« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

立民 柚木道義「(橋本東京五輪組織委員会会長は)けじめとして議員職を辞するべき、、」➡国民「希望の党の比例で救われて、国民民主党からも除名された貴方こそ『けじめとして』議員辞職すべきだろう!  令和3年2月24日内閣府委員会で

Img_8478

第204回通常国会 柚木道義 質疑 令和3年2月24日衆議院 内閣委員会 - YouTube

*↑27分ころからご覧ください。

柚木議員

橋本大臣自身仰った。一点の曇りもなくと、そのために離党もしたと、でも本来なら会長職に専念を頂いてね、お給料会長職として頂いて貰って、そしてここはやはりねぇ~、けじめとして議員を辞する、して会長職に専念する。その方が正に国民の皆さんの理解を得られると、私、思うんですけれども、菅政権の閣僚としてどう思われますか、私はそう思うんですけれど、、、、

東京五輪オリンピックパラリンピック組織委員会会長を悩みに悩んで覚悟を決めて、引き受けてくれた橋本聖子議員にまたもやイチャモンをつけている立民の柚木道義議員。

「なぜ柚木道義がMe tooなのでしょうか?」で有名になった柚木道義議員が橋本聖子会長を「けじめのため」に議員辞職もすべき!だと訴えています。

Img_8400

物凄く超極不快な「柚木道義」の「MeeToo運動」を利用したパフォーマンスが超極不快! (hp-ez.com)

 

しかし、この柚木議員は前回の衆議院議員選挙では、希望の党から出馬し、小選挙区でボロ負けしたにも関わらず、惜敗率で救われたいわばゾンビ議員。

希望の党の小池代表から排除されそうになると、今までの安保法制に大反対だった事をまるでなかった事のように豹変したヘタレです。しかも、国民民主党へ移籍し、国民民主党の評判が悪くなると、今度は離党しようとして離党届を出した。しかし苦しい時こその友に離党届をだすもんだから、国民民主党から「除名処分」を下されたのです。「除名」ですよ!(*党の名誉信頼を傷つけ党の結束を乱す背信行為を行ったとして)、、、、そして今では立憲民主党で健在です。

ウィキペディアより↓

2016年3月27日、民主党と維新の党が合流して結成された民進党に参加した。

2017年10月、第48回衆議院議員選挙直前に民進党から安保法制賛成の立場の小池百合子が結成した希望の党に入党した。同党の公認として岡山4区で落選し比例で復活当選[6]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加した[7]

同年8月22日、野党結集に対する党との路線の違いを批判し、離党届を提出するが受理されず「代表選挙告示・立候補受付開始の直前に行われた行為は党の名誉・信頼を傷つけ、党の結束を乱す背信行為」として、国民民主党を除籍(除名)処分となった[8][9]

2019年7月26日、同じく国民民主党を除名された山井和則と共に立憲民主党会派に参加した[10]

2020年9月には、(新)立憲民主党の結党に参加した。

============

平和安全法制に対する姿勢の変遷:ヘンセン(移り変わり、変転)➡信念の無さ、覚悟の無さ、風見鶏、コウモリ(短時間で変化するのは変遷とは言わないのだが、、、)

2014年衆院選においては、集団的自衛権の行使容認や憲法9条改正に反対と回答し[11]、2015年の安保法制の衆院採決の際に玉木雄一郎辻元清美大串博志宮崎岳志泉健太らとプラカードを掲げて採決を批判するなど、反対派の急先鋒であった[15][16]。しかし、2017年の第48回衆議院議員総選挙に際しては希望の党に入党。自らを日米同盟深化論者とした上で、安保法制成立時からの「フェーズの変化」や「弟が自衛官であること」などを理由に安保法制容認を示唆した[17]。ところが、選挙戦最中に小池百合子代表に批判が集まると「安倍9条改憲は危険!」のビラを配布するなど再び主張を変遷させた。

民進党の時は安保法制に反対し、選挙前に希望の党では容認し、今では立憲に逃げ込んでいるわけです。

有権者はもちろん、国民に「けじめ」として議員辞職すべきは柚木議員ご本人なのではないですかね!

