« 誤報、虚報、捏造を繰り返してきた朝日新聞が、またまた上から目線で物を言う。「日曜に想う」って、今週の朝日の誤報の謝罪でも書いてるのかと思ったら! | トップページ | 令和元年7月20日(土)参議院選挙最終日の秋葉原。TBSとシバキ隊の連携。疑われるのも分かる気がするよね。 »

以前は朝日新聞も街頭演説を妨害する行為の批判記事を書いていた!

平成29年10月18日付の朝日デジタル

「聴取が演説内容を聞くことができなければ、選挙妨害に該当する可能性は高い」(岩渕美克、日大教授=選挙研究)との見方もある。

政治コミュニケーション論が専門の逢坂巌(駒沢大准教授)は「演説を聞きたい人の権利はどうなるのか」と指摘する。「話が聞き取れなくなるほどの集団的なヤジやコールは、演説を静穏に聞く権利をふみにじる」と批判。逢坂さんは秋葉原で首相の演説を聞こうと最前列に陣取っていたが、首相に抗議する人たちが来て、その場からはじき出されたという。

数多くの選挙に立候補し、街頭で多くのヤジを浴びてきたマック赤阪さんも「秋葉原のようなコールは絶対にダメだ。民主主義の否定になる」「私は相手が話している最中は絶対に声は上げない」「民主主義は言論で成り立つ。演説会を集団で邪魔するのは相手がマックであろうが、首相だろうが控えるべきだ」と話す。

H29年の衆議院選挙の時、こんな記事を書いている朝日新聞は、今(今回の参議院選挙)では完璧にヤジをとばす集団側に立って記事を書いている。

が、しかし、令和元年7月7日。とうとうトラブルが起こった。「中野駅前街頭演説妨害事件」である。

演説が聞こえないので注意した人の携帯電話を演説を妨害に来た人が取り上げ、地面に叩きつけて破壊する。という事件が起きたのだ。取っ組み合いの暴力事件に発展する恐れもあったのだ。

事前に取り締まりをしてほしいのだが、産経新聞の取材によると、警察側は「注意すると人権問題だとか差別問題だとか言われるから、強力に排除できない」と言って釈明したという。

ウンロード - 19071320e794a3e7b58ce68a84efbc88e8a197e9a0ade6bc94e8aaacefbc89.docx

ネット上では安倍首相の街頭演説日程を公表し、演説会場に卵を持参しろとか、集団でこうぎしようなどとする、あからさまな演説妨害を企てる勢力がある。

中野駅前の演説には、反安倍の人たちが徒党を組んで「安倍やめろ」コールを大声で連呼して、一般聴衆が安心して演説を聴き入ることができない状況だった。どこからか動員されてきたような人たちであり、その人たちの中には「弁護士」と書いてある腕章をつけた人もいた。この人たちはいったい何のためにいたのだろうか?「中野駅前街頭演説妨害事件」を予見してたのであろうか?

H29年の朝日新聞の記事には異論混じる場として、ヤジを飛ばしていた人の意見を紹介している。

秋葉原で首相に「こんな人たち」と指摘されたC.R.A.C(対レイシスト行動集団)の野間易通さん(51)も「そもそも街頭は異論がまじりあう場所。どう対応するかも含めて政治であり、政治家を判断する材料になるはずだ」

という発言を記事にしている。選挙活動として選挙公約をより有権者に訴える場として候補者が認められた街頭演説において、「対レイシシスト行動集団C.R.A.C」という、ある組織に組する人が、大声で叫んで演説が聞こえなくすることを、異論をまじりあう場所として正当化している記事を掲載しているのだ。

そもそも、街頭演説は、有権者に政見を聴衆に聞かせるために行うものであり、演説をする人に直接抗議をするために行う場ではないし、意見を交わす対話集会でもない。

国会では、ヤジが飛び交う光景が見受けられる。討議する場の国会だからこそ、多少の不規則発言がもくにんされているのである。

これに対し、街頭演説は、まずは一般聴衆に政見を利かせる場であり、それを聞きに来た一般聴衆の聞く権利、環境を保証しなければならない。

だからこそ、「選挙妨害罪」がある

余談だが、最近の国会中継をみていると気づいたことがある。安倍首相や閣僚が答弁すると、野党席から一斉に

「え~~~~」と声を上げる。一斉に「え~~~~!」つコールするのである。

これと似た経験を思い出したのだ。

昔(今もそうだろうが)小中学校で気に入らない子や先生の発言に対し、生徒が一斉に「え~~~」と声を出し、疎外感を与えることがあった。これとそっくりなのだ。

国会質疑だから「ヤジ」はつきもの。それはわかる。しかし、野党議員の一斉コール「え~~~~!」というのは、「ヤジ」とは思えない。安倍首相の答弁に反対なら「反対」と明確な意思表示をすればいい。

それを、小中学校いじめのように、声を揃えて一斉に「え~~~!」とコールするのは、いかにも幼稚で軽薄な態度と言わざるを得ない。こんな光景は小中学生には見せられないと思った。子供のイジメを助長することになりかねないからだ。

視聴者が好印象を持つはずがない、一斉コールを野党の国会対策委員会が指示しているとは思わないが、早急に辞めさせた方がいい!教育上良くない!と思った次第だ。

(最後に)

みなさん、それぞれに、秋葉原で大きな声で叫んでいた組織のC.R.A.Cという団体を調べてみて下さい!いろんな景色が見えてきますよ~~~。

ご参考

https://blog.goo.ne.jp/beautiful_mountains_11/e/8a625c56b1498bc26829d09757540d30

有田芳生、神原元弁護士、原田学植弁護士らが登場してます。

ウィキ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%88%E8%A1%8C%E5%8B%95%E9%9B%86%E5%9B%A3

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E9%96%93%E6%98%93%E9%80%9A

|

« 誤報、虚報、捏造を繰り返してきた朝日新聞が、またまた上から目線で物を言う。「日曜に想う」って、今週の朝日の誤報の謝罪でも書いてるのかと思ったら! | トップページ | 令和元年7月20日(土)参議院選挙最終日の秋葉原。TBSとシバキ隊の連携。疑われるのも分かる気がするよね。 »

コメント

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

投稿: omachi | 2019年7月18日 (木) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誤報、虚報、捏造を繰り返してきた朝日新聞が、またまた上から目線で物を言う。「日曜に想う」って、今週の朝日の誤報の謝罪でも書いてるのかと思ったら! | トップページ | 令和元年7月20日(土)参議院選挙最終日の秋葉原。TBSとシバキ隊の連携。疑われるのも分かる気がするよね。 »