« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

政治部記者、官邸情事 バレた。って朝日新聞は不祥事続きか!

2019年5月21日(水)夕刊フジ砲が1面で、興味をそそる「官邸情事」について大きな見出しを出していた。

その中身とは?

(記事)ここだけの話

自民党が「失言マニュアル」を作成したというけど、「セクハラ防止マニュアル」を作るべき政党もあるはずよね。そう思っていたら、凄い話が飛び込んできた。

なんと!首相官邸で、、、しちゃったという記者さんたちの話。

「官邸には“番小屋”という記者の控室のようなところがあって、僕が官邸付だった時、A新聞のXと、B新聞のYが、××していたという話を聞いたことがある」

そう教えてくれたのはベテラン記者のZさん、でも、目撃者はいたの?官邸はセキュリティーが厳しいのでは?

「セキュリティーが厳しいからバレたんだよ。番小屋は音が響きやすくて、警備の部屋にまる聞こえだもん」

ということは?映像もあったりして?

「さすがに補佐官だった議員がA新聞に苦情を言ったそうだよ」

このX記者の話、衆参ダブル選挙が取り沙汰されているなか、週刊誌の格好のネタになりそうな予感がするわ。

警備室に丸聞こえ、、、、、

       以上

との記事だ。

ところが、この記事は続報が5月30日(木)にも書かれている

発見されたICレコーダー

(記事)「官邸情事」の真相

夕刊フジで毎週火曜日に好評連載中の「永田町美人秘書 ここだけの話」が先週21日、衝撃情報をスッパ抜いた。官邸担当だった某新聞の政治部記者が以前、あろうことか官邸内で情事に及んでいたという内容だった。

週刊誌も取材に入ったとされる「官邸情事」について、当時をよく知る別の官邸担当記者や、官邸関係者を直撃した。

何と、問題の「番小屋」からICレコーダーが発見されていたという。

注目の「永田町美人秘書」では、ベテラン記者のZさんが次のように証言している。

<官邸には“番小屋”という記者の控室のようなところがあって、僕が官邸付だったとき、A新聞のXと、B新聞のYが××していたという話を聞いた事がある>

今年夏の参院選に合わせた「衆参ダブル選挙」が取り沙汰されるなか、永田町ではこの話題で盛り上がっている。

そこで、夕刊フジでは改めて、元官邸担当記者に「官邸情事」の“真相”について聞いた。

「民主党政権時代、ある新聞社の政治部記者が官邸内の『番小屋』で夜中、別の新聞社の女性記者とコトに及んだのがバレたと大騒ぎになった。

官邸クラブ内の大半の記者が『ガラス張りのあの部屋で、、、、』と話題にしていた。

さすがに、当時の官邸の幹部が新聞社に抗議したと聞いている。名前が出た人物は最近『事実無根だ』『先輩記者がやったことを、自分に押し付けられた』と説明しているらしい」

さらに、官邸関係者は次のように証言した。

「官邸情事が問題となった後、官邸側が室内を確認した。すると、問題行為があった近くからICレコーダーが発見された。どんな声が録音されていたかは聞いてないが、当事者は冷や汗ものではないか」

                                        以上

 

夕刊フジは紳士的に記者名を隠しているが、これ、もう既に永田町では特定されているようだ。

当時の男性A新聞のX氏は、A=朝日新聞は既婚であって、不倫だった。

これが元で奥さんとは分かれ、不倫相手の女性B新聞のY氏と結婚する事になった。

B新聞のY氏も既に永田町では知られているのだが、こちらの方は初婚のようで不倫は男性のX氏のほうなので、社名は伏せておきたいと思います。

そして、このX氏は、この事件の後、朝日新聞政治部から左遷され、出世の道を諦め、国会議員になろうとしているようなのだ。

この問題で、官邸の補佐官をしていた議員を含め、当時の民主党の議員達は朝日新聞に対してかなりの秘密を掴んだ事になる、当然自民党から立候補しようとするものなら、この不倫情事が明るみとなってしまうのだから、出馬するなら「立憲民主党」もしくは「国民民主党」だ。

ということは?

もう誰だか察しがつきますよね。

というのが、今現在の永田町での噂です。

ICレコーダー!聞いてみたいですな~~~~~。

 

 

 

 

| | コメント (0)

不祥事続きの朝日新聞。労組副委員長(35)はなぜ多摩川で入水自殺したのか(週刊文春2019.5.30)

今週の週刊文春が朝日新聞の労組副委員長が多摩川で入水自殺した事を伝えている。

「会社ともっと厳しく交渉しろ」などの吊し上げがすさまじかった!」(労組関係者)

朝日新聞さんよ~~~~、会社で真面目に勤務している社員が、労組から吊し上げにあっているのを見殺しにした責任は?

ご本人は相当悩んでいたのでしょう?

何故救済できなかったのか?

会社としての責任は?

記事には、

朝日新聞広報部に尋ねると「大切な仲間を突然失ったことは痛恨の極みです。(自殺の理由や遺書については)お答え致しかねます」と答えた。

とある。

しかし、朝日新聞社自体の責任については全く言及がなく、遺族に対しての謝罪の言葉も見当たらない

これが、マスコミ以外の他社の出来事だとしたら、原因究明や自殺に至った経緯など執拗に問いただし、会社の責任追及を猛烈にするはずの朝日新聞の態度なのだ。

自分らの不祥事は追及もせず、原因究明もせず、誰も責任をとって辞任する人はいない。

こんな会社だから、不祥事が止まらないのだ。

優秀だった桑ちゃん、朝日新聞なんか行かなかったら、今頃年収何千万かのサラリーマンだったのに。残念です。

命を返せ!朝日新聞!原因究明と自殺に追いやった人達にはちゃんと罰を与えるべきだ!

そして、渡辺社長も上司であった水沢委員長も引責辞任すべきだろう!

このままでは、次からへと続く朝日新聞の不祥事は止まらないのだ。

 

 

| | コメント (2)

今では苦し紛れの醜い嘘だったと思ってますよね、山尾志桜里に投票した有権者たち。やっぱり騙されてましたね。見て下さい、顔を隠す国会議員があなたが投票した代議士です。

ポスター貼ったり、テレビに出ては顔を売る国会議員のはずが、、、

顔を隠して、アメリカに日米交流の為にお出かけか?しかも国会は開会中。

平成31年4月17日羽田空港国際ターミナル搭乗ゲートでの2人。

週刊文春 2019.5.30号

山尾志桜里「国会に無届旅行」倉持弁護士とのロス疑惑

「4月27日、羽田空港の国際ターミナルで、搭乗ゲートにあの二人が並んでいる姿を見かけました。16時20分発ロス行きの便に乗って行きました。人目を気にしているのか、2人ともマスク姿でやや距離をあけていたのが印象的でした」(居合わせた旅行客)

史上初の十連休。混雑する羽田空港で目撃されたのは、立憲民主党の山尾志桜里衆議院議員(44)と、弁護士の倉持麟太郎氏(36)だ。

「一昨年9月にW不倫が報じられた後、倉持弁護士は離婚し、山尾議員の政策顧問に就任。昨年2月には、山尾議員も離婚が成立し、いよいよ再婚か、と噂になっています」(野党担当記者)

(中略)

「たとえ連休中でも、国会議員が会期中に海外旅行をする場合、所属する員の議長に「請暇願」を旅行計画書とともに提出する必要があります。議員運営委員会の理事会に諮り、了承されなければ海外に行くことは許されません」(政治部記者)

小誌は、許可を受けた議員の名前が記載される『衆議院公報』を調べてみた。

GW中に海外に行った議員の名前がずらりと並ぶが、山尾氏の名前はどこにも見当たらない。衆議院事務局秘書課に問い合わせると、

「山尾議員が今会期中、請暇願を出されたことはありません」と回答があった。

5月20日、渋谷区のとあるビルで、山尾氏がコーディネーターを務める講義イベント「ホントコ!」が開催された。開始前の夕刻、ビルの手前で止まったタクシーから、黒いスカートに薄い色のサングラスをかけたラフなスタイルの山尾氏が降り立った。

記者   「GWに倉持氏ロスに行かれているが、請暇願は?」

山尾   「、、、、、、、」

声をかけ続けるも、一切何も答えず、正面をキッと見据えたまま足早に歩き去る山尾氏。

事務所に書面で事実関係を尋ねたが、、、、

(以下略)

この続きは今週発売の週刊文春を是非ご購入下さい!

 

解せないのは政策担当秘書(免許制)を抱える国会議員の事務所では、会期中の海外渡航の際「請暇願」を出す事くらい知っているはずなのだ。

しかし、山尾事務所では「請暇願」を出していない。

という事は?

事務所の職員にも「秘密」にして旅行に行った可能性がある。

だとしたら、山尾志桜里事務所の秘書達さえも信じていない。という事。子分さえ信用していない親分だという事だ。

「男女の関係にない!」と言い切って選挙に辛うじて勝った山尾志桜里議員。

もう下半身の乾かないネタを振りまくのはやめましょうヨ!

彼氏の家族をメチャクチャにした責任は貴方にもあります、、、真面目に仕事一筋に頑張ってる姿を有権者国民に見せられないのですから、もう国会議員をお辞めになった方が宜しいかと存じます。

 

 

 

| | コメント (0)

ご存知極左の愛読書「週刊金曜日」で亀石倫子が事前運動の疑い!

宇都宮健児(元日弁連会長)、田中優子(法政大大学総長)、本田勝一(元朝日新聞で南京大虐殺の大嘘を広めたジャーナリスト)などが編集委員を務める左翼雑誌である週刊金曜日がやらかしてしまったようだ。

参議院選挙が迫ったこの時期に最新号(5月17日号)で立憲民主党から立候補を表明した亀石倫子の写真を表紙にして、記事本文に8ページのロングインタビュー記事を掲載している。

Photo_1

記事の中で、立憲民主党から立候補をすること、及び立候補を決意するに至った経緯理由を述べている。

↓(問題個所)

表紙  写真  亀井氏倫子述べている上半身

「闘う弁護士 亀井氏倫子インタビュー」との表題

8ページのロングインタビュー

リード部分「幼少の頃から就職、結婚、司法試験受験、弁護士活動、そして参議院議員選挙に立候補をするまで、語りつくしてもらった」

小見出し「選挙」とした上で、「今夏の参議院選挙に立憲民主党から立候補を予定している。」

「-なぜ立憲民主党なんですか。」との問いに、「、、、だから『立憲民主主義を守る。』という立憲民主党の基本的な考え方には賛成です。」

「多様な価値観、意見を受け入れ、熟議をする。そういう政党だと思うからこそ、立憲民主党を選びました。」

インタビューを終えて「責任感と反骨」文聖姫(ムンソンヒ)編集部

闘う弁護士から闘う政治家へ。亀石倫子さんに期待したい。

立憲民主党枝野代表や辻元国対委員長と街頭演説する写真を掲載

参議院選挙まで3か月だというこの時期に、上記の箇所が事前運動にあたる可能性が高いのです。

参考条文

公選法129条(事前運動の禁止)➡刑罰239条1項1号 1年以下の禁錮または30万円以下の罰金

公選法148条の2(雑誌の不法利用等の制限)➡刑罰223条の2(雑誌の不法利用罪)5年以下の懲役または禁錮

「事前運動(売名行為)」に該当する恐れが大!

ロングインタビューを編集した(文聖姫)は「闘う弁護士から闘う政治家へ。亀石倫子さん期待したい」と記していることからして、亀石側と週刊金曜日との間で、金銭、物品その他の財産上の利益や供応接待があれば、「雑誌の不法利用罪」に抵触するおそれも大きいのだ。

 

さて、当ブログの愛読者と思われる、衆議院議員、山尾志桜里(元検事)先生は、どう反応するのだろうか?無視するのかな~?

コメントくれないかな~?

 

 

 

| | コメント (0)

立憲民主党のまっとうな政治とは(暴行を受けた被害者女性に)「訴えを取り下げないと、(親父の)公認を取り消す!」という事らしいです。

週刊新潮2019.5.16号

“暴行事件”で立憲民主党がかけた「口封じ圧力」

立憲民主党が党の綱領に掲げる<ボトムアップの政治>。ところが、このほど露呈したのは、トップダウンによる、“もみ消し”で、、、、

コトが起きたのは先月(H19、4月)5日。千葉県市川市のJR市川駅北口である。

目撃者によれば、

「この日早朝、地方統一選の選挙活動で、市川市議選の立憲民主党の候補者たちが駅頭演説を行っていたんです。しかし、演説が終わった8時過ぎ、30代の男性候補者が1人の女性スタッフと言葉遣いを巡って口論に。さらに、その女性の鳩尾(みぞおち)を殴るなど暴行を加えるに至ったのです」

警察官が駆けつけるほどの騒ぎとなったこのトラブルは、その後、思わぬ展開を見せる。

「実は被害者の女性の父親も市川市議選の公認候補で、その場で暴行を止めようとしたのです。激怒した父親は、警察に被害届を出そうとしたのですが,,,,」(同)

立憲民主党の関係者が続けて話すには、

「ことを荒立てたくない千葉県連会長の生方幸夫(衆議院議員、千葉6区<市川市、松戸市>で落選、比例復活)さんが父親に対して、

被害届を出さないで欲しい

出すのであれば公認を外す

と圧力をかけたんですよ。

父親は到底承服できず、何度も抗議をした。でも生方さんは、“党本部の福山哲郎幹事長の決定”と言い張り、殴った相手方とともに13日、公認を取り消してしまうのです」

 

“臭いものには蓋を”と言わんばかりのこの結末について、党の生方氏に話しを聞いたところ、

「圧力なんかかけていません。公認取り消し権は党本部にあり、県連にはありませんので」

一方、取り消したと名指しされた福山哲郎氏は、

「両名が適切な対応を取らなかったことを理由に、千葉県連合として、常任幹事会で公認取り消しをしたものと承知しております」

と、“トップ”と“ボトム”が責任逃れを演じ合う始末。

これに対して被害女性は、

暴行を受けたのは事実ですが、詳細は差し控えさせてください、、、、、、」

“まっとうな政治”が聞いて呆れる。

                                             (終)

「暴行を受けたのは事実です」と言っている被害女性を黙らせてしまった。

公認を取り消されたこの被害者女性の父親は当選できたのだろうか?

暴行を受けた女性を守らず、暴行を受けた女性の父親が本人に成り代わり文句を言うと、公認を取り消す立憲民主党

やれ、女性の人権を!とか、“ME TOO!”とか声高々と叫んでいる方々だが、、声を上げる立憲議員はいないのか?

生方議員(県連会長)は公認取り消しは、党本部の判断だったと逃げ、

福山哲郎立憲民主党幹事長は千葉県連合の判断だったと逃げる。

兎に角、この党には、「俺の責任だ!」と言うやつが1人もいない。

立憲民主党の「まっとうな政治」とは責任転嫁で政治家が生き延びる事。どれだけ責任を被らず、目立つ発言ができるポジションに留まることができるのかが1丁目1番地のようだ。

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »