« ご存知極左の愛読書「週刊金曜日」で亀石倫子が事前運動の疑い! | トップページ | 不祥事続きの朝日新聞。労組副委員長(35)はなぜ多摩川で入水自殺したのか(週刊文春2019.5.30) »

今では苦し紛れの醜い嘘だったと思ってますよね、山尾志桜里に投票した有権者たち。やっぱり騙されてましたね。見て下さい、顔を隠す国会議員があなたが投票した代議士です。

ポスター貼ったり、テレビに出ては顔を売る国会議員のはずが、、、

顔を隠して、アメリカに日米交流の為にお出かけか?しかも国会は開会中。

平成31年4月17日羽田空港国際ターミナル搭乗ゲートでの2人。

週刊文春 2019.5.30号

山尾志桜里「国会に無届旅行」倉持弁護士とのロス疑惑

「4月27日、羽田空港の国際ターミナルで、搭乗ゲートにあの二人が並んでいる姿を見かけました。16時20分発ロス行きの便に乗って行きました。人目を気にしているのか、2人ともマスク姿でやや距離をあけていたのが印象的でした」(居合わせた旅行客)

史上初の十連休。混雑する羽田空港で目撃されたのは、立憲民主党の山尾志桜里衆議院議員(44)と、弁護士の倉持麟太郎氏(36)だ。

「一昨年9月にW不倫が報じられた後、倉持弁護士は離婚し、山尾議員の政策顧問に就任。昨年2月には、山尾議員も離婚が成立し、いよいよ再婚か、と噂になっています」(野党担当記者)

(中略)

「たとえ連休中でも、国会議員が会期中に海外旅行をする場合、所属する員の議長に「請暇願」を旅行計画書とともに提出する必要があります。議員運営委員会の理事会に諮り、了承されなければ海外に行くことは許されません」(政治部記者)

小誌は、許可を受けた議員の名前が記載される『衆議院公報』を調べてみた。

GW中に海外に行った議員の名前がずらりと並ぶが、山尾氏の名前はどこにも見当たらない。衆議院事務局秘書課に問い合わせると、

「山尾議員が今会期中、請暇願を出されたことはありません」と回答があった。

5月20日、渋谷区のとあるビルで、山尾氏がコーディネーターを務める講義イベント「ホントコ!」が開催された。開始前の夕刻、ビルの手前で止まったタクシーから、黒いスカートに薄い色のサングラスをかけたラフなスタイルの山尾氏が降り立った。

記者   「GWに倉持氏ロスに行かれているが、請暇願は?」

山尾   「、、、、、、、」

声をかけ続けるも、一切何も答えず、正面をキッと見据えたまま足早に歩き去る山尾氏。

事務所に書面で事実関係を尋ねたが、、、、

(以下略)

この続きは今週発売の週刊文春を是非ご購入下さい!

 

解せないのは政策担当秘書(免許制)を抱える国会議員の事務所では、会期中の海外渡航の際「請暇願」を出す事くらい知っているはずなのだ。

しかし、山尾事務所では「請暇願」を出していない。

という事は?

事務所の職員にも「秘密」にして旅行に行った可能性がある。

だとしたら、山尾志桜里事務所の秘書達さえも信じていない。という事。子分さえ信用していない親分だという事だ。

「男女の関係にない!」と言い切って選挙に辛うじて勝った山尾志桜里議員。

もう下半身の乾かないネタを振りまくのはやめましょうヨ!

彼氏の家族をメチャクチャにした責任は貴方にもあります、、、真面目に仕事一筋に頑張ってる姿を有権者国民に見せられないのですから、もう国会議員をお辞めになった方が宜しいかと存じます。

 

 

 

|

« ご存知極左の愛読書「週刊金曜日」で亀石倫子が事前運動の疑い! | トップページ | 不祥事続きの朝日新聞。労組副委員長(35)はなぜ多摩川で入水自殺したのか(週刊文春2019.5.30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご存知極左の愛読書「週刊金曜日」で亀石倫子が事前運動の疑い! | トップページ | 不祥事続きの朝日新聞。労組副委員長(35)はなぜ多摩川で入水自殺したのか(週刊文春2019.5.30) »