« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

嘘を堂々と話せる年寄りを引っ張り出してきては、日本への憎悪を煽る荒唐無稽な戦時中の作り話を世界に流布する韓国人たち。

慰安婦強制連行の作り話をする婆さん達もそうなのだが、「軍艦島」のでっち上げ話を映画にまでする韓国人たち。今や日本国民は怒り心頭だが、それをどうしても批判したくない勢力が日本にいる。

毎日新聞や朝日新聞たちである。

日本のメディアは真実を知っている日本人のお年寄りの発言は全く伝えず、嘘をついている韓国人の爺さん婆さんらの言動は肯定的に報道し、可哀想だと煽る始末だ。

今回はメディアが全く無視をする、本当に「軍艦島」に住み、働いた生き証人たちの証言を「週刊新潮、19.4.25号」に書かれている記事を参考にしっかりとネットに残しておくために書いておきますネ。

軍艦島に6年間住んでいたと嘘をつく「グ、ヨンチョル」という名の爺さん。自分では級長もしていたとまで嘘をついている。論より証拠で当時の同窓会名簿にも、どの学年の名簿にも見つからない。日本人の子も、朝鮮人の子も、同じ教室で各学年1クラス。級長までやったという人気者をだれ一人覚えてもいないし、ましてや、差別や偏見があったのなら、そもそも朝鮮人の子供が「級長」などなれるわけが無いのである。

「グ、ヨンチョル」は今や、韓国のテレビにまで出演し、「軍艦島」で悲惨な目に遭ったと思わせようとする韓国人らの象徴的存在ともなっている。

全国民党党労働組合総連盟(2017年8月)、国立日帝強制動員歴史館で開催された「軍艦島証言及び懇談会」(2017年10月)、釜山総領事館前で行われた「強制徴用労働者像建立記念記者会見」(2018年5月)などに次々と出席し発言している。

嘘話(作り話の数々)

グ、「私が見た軍艦島は、わが民族の最も痛々しい記憶の場所」

グ、「軍艦島で6年間生活した。強制徴用で連行されたひとたちは、日本の無慈悲によって、その苦痛を口では言い表せない。凄絶な人生、足枷が無かっただけで奴隷だよ、完全に」

グ、「中ノ島という小さな島があって、そこで死体を焼く煙が日に1,2回必ず立ち上がり、火葬される人たちはみんな朝鮮人だった」

グ、「熊本は、海をはさみ端島(軍艦島)からはっきり見渡せる場所であった」←「絶体に見えない」「間違ったって見えないよ」(当時住んでいた証人(中村陽一、坪内光興)

グ、「(朝鮮人たちは)動物の檻と変わりがない合宿所に集団で起居しながら、毎日迫りくる死の脅威にさらさていた」「(終戦後)朝鮮人は、彼らが連絡船で夜逃げしたことを知った。(略)島に残ったのは朝鮮人と沖縄人だけだった。実に奇怪な状況であった。大人は昔、日本人が去ったその夜にとんでもないことがあったのだと疑ったが、よもや千人をも虐殺するなど、純朴な朝鮮人の想像をはるかに超えることだった。日本人が中国人だけを坑内に閉じ込めて入り口を爆破して皆殺しにしたのではないかと疑うようになった」

←外務省が終戦の翌年に作成した華人労務者調査報告書(三菱高島礦業所端島抗)には、島内で就労していた華人労務者全員(183名)を社船にて、佐世保で米軍に引き渡した記録が遺っている。終戦を端島で迎えた元島民たちに(グ、ヨンチョルの書いた本を)読んでもらうと、全員が千人虐殺説に「絶対にあり得ない」と口を揃えて反論したまた終戦前後、端島での騒動や混乱の記録は無い。*グ、ヨンチョルの作り話の中に沖縄を入れるところにも、沖縄県民を日本と分断させたいという政治的意図が感じられる

グ、「朝、登校中に見た光景といえば、食料を得るために皿を一つ持って列をなしていました。(略)その横には日本人の軍人が棒を持って立っています。その前を頭も首もあげることもできず、皿だけを持ってわずかな食料を得ようと列をなしている様子を見て、あまりに凄惨だと思いました」

←「皿をもって、道路端で、お涙ちょうだい、おかずちょうだいって、こういうバカげたこと、さすがに三菱たるとこは、そういうことは許可せんですよ。見たことない。日本軍の兵士が、労務者の食事の監視をした事実もありません」(当時住んでいた松本栄氏より)端島では、独身労務者の食事は寮の食堂で提供されており、道端で配膳することはなかったのだ。

グ、「登校途中の道端に労務者事務所があります。そこから来る日も来る日も悲鳴と叫び声が聞こえます。つまり先立ちで窓から覗くと(朝鮮の)青年たちを2~3名コンクリート塀の前にひざまずかせ棒で叩いているのです。『助けてくれ~』と叫んでいます」

←「端島のどこで、そういう風な状況、状態が発生しておったのかその場所を証明せよ!逆に私は端島で見たこともない!」(当時住んでいた松本栄氏)