 

 

 

| | コメント (0)

蓮舫「なかったこと」「終わったこと」ではないのです!って、じゃあ、二重国籍はもちろんだけど、会費を取らず170万円のホテルへの支払も説明してみろ!

旧姓村田蓮舫議員が、平成22年に会費を徴収せず、選挙区内でホテルを借りて宴会をやっていた証拠が出てきた。

平成22年代表者氏名 村田蓮舫 の「民主党東京都参議院選挙区第3総支部」の収支報告書

表紙(クリック拡大可)

Img_8423

収入

Img_8425

6項目目のその他の収入が2,007,457円ありますが、この内訳は

Img_8426

金銭以外のものによる寄付相当分が、561。000円と283.900円と、敷金の戻り分1.000.000円だけです。

会場費170万円の催しに見合う収入はありません

政治活動費の支出を見てみると、セルリアンタワー東急ホテルへの支払がH22年8月20日に1.707.342円あるのです

Img_8428

政治活動費の支出として8月20日に「セルリアンタワー東急ホテル」に170万円もの金が支払われています。が、それに見合う収入はありません。

しかも、蓮舫は東京都選出の参議院議員ですから、地元選挙区内で開催しています。しかも!この約1カ月前は

第22回参議院通常選挙(公示H22年6月24日。投票平成22年7月11日)が行われ、蓮舫は参議院選挙を済ませたばかりです。

選挙で手伝ってくれたボランティアの人たちに、無料で宴会を開催した可能性が高いのです。出席者はどういう人たちだったのか?運動員買収などの公職選挙法違反が疑われます。

参議院選挙で当選直後の宴会の支出を会費を取らずに支払っています。会場費という名目ですが、170万円です、食事代込みなのではないでしょうか?

有権者への飲食の無償提供の可能性が高いですね。

二重国籍問題はあまりにも有名ですが、他人への追及は「まだ終わってない!」と豪語する蓮舫さん。

筆者は堪忍袋の緒が切れました。(当ブログ2016、7.08に一度指摘しただけで)黙っていましたが、この問題は10年前とはいえ、総理の桜を見る会前夜祭の追及をする前に、ちゃんとした説明をすべきです!

ちなみに、選挙対策本部の「解散式」だった!という言い訳は通用しませんよ~。会費を取らずに選挙区内で有権者を呼んで飲食の提供をしているのなら、寄付禁止に当たりますからね。

時効に守られて、起訴はされませんが、他人を追及する資格は無いのではないでしょうか!

蓮舫さん!しっかりとしたご説明を求めます!この高級ホテルの会場費の支出に対して収入が無いのはどうしてなのですか?

 

 

 

 

| | コメント (0)

がんばれ森喜朗元総理!日本維新の会松井一郎代表が森元総理にエールを送る!

2021年2月11日夕刊フジ

維新伝心 松井一郎

(森元総理について語っているところ)

記事

森発言 猛省して頑張って、、、一部メディアには疑問

一方で、東京五輪、パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による、いわゆる「女性蔑視」発言には、複雑な思いだ。森氏の発言自体は、極めて不適切だ。真意が分かりづらく、誤解を生みやすい。森氏は発言翌日、発言を撤回して謝罪した。猛省して欲しい。

ただ、森氏が東京五輪の招致段階から関わり、組織委員会会長として「アスリートのため」「五輪のため」「日本のため」に努力してきたことは、関係者の間では常識である。安倍晋三前首相が以前、「(国内外に渡る問題を調整して解決できるのは)森さんしかいない」と語っていたことを思い出す。国民には知られていないが、その貢献度は大きい

森氏は国会議員時代から、保守的な政治姿勢や目立つ発言から、一部のメディアの激しいバッシングを受けてきた。

森氏は今回、撤回して謝罪している。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマスバッハ会長の信頼も厚い

一部メディアの「魔女狩り」のような姿勢はどうなのか。森氏のすべてを否定する報道には、気の毒でならない。私は、東京五輪成功のために頑張って欲しいと思う。

(日本維新の会代表、大阪市長)

 Img_8406    

 松井市長!ちゃんとした目をお持ちですね。

頑張れ森喜朗元総理!

日本の病、「メディアリンチ」に負けるな!

特にこんなやつらに!

Img_8398

 

 

 

 

| | コメント (0)

がんばれ森喜朗元総理!83歳で癌患者の老人が必死で頑張ろうとしている五輪開催。メディアリンチを更にエスカレートさせようとするマスゴミ。日本がどんどんおかしな国になってしまう。深刻な「日本の病」はここにある。

車を運転していて、ある車が車間がほとんど無いのに強引に割り込んで車線変更してきた!怒った後続車らがその車を停めて文句を言った。そのうち人だかりが出来て「強引に割り込んではいけない事を知らなかったでは済まないだろう!」と騒ぎ出した。すると割り込んだ車の運転手は「すみません、御免なさい」と謝罪した。

しかし、文句を言った人は許さない。そのうち人だかりはどんどん増えて、集団リンチが始まった。

免許をはく奪するまで許さない!

罰金払え!

ドライブレコーダーで世界中の人たちに見てもらおう!

と大騒ぎしている。

そんな感じで見ていますよ。

 

森喜朗元総理の発言全文

 

 【3日のJOC臨時評議員会での森会長の女性を巡る発言】これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を4割というのは文科省がうるさくいうんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかる。女性がなんと10人くらいいるのか今、5人か、10人に見えた(笑いが起きる)5人います。

 女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、それでみんな発言されるんです。結局女性っていうのはそういう、あまりいうと新聞に悪口かかれる、俺がまた悪口言ったとなるけど、女性を必ずしも増やしていく場合は、発言の時間をある程度規制をしておかないとなかなか終わらないから困ると言っていて、誰が言ったかは言いませんけど、そんなこともあります。

 私どもの組織委員会にも、女性は何人いますか、7人くらいおられますが、みんなわきまえておられます。みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですからお話もきちんとした的を得た、そういうのが集約されて非常にわれわれ役立っていますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです。(終)

  -----------

実際、ラクビ―協会の理事会が新任の女性理事が入る前とその後では「時間がかかったのか?」「どういう内容の発言があったのか?」全く取材されず、本当のところはどうなのか?を報道しようとするメディアはゼロだ。さぞかし有意義な建設的な意見が出て、時間がかかったのだろう。

しかし、

森元総理に対して日本のマスゴミは首を執るまで、とことん追求をやめる気配がない。

メディアは女性差別だ、偏見だ!と騒ぎをどんどん問題を大きくしようと必死のようだ。

しかし、女性が偏見にあったとされるのであれば、一体だれが被害にあったのだろうか?

女性の優れているところは競争心が強いことだと明言している人が、女性を軽蔑しているとは思えない。

問題は、理事会開いても女性の理事がたくさん意見を出してくるので会議がなかなか終わらない。と言っている事なのだ。

ラグビー協会の理事会でそういう事があったのだろうが実際のところどんな意見が出てどれだけ時間がかかったのか知りたくもある、、、

森氏の言葉足らずということも言えなくもない。

新任として入ってきた女性の理事さんらのご意見が多くてなかなか時間通りには理事会が終わらないんですよ~。と事実を淡々と語り、「まとめる側も苦労するんです。まあ、それもいい事です。」くらいのもっていき方だったら揚げ足狙いの記者らもそう食いつく訳にもいかなかったのではないのかなぁ~。これで辞任するなんてとんでもない!

