左上(東京都港区、私鉄総連)¥52.000円(26人分)

左下(香川県、日本私鉄労働組合四国地連連合会執行委員長)サポート会費(後援会費)¥72.000円(36人分) 党費12000円

右上(広島県、私鉄中国地方労働組合)¥58.000円(29人分)

右下(石川県、北陸地方連合会)¥34.000円(17人分)

ーーーーーー

Img_1546

左上(愛知県名古屋市、私鉄中部地連)¥58.000円(29人分)

左下( 同上 )¥60.000円(30人分)

右上(福岡県、私鉄九州地連)¥48.000円(24名分)

右下(北海道、私鉄総連北海道地方労働組合)¥40.000円(20人分)

*左上下の私鉄中部地連は辻元事務所の処理でも5万円を超えている為(*企業団体からの後援会費は献金と見なされる)、収支報告書に献金として団体名と金額が記載されていなければいけないが、https://www.openpolitics.or.jp/pdf/271605/2016.pdf 平成28年民進党大阪府第10区総支部の収支報告書を確認すると、私鉄関係労組からの献金は「日本私鉄労働組合総連合会H28、2/25、600.000万円」だけしか記載されていないので、私鉄中部地連から5万円を超える後援会費が記載されていないのは、政治資金規正法違反になる可能性が高い。

Img_1552

ーーーーーー

Img_1547

左上(沖縄県、私鉄沖縄県労働組合連合会)¥12.000円(6名分)

左下(東京都港区、私鉄関東ハイタク協議会事務局長)¥6000円(3名分)

右上(大阪市中央区、㈱川商)¥20.000円(10人分)

右上㈱川商は関西生コン同様、振込用紙にサポート会費2000円×10名分とわざわざ記載されているのに、辻元事務所の事務処理はパーティー券となっている。

ーーーーーー

振込用紙と違う処理

関西生コンでは、65名の組合員に各々2000円の後援会費(サポーター会費)を支払う事を説明し承諾を得て振込用紙に書き込んで13万円を振り込んだのに、パーティー券買った事になっちゃったの?

㈱川商ではお金を振り込むときに10名の社員に各々2000円の後援会費(サポーター会費)を給料から支払う事を説明し承諾を得たのに、パーティー券買う事になったのでしょうか?その場合ちゃんと社員に説明したのでしょうか?

いずれにせよ、後援者側が後援会費として振り込んだものを、パーティー券購入費にするのなら、一旦お金を返金し、パーティー券購入の振りこみを新たにしてもらわなければいけない。事実と違う処理で記載されたり記載されなかったりすることは事実と違う「不実記載」の可能性がある。

ーーーーーー

トヨタ労組では本人の確認が必要だと政治資金規正法に則り、順法精神があり見上げたもの。とも言えるのでは、、

私鉄関係労組の組合員220名(上記合計人数)分がサポーター会費として平成28年に辻元清美(当時衆議院議員)が支部長をつとめる、民進党大阪府第10区総支部に支払われていますが、220人の方々はちゃんと承諾しているのでしょうか?まさか上の指示で大切な組合費をドーンと振り込んだのではないですよね~~~。ところで、収支報告書を見ても記載されていませんから、そもそもご存知でした~?

週刊文春さ~ん!

トヨタ労組→国民民主党(古本、浜口)だけを調査するんじゃなくて、私鉄関係労組→立憲民主党(辻元)も調べてみるべきではないですか~?

組合員の方々がちゃんと把握していれば問題ない話ですが、、、、

*ご参考

関西生コン事件~逮捕されたのは立憲民主党・辻元清美議員と親密な人物 – ニッポン放送 NEWS ONLINE (1242.com)

 

 

|

« CLP問題。福山哲郎の京都新聞インタビューを斬る!まるでアリバイ作り? | トップページ | ジャーナリスト、記者の劣化、クオリティーの低下というのに愕然とする。須田慎一郎さんの言う通りですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CLP問題。福山哲郎の京都新聞インタビューを斬る!まるでアリバイ作り? | トップページ | ジャーナリスト、記者の劣化、クオリティーの低下というのに愕然とする。須田慎一郎さんの言う通りですね。 »