グ、「中ノ島で朝鮮人の死体を焼く煙が日に1,2回立ち上がった」

←「発生した事故の現場監督あたりが会議室に呼ばれて、事故の状況を報告せにゃいかん。それに基づいて、測量は、現場検証に行くわけです。こういうふうな状況でこの作業員が亡くなったということを、図面に書いて、しかもそれを文章化して、当時の鉱山監督局に変災報告書を書かにゃいかんのです。1日の1人でも2人でも死んだとなったら、私ども、それにかかっておらんばいかん。そういうことはまずありえん!」(同上)

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

当時住んでいた松本氏、「真実は1つしかないんですよ!なぜこんないい加減な証言(嘘話)につきあわなければならないのか!

当時住んでいた実態を知っている証人「このグ、ヨンチョルさんは、本当に端島に住んでいたんだろうか!」「なりすましではないのか!」

当時住んでいた鈴木文雄氏(鈴木氏の両親は慶尚南道の出身で父親は端島の坑内で働いていた=グ、ヨンチョルが言う当時の朝鮮人の方の一人)「(居住歴がある)実在している人の自分の体験談とかであれば、それは親身になって聞かないといけないでしょう。グ、ヨンチョル氏の場合は実在の疑問があるわけですら、抽象的なことを色々述べている訳ですけれども、それに対して彼の意見を尊重するというのは、まずありえないと思うのです。」「戦時中に端島で酷い目におうたねっていうような話なんか、全然聞いていないです。もう周囲の方たちも、皆、いいひとでね。そんな悪い、負のイメージありませんしね。地獄で、殴られる、リンチが多い、そういうような本当に地獄の島だったら家族はまず呼ばないでしょう!」

当時住んでいた長崎県端島会会長梶英夫氏「これはもう端島を知らない人が想像で書いた(言っている事だ)と思うんです。」何か組織がかったものがあると。グ、ヨンチョルさんそのものは、(組織に)利用されとる。そういう感じを受けました」

*みなさん!年寄りを引っ張り出して嘘、捏造話を大声で叫ばせ、戦時中の日本の国も企業も朝鮮人をこき使い、虐殺したと思わせようと努力する彼らをどう思いますか?

その彼らとは、韓国で暗躍し、韓国人らを騙している「北朝鮮朝鮮労働党」なのです。韓国人を反日に仕向け、戦後補償を永遠に存続させ、金はとれるし、日本人を憎ませる事ができる「嘘話し」を流行らせれば得をするのは、今の北朝鮮以外の誰もない。

北朝鮮労働党から金をもらって、反日を促し、戦後補償も存続させる勢力に引っかかってはいけません。

グ、ヨンチョルは1950年朝鮮労働党に入党し、パルチザンとして山岳地帯を中心に米軍を襲撃する武装活動により逮捕され無期懲役。

1994年に20年の服役後出所。筋金入りの活動家である。

近年は「汎民連釜慶(釜山、慶北)」の連合顧問という重役にもある。

この「汎民連」は、北朝鮮と韓国の両方に組織があり、「南側本部」は連邦制統一支持、米軍撤収、国家保安法撤廃を主張し、1997年大法院から利敵団体と認定されている。委員長を務めた文益煥(ブンイクファン)牧師は1989年韓国当局の許可なく訪朝して金日成主席と会談し、後に国家保安法違反等の容疑で逮捕、収監。死後北朝鮮から祖国統一賞が贈られ、切手にもなった人物である。

民族の怒り、独立を訴えるグ,ヨンチョルは汎民連の顧問を務めるただならぬ活動家だったわけである。

*最後に

軍艦島という小さな島は、今大きな問題になっている韓国のいわゆる徴用工判決のうねりの中では、撮るに足りない小さな存在なのかもしれない。しかし、グ氏の発言をそのままにしておくわけにはいかない。(嘘証言を元に作られた映画もそのままにしておくわけにはいかない)

その言動は単に誤りということではなく、政治的意図がありありだ。日本は官民一体となり、日韓請求権協定により、2国間で「完全かつ最終的に解決され」「いかなる主張もすることができない」という前提で、歪曲された歴史にさえ、事実を主張する事を遠慮し、慎み深く沈黙を通してきた。その一方で、日本への憎悪を煽る荒唐無稽な言動は、繰り返し世界に流布され、今となっては定説になろうとしている。

誤った事実関係を訂正せず、国際条約を守るべきという手続き論だけで、国際世論を説得できるだろうか。本稿を書いている最中にも、証言を頂いた坪内氏のご逝去の報に接した。元島民の名誉を踏みにじる「74年前の曖昧な記憶?」(でっちあげ「嘘話し」)が、人間の顔を取り戻すよう、戦中派がお元気なうちに対話を重ね、真実を紐解く努力が必要ではないだろうか。時間の猶予はない。

おそらく、グ,ヨンチョルは本当の「軍艦島」(端島)の当時を知る人たちとは絶体に会おうとしない。嘘がバレるからね。

こんな事をしている韓国人を許すことが出来ない。そして、北朝鮮の策謀に巻き込まれている韓国人達を目覚めさせる方法はあるのか?

