« 出ている金と入っている金が違う!と片山大臣に訂正させて攻めまくってるいる野党議員へ、小西洋之の場合はどうなんだ! | トップページ | 希望の党から出馬した奈良1区の馬淵澄夫は共産党の票が欲しくて堪らないのかね?政治資金規正法違反している人は共産党だって応援できないでしょう! »

【徴用工問題】共産党に選挙協力してもらう野党(立憲、国民)の議員は、共産党の意見に逆らえない。

来年の参議院選挙で「相互推薦、支援」を訴えている共産党

徴用工問題で、韓国側の弁護士と面会し、解決済みの問題を蒸し返そうとしている事に同調し、また「謝罪と金」をほのめかしている。
↓(2018,11月12日)
共産・志位委員長、元徴用工側弁護士と面会

共産党の志位和夫委員長は12日午後、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の確定判決を受けて来日した原告の弁護士らと国会内で面会した。志位氏は「両国間の請求権の問題が解決されたことは個人の請求権の消滅を意味しない。これは日本政府立場でもある。その一致点を大事にして前向きの解決ができるのではないか」と語った。

林宰成弁護士は「被害者の尊厳に触れていただき、ありがたく思う」と応じた。12日午前に東京都千代田区の新日鉄住金本社を訪問、面会要求を拒否されたことに関しては「話し合いにも応じないというのは理解できない」と非難した。
この両国間の請求権の問題が解決されたことは個人の請求権の消滅を意味しない。これは日本政府の立場でもある。」という志位の発言がまた韓国人の難癖、タカリ根性を助長し、誤ったメッセージを相手に送る事になっている。
韓国人弁護士らは、この志位の発言に感謝をし、今後さらなる期待を寄せる事になってしまうのだ。
誤ったメッセージの発信は更なる障壁を作り出すのだが、共産党は政府が困る事は何でもやる政党だ。共産党内部で志位を批判する者はいない。党内で言論の自由もない共産党内では審議し討論する事などありえない。志位が18年間もの長い間委員長を務めていることからも、その独裁制がお分かりだろう。
*日韓請求権協定(1965年)についてご説明すると、
日本は経済協力方式で無償資金3億ドル、有償資金(低利融資)2億ドルを提供し、「完全かつ最終的に解決したことを確認した」と、日韓請求権協定第2条に明記されている。
また、李承晩政権は1951年に「対日請求要綱」(8項目)という補償金や請求権のリストを提出し、そこには「徴用工」の未払い賃金と補償が含まれ、議事録には「対日請求要綱に関しては、いかなる主張もなしえないこととなることが確認された」と明記されている。
日本側は交渉の当初、徴用工には個別に支払うと言っていたのに、韓国側が「金額を全部合わせて韓国政府に支払って欲しい」と言ってきて、韓国政府が一括してお金を受け取り、未払い賃金を支払い、補償を行う事。となった。
Photo_2 (写真は産経新聞より)
それを、共産党の志位委員長は「(個人の)請求権は存在する」という事で、「前向きの解決が出来るのではないか。」と日本政府もその解決に協力するような意見を発信してしまったのだ。
しかも、共産党は終戦直後。朝鮮に帰還していく労働者の未払い賃金を企業側に請求させてそのカネをピンハネしてい事も明らかになってきた。
☆朝鮮総連・金賛汀 著
最大の財源になったのは帰還していく強制労働者の未払賃金等。雇用していた日本企業に請求。かなりの金額を徴収しほとんどは強制連行者の手には渡らず総連の活動資金に回された。日本共産党再建資金としても使用
なんと!共産党は朝鮮総連と手を組んで労働者の味方のふりをし、日本企業から未払い賃金と補償金を支払わせ、労働者たちにはほとんど返さず、自分たちがそのカネを流用していた。
驚くべきことだ。
↑↑↑↑
↑↑↑↑
↑↑↑↑
その共産党と手を組み選挙協力し、共産党の票を貰い、あてにして、当選しようと試みる集団がいる。
参院選野党6党1人区1本化。
2018.12.4産経新聞より
平成28年の参院選では、当時の民進、共産など4野党が全ての1人区で候補者一本化を実現した。

 次期参院選では、立憲民主、国民民主、共産など6党派が候補者調整を行う方針を共有し、28年参院選の再現を狙う。11月28日には、過去2回の国政選挙で野党共闘を後押しした「市民連合」が東京都内で開いたシンポジウムに6党派の幹事長・書記局長が顔をそろえ、連携を確認した。

*共産党はこのシンポジウムで
元民進党の大串博志が佐賀選挙区を例に挙げて
「候補の影も形もない県が山ほどある」と発言した事について
(野党共闘となれば共産党の票はただで入る。安いもんだ。と)
勘違いされては共産党の存在価値(ありがたみ)が下がってしまう。
そこで、
共産党小池晃書記長は「佐賀も含めて共産党は候補者を立てている。影も形もないわけではない!」
と、共産党以外の野党候補が出ていない選挙区での協力はちゃんと共産党候補が既にいるのだから、お前らはちゃんと共産党に票を回せ!と釘をさしているだ。
既に、共産党が票を回してやるぞ!と圧力を強め、共産党の影響力を誇示している選挙区がある。
現職がいる3選挙区(新潟、長野、沖縄)と三重、熊本、大分だ。
これらの県の参議院選挙(現職を含む)候補者は共産党に頭が上がらない。
共産党の方針に反対意見を述べる事は出来ず、選挙で票をもらうために、束縛され、呪縛の足かせを強いられるのだ。
【徴用工問題】で貴方は日本政府や日本企業が未払い賃金と補償金を支払わなければいけない!協力しなくてはいけない!個人補償の存在があるので日本も哀れんでやりましょう!
などと、思いますか?
既に解決済みの問題をほじくり返して、日本に謝罪と金を要請してくる国、韓国。日本が存在している限りは日本に謝罪させ続ける韓国人。それに同調し、つけ上がらせる共産党。
その共産党の協力をもらい選挙で票をもらえば、言いたいことも言えなくなる立憲や国民民主党の野党連合議員達。
共産党は毒リンゴを齧らせて、野党共闘が出来上がれば、日本国を毒殺する恐怖の集団だ。。
以前、「ちょっと待て!その無所属は『民主党』 ?!」
というフレーズが流行りましたが、今では、
「ちょっとまて!
その立憲は、
『共産党』!!!!!」
お気を付けください!

|

« 出ている金と入っている金が違う!と片山大臣に訂正させて攻めまくってるいる野党議員へ、小西洋之の場合はどうなんだ! | トップページ | 希望の党から出馬した奈良1区の馬淵澄夫は共産党の票が欲しくて堪らないのかね?政治資金規正法違反している人は共産党だって応援できないでしょう! »

コメント

徴用工…ネコババ政党

投稿: 特定勢力 | 2018年12月 6日 (木) 14時06分

特定勢力さん、コメントありがとうございます。元民進党は政党助成金からなる政党の金を選挙前に各議員に山分けしてもらい、それぞれの政党総支部から個人の政治団体に資金移動してから離党していますから、これも政党マネーロンダリングですね。ネコババと一緒ですから、共産党と併せて野党連合はネコババ議員の巣みたいな組織となります。しかし、労働者の未払い賃金をネコババとは共産党の何処が弱者の味方のでしょうかね。

投稿: 筆者 | 2018年12月 6日 (木) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213673/74722924

この記事へのトラックバック一覧です: 【徴用工問題】共産党に選挙協力してもらう野党(立憲、国民)の議員は、共産党の意見に逆らえない。:

« 出ている金と入っている金が違う!と片山大臣に訂正させて攻めまくってるいる野党議員へ、小西洋之の場合はどうなんだ! | トップページ | 希望の党から出馬した奈良1区の馬淵澄夫は共産党の票が欲しくて堪らないのかね?政治資金規正法違反している人は共産党だって応援できないでしょう! »