以上が私の感想ですが、女性の論客「有本香」さんが夕刊フジに緊急寄稿しているので紹介しよう。

記事(クリック拡大可)

Img_8374

女性である有本香氏の森発言に対する要約は

「文科省は各種団体に女性理事を増やすよう強く要請しているが、女性の理事は(男性と異なる)優れた点として競争意識が強い。皆が発言しようとする傾向があるため『会議に時間がかかる』と文句を言う人がいる。しかし、私(森氏)たちの組織委員会の女性理事は端的に的を得た発言をする人ばかりだから、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになる」

というものです。そして、重要なのはこの次で、

不当な「メディアリンチ」、深刻な「日本の病」

森氏は7年前、五輪組織委会長職就任の依頼を受けた際、「無償」を条件に同職を引き受けた。規約上、報酬ゼロにできないと知ると、自らの報酬をアルバイト職員と同額の最低額にし、その全額を積み立てて、寄せ集め組織委員会が一致団結できるようにと、皆の懇親会費に充ててきた。

多くの関係者が「余人をもって代えがたい」という森氏の人脈、交渉力は、2019年に、ラグビーワールドカップが日本招致されたことでも明らかだ。7年もの間、「国のため」「五輪のため」に私財をつぎ込み、しかも癌(ガン)と闘いながら走ってきた人が、意図を捻じ曲げられたたかれまくる。

その様を見ていると、日本社会に残る「女性差別」よりも、「不当な『メディアリンチ』の方がはるかに深刻な「日本の病」と思うが、いかがか。

正にその通り!だと思う。

森喜朗元総理!頑張れ!絶対五輪を開催して欲しい!

 

こんな事に精を出す出す前に何故これを日本のメディアは無視ができるのだろうか、、、↓

ウイグル族「中国が不妊手術強制」拒めば収容施設  |【西日本新聞ニュース】 (nishinippon.co.jp)

中国政府による少数民族ウイグル族弾圧が懸念される新疆ウイグル自治区で、住民への不妊手術が急増していることが分かった。欧米の研究者や人権団体は「中国当局が不妊手術や中絶を強制している」と批判。中国側は「反中勢力によるデマだ」と猛反発するが、米政府が中国のウイグル族弾圧を「ジェノサイド(民族大量虐殺)...

理事会で女性の理事が増えて意見が多く出てきて、時間が長くかかる。と言ってるお爺さんを爆発的に非難して朝から晩までワイドショーで森さんをみそくそに言っているけれど、「不妊手術」を強制されて、拒めば収容施設行き!の女性たちがいるって、比べものにもならない女性への人権侵害だ!

メディアの「日本の病」をどうにかしなければならない。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

衆議院議員小川淳也。「なぜ君は総理大臣になれないのか?」シリーズ第3弾。「腹の中真っ黒じゃね~か!」って有権者に言われる訳を調べてみた。

みなさんは、選挙期間中でもないのに、ミニバンに「日本共産党」と看板をつけて、次の選挙で「候補者」になろうとする「候補者名」を連呼しているのを見たことがあるのではないでしょうか?

車に候補者名を掲げず「日本共産党」とだけしか書いていない看板をつけているのは何故だか知ってますか?それは、政党活動はいつでも自由だからなんです。*選挙期間中以外で候補者名をスピーカーで連呼しているのは違反ですが、、、日本共産党でさえ、車に「候補者名」を掲示せず、活動しているのですが、小川淳也議員はそれさえも守っていません。下記掲載の写真をご覧ください。

Img_8345

動画の文字おこし

小川

みなさんこんにちわ。今日は高松市内、あいにく雨ですけれども、街宣車で街頭演説、回りたいと思います。あわただしい年末です。どうかくれぐれもお体にお気をつけてお元気でお過ごしください。(終)

↑小川淳也議員がフェイスブックに掲載している動画の静止画像ですが、2019年(令和1年)12月18日のものです。

高松市内(選挙区内)を年末のご挨拶に街宣車で回っているようです。

そして、街宣車を選挙期間中でもないのに、「持続可能な未来へ 小川淳也」大きく書かれた看板を取り付けていますね。選挙カーとほぼ同じ看板です。

ほら、これも↓↓↓

Img_8353

2020年10月31日です。違法な看板をつけた街宣車と違法な「のぼり旗」を手に持って、、、、

よくま~、堂々と、公職選挙法違反が出来ますわ!

選挙素人の選挙区の有権者の方々も堂々とやられると、違反に気づかないのでしょうか?