おそらく、彼らは死ぬまで嘘を信じて戦ってしまった事に恥じる事なく、死んでいくのだろう。嘘を嘘だと認めると恥ずかしさを通り越して死んでしまいたくなるから、死にたくない韓国人たちは嘘を嘘だとは認めない。グ、ヨンチョルの銅像や教科書を作り出し、何年か後にはお札にもなるだろう。

こんな国とはお付き合いは御免ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

菅野完事務所のツイッターが凍結されても既に拡散されてますから、選挙妨害の教唆になるね。ましてや物を投げるなんて共謀共同正犯で逮捕だね。

Photo

菅野完のツイッターで安倍総理が応援に入る大阪12区の衆議院補欠選挙での街頭演説の日程を公表、そのすぐ後に、「腐った卵と泥団子」を用意せよという選挙妨害教唆をした者がおり、その書き込みを削除しなかった。

書き込みをした人間との関係も正犯した時点で調べる事ができ、共謀共同正犯にあたる可能性は十分にある。

公職選挙法 第225条(選挙の自由妨害)

第225条 選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、4年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

一、選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対して暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。

二、交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法を持って選挙の自由を妨害したとき。

三、選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者若しくは選挙人又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債券、寄付その他特殊の利害関係を利用して選挙人、公職の候補者、公職の候補者になろうとする者、選挙運動者又は当選を威迫したとき。

そして、刑法では

第六十一条

人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する。

教唆者を教唆した者についても、前項と同様とする。

そして、

第六十二条

正犯を幇助した者は、従犯とする。

従犯を教唆したものには、従犯の刑を科する。

とあります。

選挙演説当日もしも、物が飛んできたりなどの、選挙妨害が実行された場合。間違いなく菅野完事務所、及び下の書き込みの「おもち」@mino1020という人達は逮捕要件を満たしてしまいます。

事前に共謀していると、誰か1人でも実行すれば共謀関係にあった者は、共同正犯ということです。

さて、当日選挙妨害が行われるのでしょうか?

共謀共同正犯。

菅野完ことノイホイは女性に暴行しただけでは満足できず、選挙違反まで犯してしまうのか~~~~~!!!!!

さてどうなる事やら、、、、

| | コメント (0)

日本共産党京都府委員会の催物事業収入が例年より約2000万円も多いので調べてみた。日本共産党の政治資金パーティーだね。

共産党京都府委員会の収支報告書

平成27年

その他催物事業(収入)   1.413.498円

Img_4787

平成28年

その他催物事業(収入)   2.928.472円

Img_4784

平成29年

その他催物事業(収入)  22.470.528円

Img_4781

例年より、なんと!

約2000万円も収入が増えているぞ~~~~!!!!!!

そこで、原因を調べてみた。

すると、例年に無い会場費、ホテル費の支出 1.909.900円の支出が確認されたのだ。

Img_4782

政治資金規正法によれば、(規制の対象)

特定パーティー開催団体(政治団体以外の者が特定パーティー(政治資金資金パーティーのうち収入の金額が1000万円以上のもの)になると見込まれる政治資金パーティーを開催する場合には、当該政治団体以外の者を政治団体とみなして政治資金規正法の一部が適用される。)

とあります。

要は、収入が1000万円を超えるパーティーを開催した場合は、政治資金パーティーとみなされ、個別に事業支出と収入を明記し、20万円を超える支払い者は金額と名前(もしくは企業名)を記載しなければならないのです。

この事業はいったい何だったのか?

会場費、ホテル費をホテルに直接支払ったのではなく、㈱国際ツーリストビューローという代理店に支払っているので分かりにくいのですが、平成29年7月30日に開催された「共産党の穀田恵二国対委員長の在職20周年祝賀会」(京都ロイヤルホテル)の事業のようです。

では、出席者はいったいいくら支出したのでしょうか?特定パーティー扱いしていないので、このパーティーでいくら収入があったのか記載れていません。

例えば出席者の安住淳議員は、パーティー券購入の欄に支出として15.000円を計上しています。

Img_4788

政治家の特定パーティー券購入の支出の欄に記載されています。

なんと!辻元清美の事務所では民主党大阪代10区総支部(代表者 平野博文)の政党支部でお支払いらしい。

ここにはちゃんと、政治資金パーティーの支出として明記されています。

 

Img_4790

以上のように、1000万円以上の売り上げがあったパーティーという事。支払った側が政治資金パーティーだと認識して支払っていたいた事が確認できました。誰が見ても、特定パーティーになるのに、収支報告書にはその他の事業として一括りにして記載しているという事です。

これ政治資金規正法違反ですね。

それにしても、共産党もとうとう政治資金パーティーをし始めたぞ~~~~!!!!!!!

という驚き。赤旗と個人献金と個人献金の寄付控除で献金を稼いできただけでは、物足りなくなってきたのか!

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »