« 山尾志桜里の嘘がバレた!どれだけ有権者を騙せば気が済むのか?不倫→離婚→弁解→嘘→お次は????「こっちがため息つきたいよ!」 | トップページ | 前滋賀県知事(嘉田由紀子)元部下の県庁から怒られる。県のシンボルマークを政治利用。しかし、これって事前運動になるよね。 »

ME TOO のプラカード持ってパフォーマンスしていた議員達は山本太郎に強姦されたと勇気をもって告発した女性にはダンマリか!

山本太郎に「私は無理やり乱暴された!」

2013.8.7 週刊新潮

*伊藤詩織の告発と違って、山本太郎に犯されたと告発する女性は、当時未成年でお酒も飲んでなくシラフであったのと、一緒に被害にあった女性の友達がおり、告発者を強姦した山本太郎には共犯者までいるのだ。

青山通り沿いにあったクラブ、「MUSE」での出来事を勇気を出して告発した女性がいる。

(仮名)安西百合子さんだ。

(記事)

横浜市出身の33歳(当時17歳)、小柄な体格とタレントの前田敦子似の童顔から、実年齢よりもずつと若く見える。

その日は、同じ横浜に住む短大生の(仮名)高橋智美(当時19歳)と連れ立って、彼女は「MUSE」へ出かけた。すると隣のテーブルにいたのが山本太郎だった。

彼は友達数人と来店しており、程なく話しかけてきたという。

山本は当時22歳。NHKの連続ドラマ「ふたりっ子」(96~97年)にヒロインの相手役で出演してブレイク、俳優としての知名度は既に高かった。彼女らも「あの人、山本太郎だよね」と囁きあっていたという。

「太郎さんが幾つ?と聞いてきたので、17です。って正直に答えました。彼も豹柄の上着

を着ていて、‘豹柄、お揃いだよね‘とか話していたのを覚えています。そのクラブには当

時、タレントや俳優さんはもちろん、芸能プロの社長さん達もよく来ていたので、芸能人とい

っても特に珍しいわけでもなく、彼にさほど興味もなかったので、適当にあしらっていまし

た。それで夜中の1時ごろになってお腹もすいてきたので、智美ちゃんと、‘何か食べに行

こうか‘と店を出ました。すると、彼と一緒にいた友達のうちの1人が店の外まで追いかけ

て来て、‘飲みに行こうよ‘って誘ってきたんです。」

店の前にクルマが横付けされ、2人は強引に車内へ。4ドアセダンの外車で、ステアリングは山本が握り、助手席にその友人、後部座席に彼女ら2人が座った。

山本は運転中、

「ドラマの撮影で、クルマを運転するシーンがあって、慌てて合宿に参加して運転免許を取

ったんだけど、結局、それはカットになっちゃった」

などと話していたそうだ。

およそ10分後、どこかの飲食店を目指していたはずのクルマは、広い公園の側道に停まった。

「そこで太郎さんが突然、‘鬼ごっこしようよペアに別れてさ‘と言い出しました。私達は‘こ

んな時間に鬼ごっこ?‘と思ったんですけど、、、。すぐに彼の友達が智美ちゃんの腕を掴

んで、‘さ、早く逃げよう‘と強引に連れて行っちゃったんです。」

安西(女性の仮名)さんと2人きりなった山本は運転席を降り、彼女の隣に乗り込んできた

事件が起こったのは、その後である。

「しばらくは2人で話してたんですが、会話が途切れた瞬間、彼が後ろから両腕をガッっと

掴んできて。そのまま私の体を持ち上げて、自分の膝の上に向こう向きのまま、載せた

です。もちろん私も必死で抵抗したんですが、とにかくすごい力で、、、‘え? 何?と思って

いるうちにパンツを下ろされて、いきなり挿入してきました。キスも前戯もなしに、、、。

ヤバイと思って、‘イヤだ、止めて!痛い!痛い!って大声出して暴れたんですが、彼は後ろか

ら。‘大丈夫、大丈夫‘と言うだけで、止めてくれませんでした。しばらく彼が勝手に動いて、

5分くらいで果てちゃいました。後で分ったことですが、いつの間にか、彼、しっかりコンドー

ムをつけていたんです。無理やり乱暴され、もう、呆然としちゃって、、、」

それから十数分後、高橋さんが山本の友人に連れられて車に戻ってきた。

そこで安西さんはようやく我に返った。

「太郎さんの友達が助手席に乗り込むと、『さっきの店の辺りで降ろせばいいかな?』って聞いてきたんです。ヤルことヤったら用済み、という感じでした。クラブの前で降ろされて、彼らはそのままどっかに行っちゃいました。彼女に『大丈夫だった?』と聞いたら、案の定、首を振り、『公園のトイレでヤられちゃった』と、彼の友達に男子便所の個室に連れ込まれ『パンツだけずり下げられて、ヤられちゃった。ただコンドームだけはつけていた』と全く同じ手口です。

(以下略)

この女性の告発記事が週刊新潮に書かれて、5年と10カ月が経とうとしている。

もしも、彼女の告発が嘘っぱちだったのなら、当然「名誉毀損」で訴えているはずである。

それなのに、週刊新潮の記事は「嘘」だと他社からの取材に話すだけ。週刊新潮と面と向かって争う事が出来ないのだ。

日本中の誰しもが、もしも身に覚えのない「強姦」魔に仕立て上げられた記事を書かれたら、「名誉棄損」で訴えるだろう。

しかし、山本太郎はそれが出来ない。

「山本太郎に私は無理やり乱暴された!」と勇気を出して告発した女性でしかも彼女はその時未成年でシラフの状態。

しつかり覚えているわけだ。

その彼女の訴えににはダンマリを決め込む「ME TOO」軍団の議員のみなさん!」

山本太郎は見逃すのですか?

最低でしょ?少女たちを飲みに行こうと誘って、車間に乗せて、犯して、食事もせず、車から降ろす。

これが本当だった、最低の男だ!なんの罪も償わずして国会議員になっているなんて、許せます?

名誉棄損で週刊新潮を訴えてみろ!

元TBSの山口記者は訴訟を始めたぞ!

「ME TOO」柚木! 福島!この話をほったらかしにしていいのか!ご都合主義の「ME TOO」か!

仲間内だけのご都合「ME TOO」に反吐が出る。

|

« 山尾志桜里の嘘がバレた!どれだけ有権者を騙せば気が済むのか?不倫→離婚→弁解→嘘→お次は????「こっちがため息つきたいよ!」 | トップページ | 前滋賀県知事(嘉田由紀子)元部下の県庁から怒られる。県のシンボルマークを政治利用。しかし、これって事前運動になるよね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山尾志桜里の嘘がバレた!どれだけ有権者を騙せば気が済むのか?不倫→離婚→弁解→嘘→お次は????「こっちがため息つきたいよ!」 | トップページ | 前滋賀県知事(嘉田由紀子)元部下の県庁から怒られる。県のシンボルマークを政治利用。しかし、これって事前運動になるよね。 »