前記したように、「日本共産党」の車は一応「政党」の活動として、「日本共産党」だけの看板をつけて候補者の名前が類推出来ない看板をつけているので街宣車自体は合法です。

Img_8349

しかし、小川淳也先生の街宣車には「政党名」が見当たりません。政党活動をしている街宣車ではないようです。(車を政党で購入していても用途が個人の政治活動で売名行為をしているのですから公選法に抵触します)

個人名がもっとも大きく、本人が類推できるものでさえ公職選挙法違反に抵触するのに、堂々と候補者名を大きく書いて違反をしているわけです。

選挙の所轄官庁である総務省出身であり、当選(小選挙区1回、比例4回)計5回を経験した選挙のプロが、知っててやっているとしか思えません。

政党活動の為に街宣活動するのなら、良いのですが、フェイスブックには「年末のご挨拶」だと明言しています。政党活動の年末のご挨拶ってどういうものなんでしょうか?まあ、それはさておき、、、

車自体はおそらく、政党総支部の持ちものなのでしょうが、やっている活動は個人の政治活動ですね。

このように、周りの人が気づかなければ、どうにかなるとでも思っているのか、小選挙区で落選した小川淳也氏は「誠実ではだめなのか!」と嘆いていたようですが、どこが誠実なのか!「腹の真っ黒じゃね~か!」と言われる理由がだんだん分かってきましたね。

これを読んでくれている、他の議員の先生たちは、選挙期間中でもないのに、自分の名前を大きく掲げた看板をつけた街宣車を走らせることが出来る候補者に驚きを隠せないようです。

いったい高松の警察署はどうしちゃったの?

公職選挙法をちゃんと勉強しているのでしょうか!

少なからず、地方議員や選挙を経験した候補者なら驚くでしょう。

まるで選挙カーかと思えるような看板つけて街宣車で街頭演説している国会議員を見て、こんなことが出来る政治家の何処が誠実なのでしょうか!

 

 

 

 

| | コメント (0)

衆議員議員小川淳也。「なぜ君は総理大臣になれないのか?」シリーズ第2弾。「腹の中真っ黒じゃね~か!」って言われる訳を調べてみた。

前回のブログでご紹介した、小川淳也先生の選挙区での香典配りは、もしもですが、与党の大臣になってから追及される1つの問題点ですが、その他にもまだまだあります。(黒岩宇洋議員といい、マスゴミは野党議員の違反は追及しません)

小川議員は平成21年の選挙を除き、比例区で当選しています。小選挙区では当選できず、惜敗率で当選できているいわゆる「ゾンビ」を繰り返しているわけです。

比例で当選するのはタマタマですが、4回もゾンビをくり返すおぼつかない選挙を毎回やっているようです。

そのため、少々の公職選挙法違反も堂々とやってきます。「腹の中真っ黒じゃね~か!」と言われるのはそこのところにもあるようです。

香典を配っちゃいけない事くらい。所轄官庁の総務省出身の議員が知らないわけがない。

http://houdoumimamoru.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-7067a2.html

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

そして、以下の写真をご覧ください。

Img_8291

小川議員は、街頭で演説する時にお守りのように持っている「のぼり旗」です。(本人も街頭活動だと認めています)

Img_8286

この「のぼり」、衆議院議員 小川淳也 と大きく書いているのがハッキリと分かります。

白昼堂々の売名行為です。

政党活動の「のぼり」でもなく、単なる衆議院議員小川淳也と書いている議員の個人名の「のぼり」を高らかと掲げて、議員個人の名前を大宣伝しているわけです。

この「のぼり」の意味は

私は小川淳也ですよ!白いワイシャツで皆んさんと変わらない私はこうやって街頭演説していますよ~声が聞こえるだけでは誰だか分からないでしょう~のぼり旗を見てください!小川淳也ですよ~と政治活動をしているのですね。

このような街頭演説を選挙区内で何でも100回以上やっているようです。が、

公職選挙法や政治資金規正法に詳しいはずの小川先生は知っててやっていると思うのですが、「のぼり旗」の使用について以下のような制限があるのです。

(千葉県選挙管理委員会より)

平常時の政治活動の一環として、公職の候補者(現職も含む)等及び後援会団体が道路や駅前などにおいて街頭演説等を行う場合がありますが、この場合、公職の候補者などの氏名や氏名が類推できる事項若しくは当該後援団体の名称を表示した、のぼり旗、プラカード、たすき、腕章等及び裏打ちされた政治活動用ポスターを使用することは罰則(公選法243条)をもって禁止されています。

のぼり旗の使用

街頭演説等で使用する「のぼり旗」は、公職選挙法では立て札及び看板の類にあたります。公職の候補者等の氏名が類推される事項を表示した「のぼり旗」は、政党の政治活動用と見なされるものを除き、政治活動のために使用する事務所用立て札及び看板、政治活動のためにする講演会などの集会の会場において、その講演会の開催中に使用されるもの以外は使うことができません。なお、政党名やスローガンのみを記載した「のぼり旗」は、選挙運動にわたらない限り違反となりません。

ーーーーーーーーー

(府中市選挙管理委員会より)

「のぼり旗」の使用について

街頭演説で使用するのぼり旗は、政党の政治活動用のものを除き、公職の候補者の氏名や氏名が類推される事項を記したものは使用できません、後援団体の名称を表示するものも使用できません。ただし、政治活動のためにする演説会、講演会、研修会その他これらに類する集会において、その会場においてする当該演説会等開催中に使用される候補者等の氏名等が表示された文書図画は掲示することができます。また、自転車に取り付けることについても、候補者等の氏名等が表示された看板の掲示についての規制に抵触しますのでご注意ください。

会場を借りて、演説会を行い、その会場内でのみなら小川淳也氏の「のぼり旗」は立てても構わない。

しかし、小川淳也議員は選挙を幾たびも繰り返し経験し、しかも総務省(選挙を所轄する官庁)出身でありながら、個人名が全面に書かれた自分の名前が書いている「本人の名前が類推できる」どころか、「本人の名前(衆議院議員小川淳也と)しか書いていない「のぼり旗」を立てて堂々たる公職選挙法違反となり得る「街頭演説」を未だに続けているのです。

Img_8299

   ↑ 講演会でも研修会でもなく、街頭活動だと本人がハッキリ言っている、「街宣」の証拠。青い「のぼり旗」を右手に持っているのが分かります。

その他に数多く違法の「のぼり旗」を掲げて街宣活動をやっているようですが、その1部をご紹介します。

Img_8344

↑ これ、後ろは交番です。お巡りさんは居なかったのですかね?もしもお巡りさんがこの「のぼり旗」を見ていれば、気づかないわけがありませんよね。高松北警察署は取り締まるべきですね。

Img_8334

↑雨が降ってても街頭演説やってますよ~!苦労してますよ~!「小川淳也」がやってますよ~!と売名行為です。

数えきれないので、全部の写真を掲載できないのが残念です、、、、、、

 

最近では、昨年の2020年12月14日の街頭でもこの「のぼり旗」を使っています。↓

Img_8298

東大出てて頭も良くて、総務省出身で選挙のプロであるはずの当選(小選挙区1回、比例復活4回)の小川淳也先生は、全国の国会議員が「本人」とだけ書かれた「のぼり旗」を掲げて街頭演説している訳を知らないはずがありません。

↓公選法をちゃんと守って街頭演説している候補者↓↓↓↓

Img_8302

上記掲載写真は規則を守り、ちゃんとした街頭演説をされている候補者です。

        --------------

この「衆議院議員 小川淳也」とだけ書かれている「のぼり旗」をず~っと使い続けて街頭演説をする小川淳也議員がもしも、与党になって、閣僚にでもなろうもんなら、「のぼり旗」の公職選挙法違反を追及されますね。

「君はなぜ総理大臣になれないのか?」それは、香典だけではなく、街頭演説で毎回公職選挙法に抵触する「のぼり旗」を掲げて政治活動しているからですね。(笑)姑息な!

このシリーズは次も続きますので、こうご期待!

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »