« オリンピック開催を政治利用だと決めつけ五輪開催中止を訴えた朝日新聞2021,5.26広告掲載企業はこの会社の方々です。広告を出す企業さんたちはよく考えてね! | トップページ | 検察審査会って何!? 執拗な安倍攻撃に利用!人民裁判(集団の圧力による吊し上げ)化する検察審査会制度。高井康行元検事さんの仰る通り!勉強になります。(月刊WILL10月号より) »

選手諸君!全国高校野球選手権が開催されて本当に良かったね!しかし、主催者らは本当に酷いやつらなんだよね!超特大ブーメラン!朝日新聞の社説をもう一度よく読んでみよう!

2021年8月11日の朝日新聞1面に掲載されたのは、「感染防止策を講じ開幕」2年ぶり頂点目指す夏

朝日新聞が主催者である全国高校野球選手権大会が開催される記事だった。(どんな感染防止策を講じているのか、全く書いてない)

Img_9673

感染防止策を講じていれば、開幕できる!甲子園!

地区予選中に感染者が出てしまい、大会に参加できなかった学校の選手たちの無念を思うと涙がでてきそうですが、それでも全国大会開催にたどり着いた選手たちの感激はとても言葉では言い表せないでしょう!

その主催者である、朝日新聞社は社説でオリンピック開催について、なんて言っていたか?ちゃんと知っておくべきですね!

政治的に偏ると、こんなにも醜い世界がこの世の中には存在するのです。

先ずは、ざっと朝日新聞社説。「夏の五輪」中止の決断を首相に求める と題されたご都合主義の社説を読んでください。(クリック拡大可)

Img_9665-1

(記事)

新型コロナウィルスの感染拡大は止まらず、東京都などに出されている緊急事態宣言の再延長は避けられない情勢だ。

この情勢は改善していますか?してませんよね。大阪も、兵庫も感染者数は依然増えています。

 

(記事)

この夏にその東京で五輪パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。

この夏にその兵庫で夏の甲子園を開くことが理にかなうとはとても思えない。(オリンピックと甲子園を置き換えて書いてます)

 

(記事)

人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとはせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する不信と反発は広がるばかりだ。

人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとはせず、突き進む朝日新聞らに対する不信と反発は広がるばかりだ。(実は五輪が開催されたおかげで、高校野球開催に対しての批判が少ないのだから、助かったのはむしろ朝日だったのだ)

 

(記事)

冷静に客観的に周囲の状況を見極め、今夏の開催の中止を決断するよう菅首相に求める。

(オリンピックが開催されたおかげで、今夏の甲子園開催が出来るようになった恩恵は絶対口に出さない朝日新聞。)

冷静に客観的に周囲の状況を見極め、今夏の開催中止を決断するよう朝日新聞に求める。(筆者の本意ではありません)


 

(記事)

生命、健康が最優先

驚くべき発言があった。国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ副会長が先週、宣言下でも五輪は開けるとの認識を記者会見で述べた。だが、ただ競技が無事成立すればよいという話ではない。国民の感覚とのずれは明らかで、明確な根拠を示さないまま「イエス」と言い切るその様子は、IOCの独善的な体質を改めて印象づける形となった。

緊急事態宣言下での開催はダメで、蔓延防止等重点措置(兵庫県)なら良いのか?甲子園がある駅と大阪の阪神梅田駅は電車で14分。大阪府とはとても近いのだ。明確な根拠は示さず、開催できるのは朝日特有のご都合主義を印象づける形となっている。

 

(記事)

選手をはじめ、五輪を目標に努力し、様々な準備をしてきた多くの人を考えれば、中止はむろん避けたい。だが何よりも大切なのは市民の生命であり、日々の暮らしを支え、成り立たせる基礎を維持することだ。五輪によってそれが脅かされるような事態を招いてはならない。

選手をはじめ、甲子園を目標に努力し、様々な準備をしてきた多くの人を考えれば、中止はむろん避けたい。(選手やスタッフを考えれば、高校野球の比ではなく、オリンピック中止や開催されるか分からない延期は世界中の人々を落胆させていたことだろう)。だが何より大切なのは市民の生命であり、日々の暮らしを支え、成り立たせる基礎を維持することだ。甲子園によって脅かされるような事態を招いてはならない。(オリンピック選手は自由に街に出歩けない規制をされていたが、各高校から来るであろう応援団スタッフ50名らの規制については明らかにされていない)

 

(記事)

まず恐れるのは、言うまでもない、健康への脅威だ。

これほど、健康への恐怖を煽っている甲子園主催者の朝日新聞は、オリンピック開催が各国から称賛されている事に本当は感謝の念を禁じ得ないだろう!オリンピックが中止されていたら、甲子園も危なかったのだから、、、でも、絶対認めない(笑)

 

(記事)

この先、感染の拡大が落ち着く保証はなく、むしろ変異株の出現で脅威の度は強まっている。

まさに、今もそうなんですが、、、、(笑)で、なんで甲子園は開催していいの?

 

(記事)

一般へのワクチン接種が始まったものの対象は高齢者に限られ、集団免疫の状態を作り出せるとしてもかなり先だ。

かなり先なんですよね~~~~ で、なんで甲子園は開催していいの?(各国から集う選手たちにはしつこいくらいのPCR検査をして、それでも出る陽性者は隔離され、せっかく日本に来ても出場ができなくなっているオリンピックより、緩い規制の状態で集団免疫なんてあり得るかどうかも分からない事を例に出して批判する朝日新聞です。五輪開催をただ批判したい為だけの記事だという事がよく分かりますよね。特大ブーメランです。)

 

(記事)

そこに選手と関係者で9万人を超す人が入国する。無観客にしたとしても、ボランティアを含めると十数万人規模の人間が集まり、活動し、終わればそれぞれの国や地元に戻る。世界からウィルスが入り込み、また各地に散っていく可能性は拭えない。

逆に言えば、十数万人規模の人間が世界から集まり、感染者を最小限に留めているオリンピックは凄かった!ということではないのか!8月8日までの累計で海外から来日した選手と関係者の感染者数は151人で、日本在住の関係者よりずっと少ない。これまで組織委員会がまとめるオリンピックに関連した感染者の累計は国内307人と国外151人の総数458人だ。十数万人規模で458人だぞ!凄すぎるだろう!オリンピック開催に努力した関係者らは素晴らしい対応、対策をやっていたのだ。しかし、それを褒めると死にたくなる病の日本のマスゴミである。

 

 

(記事)

IOCや組織委員会は「検査と隔離」で対応するといい、この方式で多くの国際大会が開かれてきた実績を強調する。しかし、五輪は規模がまるで違う。

その規模に対応したのが日本政府とIOCだ!批判したくてたまらない朝日新聞が、東京五輪のコロナ対応の素晴らしさを記事にすることはないだろう。で、なんで甲子園は開催してもいいのか?五輪ほどの対応がとれるのか?あれだけ、開催中止を煽っておいて、結果、各国から称賛さると嫌でしょうがないのだろうが、日本人としての誇りはないのだろうか?朝日新聞は反日、反政府の反社会的活動家の為の機関紙なのか?

 

 

(記事)

「賭け」は許されない

選手や競技役員らの行動は、おおむねコントロールできるかもしれない。だが、それ以外の人たちについては自制に頼らざるを得ない部分が多い。

各都道府県代表の高校から甲子園に来る応援者らは全てコントロールできるのだろうか?高校生たちは全員ワクチンを打っているのか?どのくらいの頻度でPCR検査をするのだろうか?宿泊先から甲子園の往復や、50人の移動バスは蜜を避けているのだろうか?外出の規制は?応援者らの入れ替えに他校生との接触はないのか?

 

(記事)

遵守すべきルールも詳細まで決まっておらず、このままではぶっつけ本番で大会を迎えることになる。

であれば、甲子園は練習でもできるのか?では、甲子園球場での応援団、選手たちは入退場や試合後の動線を何度も歩いて練習したのか?食事は?一人一人が個別に仕切られたアクリル板の中で食べることが出来るように手配しているのか?

 

 

(記事)

当初から不安視されてきた酷暑対策との両立も容易な話ではない。

オリンピック会場より比べ物にならないほど、甲子園は灼熱のはずだが、、、、

 

 

(記事)

組織委員は医療従事者を確保するめどがつきつつあると言う。では、いざと言う場合の病床はどうか。医療の逼迫に悩む東京近隣の知事は、五輪関係者だからといって優遇することはできないと表明している。県民を守る首長として当然の判断だ。

甲子園開催地の兵庫県知事さんがこう言っています。兵庫県/第5波急拡大 盆・夏休みは自宅で~特に若い世代の方々へのお願い~(知事メッセージ)(令和3年8月10日) (hyogo.lg.jp)

県の新規感染者数は、5月上旬以来3カ月ぶりに500人を超えるなど、感染が急拡大しています。病床使用率も約5割となるなど、このまま拡大が続けば緊急事態となり、医療ひっ迫にも繋がりかねません。

朝日新聞は自分らに都合の悪い地元兵庫県知事の意見は無視できるのか!ご都合主義の極みではないか!

 

 

(記事)

誰もが安心安全を確信できる状況には程遠い。残念ながらそれが現実ではないか。

だから、なんで甲子園は開催していいのか?さっぱりわからん!これも超ド級のブーメランだ!

 

 

(記事)

もちろんうまくいく可能性がないわけではない。しかし、リスクへの備えを幾重にも張り巡らせ、それが機能して初めて成り立つのが五輪だ。十全ではないとわかっているのに踏み切って問題が起きたら、誰が責任をとるのか、とれるのか、「賭け」は許されないと知るべきだ。

「賭け」すなわち、感染者が出るか出ないか?という事なのだろうが、もしも、甲子園関係者らに陽性者が出たり、クラスターが発生したり、重傷者が出たら、朝日新聞は責任をとれるのだろうな~。ワクチン接種していない高校生が感染すれば、危険性は増してくるだろうし、、、、そして、その「賭け」とやら、今現実に甲子園で朝日新聞がやってるわけよ!それとも甲子園では万全の対応が出来ていて、1人も陽性者を出さないとでも約束できるのか?陽性者が出ても隠蔽しそ~~~う!いつもの「報道しない自由」ですかね。

 

 

(記事)

こうした認識は多くの市民が共有するところだ。今月の小紙の世論調査で、この夏の開催を支持する答えは14%にとどまった。

朝から晩まで、テレビと新聞が五輪開催延期だの、中止だの、叫び続けた成果を自慢したいのであろう。

 

 

(記事)

背景には、五輪を開催する意義そのものへの疑念が深まっていることもうかがえる。

コロナ禍で開催しない方が良い!延期だ!中止だ!と開催意義そのものへの疑念を抱かせるように報道し続けたテレビ新聞ラジオの成果がマッチポンプであった事を証明できるほど、君たちマスゴミは必死で中止を宣伝していたよね。8月11日現在になって、感動を与えてくれたオリンピックに、開催意義が無かったと言えるのだろうか?オリンピックを見て、あこがれた選手たちへの想いが、未来の選手へどれほどのエネルギーになったのか!見ていた人たちにどれほどの感動を与え、励ましてくれたのか!力を貰ったのは、まぎれもなく見ていた国民の方だった。

そして、朝日新聞にとって、何よりの広告収入!↓

Img_9662-1

Img_9660

むしろ、朝日新聞にとっては、大いに意義があったのである。(爆)

 

 

(記事)

五輪は単に世界一を決める場ではない。肥大化やゆきすぎた商業主義など数々の問題を指摘されながらも支持をつなぎとめてきたのは、掲げる理想への共感があったからだ。五輪憲章は機会の平等と友情、連帯、フェアプレー、相互理解を求め、人間の尊厳を保つことに重きを置く社会の確立をうたう。

開催する意義が大きい事は朝日新聞社も認めているのだな。(笑)

 

 

(記事)

ところが、現状はどうか。コロナ禍で、競技によっては予選に出られなかった選手がいる。ワクチン普及が進む国とそうでない国とで厳然たる格差が生じ、それは練習やプレーにも当然影響する。選手村での行動は管理され、事前合宿地などに手を挙げた自治体が待機した、各国選手と住民との交流も難しい。憲章が空文化しているのは明らかではないか。

コロナ禍で協議の予選に出られなかった選手は全世界、ましてや日本にも当然いるのだし、高校野球だって出られなくなった学校が何校もいる。国によっているいないは、憲章云々の問題では無い。紛争がある国や発展途上国から多くが参加して、メダルを目指して頑張る事ができるオリンピックという場が開かれたのだ。朝日新聞のように書かれると、逆にコロナ禍で開催し、全競技を無事に終えることが出来た東京五輪の凄さを感じざるを得ない!今さら、朝日の戯れ言が虚しく響くのだ。(爆)

 

 

(記事)

人々が活動を制限され困難を強いられるなか、それでも五輪を開く意義はどこにあるのか。社説は、政府、都、組織委に説明するよう重ねて訴えたが、腑(ふ)に落ちる答えはなかった。

朝日新聞に腑に落ちる者がいれば、こんな社説は書かないだろう。オリンピックが与えた感動を知る人が社内にいても黙殺している事だろう。哀れな新聞社なのだが、、そこまで、世界のスポーツの交流の場を「意義が無い!」と罵る朝日新聞はなぜ甲子園を開催することが出来るのか?不思議でしょうがない。

 

 

(記事)

それどころか誘致時に唱えた復興五輪・コンパクト五輪のめっきがはがれ、「コロナに打ち勝った証し」も消えた今、五輪は政権を維持し、選挙に臨むための道具になりつつある。国民の声がどうあろうが、首相は開催する意向だと伝えられる。

 そもそも五輪とは何か。社会に分断を残し、万人に祝福されない祭典を強行したとき、何を得て、何を失うのか。首相はよくよく考えねばならない。小池百合子都知事や橋本聖子会長ら組織委の幹部も同様である。

「コロナに打ち勝った証し」を否定していますが、少なくとも負けてはいない!

東京五輪をもしも中止していれば、「絶対負け」が確定していたのだから。

そして、出ました!朝日の1番言いたかった、五輪の政治利用!(爆)

では今まで、アスリートたちは、政治利用されるために日夜苦しみもがいて練習を重ねてきたのか?

絶対的にそうではない!

五輪のメダルはアスリートたちの想い、シンボルであり、目標だ。日本はその場を1年も延期したのだ。それだけでも大変な事なのに、開催することで世界中のアスリートを含めた見る人も含めた参加者への約束を果たしたのだ。日本自ら手を上げ、開催国になった責任を世界に果たすことが出来たのは、自民党政権でも、その他の政権でも、関係なく、日本人として世界との約束を果たすことができたのだ。

朝日新聞は慰安婦の嘘を暴いた自民党が憎くてたまらないようで、兎に角日本政府に自民党がいることが気に喰わない。

そして、このように社の意見として、「五輪中止」を社説で公表し、朝日新聞の意見の同調者を増やそうと必死のようだが、この社説を読んで、逆に読者は確信した。

朝日新聞は日本が嫌いなんだ。ということを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« オリンピック開催を政治利用だと決めつけ五輪開催中止を訴えた朝日新聞2021,5.26広告掲載企業はこの会社の方々です。広告を出す企業さんたちはよく考えてね! | トップページ | 検察審査会って何!? 執拗な安倍攻撃に利用!人民裁判(集団の圧力による吊し上げ)化する検察審査会制度。高井康行元検事さんの仰る通り!勉強になります。(月刊WILL10月号より) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピック開催を政治利用だと決めつけ五輪開催中止を訴えた朝日新聞2021,5.26広告掲載企業はこの会社の方々です。広告を出す企業さんたちはよく考えてね! | トップページ | 検察審査会って何!? 執拗な安倍攻撃に利用!人民裁判(集団の圧力による吊し上げ)化する検察審査会制度。高井康行元検事さんの仰る通り!勉強になります。(月刊WILL10月号より) »