« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

TBSあさチャン。昨日に引き続き災害のど素人龍崎孝が災害前に自衛隊を出動させろ!と安倍政権に連日イチャモンをつける。アホです。

2018.7.12 TBS あさチャン 7時10分ころ

昨日は時系列を誤魔化して視聴者を騙して安倍政権を批判していたかと思えば、今日は防災のど素人ぶりを露呈して安倍政権を自分なりの解釈で批判している。
がしかし、その内容はお粗末。
そもそも、安倍総理は官房副長官ー自民党幹事長ー幹事長代理ー官房長官―総理大臣ーそして、東日本大震災の時は選挙区以外の代議士で誰よりも被災地に入り支援をしていたいわば災害対応の玄人(クロウト)なのだ。ヘリコプターからの映像見てコメントしたり、ちょっとした現地リポートした程度のメディアの記者ごとぎが安倍総理の災害対応を批判しようとしてもイチャモンにすらなっていない。龍崎は地方自治体が出す避難勧告と救援活動の自治体と国、自衛隊の役割など全く理解できていない事がよ~くわかる。
それでは、ど素人のコメンテーター流通経済大学の龍崎孝の安倍批判をお読みください。
総理の会見のビデオ
安倍総理
政府として一丸となって発災以来全力で取り組んでまいりました。
現場の声を吸い上げ、国が自治体と一体となって対応していく考えであります。
夏目三久
龍崎さん、安倍総理は対応に問題は無かったという認識ですが、どうなんでしょうか?
*この質問、夏目氏は安倍総理が会見で言ってもなかった「対応に問題はなかったという認識」という話を急に龍崎孝に対して振っているのですね。
無理やりの質問を作って龍崎に振るというよりは、龍崎が夏目に振らせてるのですよ。言ってもいない事に対してね。
Tbs
(文字おこしに戻る)
龍崎
どこかに問題があったから多くの方が無くなった。なぜそうお考えにならないのかなと、これを聞いて私は思いました。
*「どこに問題があったか?」とか今回の災害の問題点など、総理の会見で聞かれてもいないし、そんなやり取りは全く無かったのに、これ(会見)を聞いて「私はどこかに問題があったから多くの方が無くなったと(総理は)お考えにならないのかな」というのは無理スジ。イチャモンを吹っ掛けようとしている前口実だという事がバレバレ。
(文字おこしに戻る)
龍崎
発災以来と総理は表現されましたけれども、発災前にやる事があったのではないかという事なんですね。
ちょっとこちらを見ていただきたいんですけど、<「行政には出来ない政治の役割がある」と書いている1枚のプラカードを出して>私は政治はですね、「行政には出来ない政治の役割がある」、とこういう風に思うんですね。
行政というのはですね、どうしても慎重です。前例主義であり、予算主義であり、今までにない事はやりにくい、まあこういった行政特有の持つですね、特徴が、例えば避難勧告、こういったものをですね、出すのが慎重になる。
混乱を招かないようにしたい。まあこういう事になってしまうのではないか、という事ですね。
こういった行政の姿勢を後押しして、そして叱咤する。予想してもっと早めにやるべき事はやれ、と。
大いに言えるのは政治だけではないかと思うわけですね。
まあ、この場合についてもですね。もっと早めに避難勧告をする場合によっては、発災前、災害が起きる前に自衛隊を派遣する。自衛隊が動いたってことになれば、何かあるかもしれない、みんな緊張して行動を起こし始める。まあ、そういう事をですね、促すのが政治の役割ではないかと私は思うわけですね。
*これがど素人流通経済大学で教鞭をとる龍崎孝先生の自衛隊の災害時での使い方です。地方行政大混乱、指示系統がメチャクチャになるだろうね。
(文字おこしに戻る)
龍崎
そういう意味では、今回の安倍政権の対応というのは、やはり私としては、どこか欠感があったのではないか、その結果として多くの命を失うことになったのではないか、
政治は先ず、そういう風に自分たちのやってきた事を考えるべきだと私は思いますね。
                                            (終)
スタジオではこれに対して意見や反論もなく、ただ龍崎氏が喋っておしまい。
皆さんは、どう思われましたか?
自治体が出す避難勧告で避難しない人に対して自衛隊を出動させて緊張させればみんな緊張して避難するんですと!
広範囲の他府県にわたる大雨の中、どこで災害が起こるか分からない状況で、自衛隊を派遣させてもしも本当に被災している現場に急行する部隊がいなかったらどうすのでしょうか?自衛隊は何百万人もいる状態ではありませんし、例えば、岡山に限らず、愛媛、広島、兵庫、大分、など広範囲の被災が予想される中、自衛隊の派遣の要請を自治体から受けた時、避難勧告の為にヘリコプター飛ばしていて、実際の救援に間に合わなかつたらどうするのでしょうかね?
ど素人のコメンターター龍崎氏が自治体の役割と国の役割を知りもせず、
行政(避難勧告の場合は地方自治体なので役場の職員らの事)が及び腰で避難勧告を出したがらないから、政治が主導して出してやらなければならないと平気で全国ネットのテレビで言いはなってますが、地方自治体の首長や市会議員や県会議員らに言ってるのならまだ分かりますが、それで安倍政権が悪いように話を組み立てていますね。
現場に1番近い役場が現場を1番知る立場にあり、その要請を受けて緊急発進する体制を自衛隊(国)はとっている。
被災の問題点を指摘するなら、民主党がやった「公共工事の削減」「スーパー堤防はスーパー無駄」など、防災に対する危機意識の欠乏でしょう!
地域の防災計画の練り直しも必要でしょう、そしてその工事にかかる迅速さ、予算の確保など様々な今後の反省点を挙げるべきなのです。
が、何でもかんでも安倍政権批判に結びつけようと毎日連日公共の電波使ってやろうとしてるから、だ~れも見向きもしなくなるのです。
龍崎が言ってる事はいつも同じ。
悪い事は何でも安倍政権に結び付けて印象操作を繰り返す。政権憎しの活動家。
これもネットでお馴染みのKAZUYAが言ってる「晋三病」なのでしょうね。
Kazuya 週刊新潮 2018.7.19号より
首相官邸ホームページ
記者会見のやり取りは官邸のホームページで見る事が出来ます。龍崎が言う災害の問題点などの質問は全くありません。
安倍総理は平成30年7月豪雨による被害状況を視察するため岡山県を訪問しました写真等あり
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201807/11okayama.html
被災地に入って懸命に頑張っている総理の事は全く報道せず、大雨の被害者が出たのは安倍総理のせいだと言う龍崎を見て、腹立たしい。
こんな人間を毎日出演させるTBSも狂っているのではないですか?
そして、龍崎教授から学ぶ流通経済大学の学生らが心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSあさチャン。いつものことだけど龍崎孝が視聴者を騙す印象操作を実行。

2018.7.11 TBS あさチャン 7時05分ころ

龍崎が気付かれないように視聴者を騙すコメントを発信。
7月5日のまだ豪雨被害が発生していなかった時に、議員宿舎で議員だけの食事会に総理らが出席していた事に対して、
Tbs
龍崎
「安倍総理のみならず政権の幹部がずらりといるわけですね。例えば岸田政調会長ですとか、竹下総務会長。自民党の立場から政府の動きをしっかり監視をし、そして何をするべ
きかを助言していく、こういう重大な役割があります。小野寺さんについては、自衛隊の緊急的な出動に対しての備えが必要だったでしょうし、なによりこの写真をインターネツトにあ
げた西村官房副長官は防災担当の責任をずっとおっていたわけですね。果たしてこういう方々がですね、この酒を飲みながら被災者の事をどう考えていたのかっていう事を考えますとですね
まさに、責任感の無さに呆れるばかりだと、、、」
これぞ、視聴者を騙すテクニックです。
75 (7月5日夜議員宿舎)
この食事会の時点は7月5日(木)です。
(この番組あさチャンを放送している今日は7月11日です、7日(土)、8日(日)、10日(月)の被災地の状況をテレビ画面で嫌になるほど見た視聴者に投げかけているのですが、)
この5日の時点で、被災地はまだ無いのです。
お酒を飲んでいる時すでに被災者がいて、その人たちの事をどう思っているのか!責任感が無い!
なんて、印象操作をしていますね。
こうやって、毎日印象操作を続けるTBS.信用してはいけません。テレビは騙す。
今日も朝から視聴者騙して有頂天。情報弱者にはご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞はどうあっても日本が悪でなければ気がおさまらないらしい。

週刊新潮 18.7.12  高山正之の連載

変見自在  吉野デマ作造
南方軍航空輸送隊操縦士森和人は昭和20年8月6日、バタビアからスカルノとハッタを乗せて仏印ダラトに飛んだ。
スカルノは静養中の寺内寿一と会談することになっていた。
日本側に制空権はなかった。安全を期して敵機の影が薄い薄暮と未明を選んで2日かけてダラトに入った。
寺内はスカルノの独立を認めてその繁栄を祝した。
8月10日、森は同じ航路でバタビアに戻った。スカルノは「我が国の独立記念に」とシェーファーの万年筆を森にくれた。
そして終戦。
森はサイゴンの南カブサンジャックの収容所に入れられた。
ベトナム人は人懐こかった。森が地引網の作り方を教え、彼らは獲れた魚をいつも夕餉(ゆうげ)には届けに来た。
帰還船が来ると村人は1杯果物を持ってきた。
セレベス島では引き揚げる日本兵を村人が日本の軍歌を歌って見送った。
この前、海軍落下傘部隊が降りたメナドを訪ねた時老婆がきて「海ゆかば」を歌ってくれた。見送ったときと同じ歌だと言った。
負けた日本軍に外地の人は親切だったが、例外はある。朝鮮半島だ。
北の羅南にいた11歳のヨーコ カワシマ ワトキンズ は日本の負けが伝わると人々の態度が急変したのを見た。
日本人の家が荒らされ「日本人をやれ」と徘徊する足音が聞こえた。
赤十字の帰省列車にやっと乗り込めたのに、十字のマークを無視した米軍機に掃射され列車は止まった。
あとは徒歩。落ちゆく引き揚げ者を朝鮮人の群れが襲って金目のものを奪い、女は犯し、男は殺した。
酸鼻(さんび)の現場を踏み越えてきたヨーコはそれを「竹林はるか遠く」にまとめた。
今、米国の中学生の副読本に指定されている。
故国に戻った女性が博多港で麻酔なしの中絶手術を受けるさまが上坪隆「水子の譜(うた)」にある。
犯したのは大方が朝鮮人。「鮮人強姦者はソ連兵の4倍」とある。
朝鮮人と支那人が共同で引き揚げ日本人を襲った吉林省、通化の事件は言葉を失う。
中でも八路軍は酷い。
零下20度の酷寒の下、裸足に寝間着姿のまま家々から引きずり出して15キロの道を歩かせ、倒れた者はその場で射殺した。
無警察状態になると即座に略奪暴行に走る彼らの姿をニューヨークタイムズの(日本人が嫌いな)ニコラスクリストフが阪神大震災の折りに目撃している。
彼は「人の本性は略奪と強姦」と信じている。非キリスト教徒の日本人はなおさらと思って大震災の現場で日本人の略奪を探した。
たった1件、パン屋の主が見ている前で商品をあさる一団を見つけた。
彼らが去ったあと主に「悪い日本人」を確認したら「ちゃうちゃう。あっちの連中や」と言った。
彼はこの話を16年後の東日本大震災のルポの中で初めて明かした。日本人とあっちの連中は違うと。
先日の大阪地震を受けて朝日新聞が「ヘイトデマを許さない」といった趣旨の社説を載せた。
ツイッターなどでSNSを通して「在日外国人が犯罪に走るから気をつけろ」など「根拠のない情報が広がった」と指摘する。
クリストフが認めるように決して根拠はなくはないように思うが、それはおいて社説はさらに「関東大震災ではデマを信じた民衆が大勢の朝鮮人を虐殺した史実を忘れてはならない」と偉そうに説教する。
それはどうか。だいたい朝日の言う虐殺された犠牲者数は史実と一桁違う。それだけで立派なデマだ。
加藤康男の著作にあるようにあのとき本性を現して略奪殺人に走った朝鮮人が多数捕まっている。
朝鮮人大虐殺は「吉野作造のデマ」と見るべきだろう。
社説は「虚偽の情報(デマ)を流す行為は許されない」と書き出している。
その通りだ、いい例が慰安婦強制連行だ。朝日は虚偽情報を飽きるほど流した。
毒ガス写真もサンゴ礁落書きもみな虚偽の情報だった。
デマばかり流してきた新聞が偉そうにデマを論じたりして、恥じない心根がいやだ。
                                               (終)
兎に角日本人に贖罪意識を埋め込もうとする朝日新聞はデマを平気で書き広めようとします。
朝日新聞に気を付けるのはもちろんですですが、1番怖いのは朝日新聞を読んでいる読者たちです。
デマを信じて国益を平気で亡くします。
本当に気を付けてください。
朝日新聞を読んでるやつらに、、、、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭恵夫人が神風を吹かせたという嘘を印象操作する後藤謙次。

平成30年5月30日報道ステーション

後藤謙次
「今日公表された資料の要旨を読みましたが、(夫人付き職員の)谷さんが出てきてから急に事態が進んでいる。籠池さんが『神風が吹いた』と言ってましたが、まさにこの時期に重なっている」
このコメントって資料を読んだことのない視聴者に嘘をついて騙しています
実際は、谷さんが登場するはるか前から、近畿財務局の職員が足しげく大阪府庁を訪ねて、認可の進み具わいについて確認している。近畿財務局が1つの個別案件で大阪府庁にわざわざ訪れる事など普通ではあり得ない事をやってる。
後藤謙次はその事を知っているのにも関わらず、その事には言及せず、あたかも安倍夫人の付き人の問い合わせがあったから土地売却が進んだように思わせようと視聴者を騙しているです。
このようなコメントを1度してしまうと、もう後には引けず、疑惑でないものを疑惑っぽく世論誘導しなくてはならなくなる。ジャーナリストととして、間違ったコメントをしても間違っていたと認める事が出来なるもので、これからも後藤謙次は視聴者を騙そうと必死になる事と思われます。
ちょっと前ですが、朝日新聞が今年3月にこれと同じ手法を使って読者を騙そうとして事があります。
昭恵氏の写真を見せられた近畿財務省が態度を一変させたように記事を今年3月に書いた朝日新聞。の証拠記事がこちら
314
記事の左上の時系列を書いている表には、まるで安倍夫人の写真を見た近畿財務局が急に態度変えて便宜を図ったかのように書いているのがお分かりになると思います。
2013年8月元防災担当相の鴻池参議院議員の秘書が土地購入までの、貸付を受けたいという学園側の要望を財務局に伝える
 9月学園が土地の取得要望書を財務局に提出
としか書いていない。
その次にいきなり
14年4月学園側が要請した国有地の先行貸付を財務局が断る
学園側が財務局との打ち合わせで安倍昭恵氏の存在に言及。昭恵氏一緒に写った写真を提示。(大阪豊中市の小学校予定地で撮影。ノンフィクション作家の菅野完氏提供)
6月財務局が売り払い前提の貸し付けについて協力すると学園側に回答
という風にあたかも安倍昭恵氏の存在が近畿財務局を動かしたぞ~~!と思わせようとしているのが見て取れます。
この記事が読者を騙す記事だったという事が良くわかる産経新聞の記事がこちら
http://www.sankei.com/affairs/news/180326/afr1803260010-n1.html
産経新聞
平成20年3月26日

【森友文書】近畿財務局は「安倍昭恵」名を知る前から森友に国有地売却方針 決済文書改竄

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で、森友学園の籠池泰典前理事長が近畿財務局職員に対し、安倍昭恵首相夫人について言及する7カ月前から、近畿財務局が、売却を前提に森友側に土地を貸し付ける方針を固めていたことが25日、決裁文書の記載から分かった。野党は取引や文書改竄の背景に昭恵氏への「忖度(そんたく)」があったとして、27日の証人喚問で佐川宣寿前国税庁長官を追及する構えだが、その根拠は希薄だ と言わざるを得ない。(沢田大典)

 「時系列を見ると、すべて決まった後に昭恵さんが動いた形になっている。それを見ないで『昭恵さんが…』と言うのは政治が取るべき姿ではない」

 

 自民党の竹下亘総務会長は25日、都内で記者団にこう語った。

 

 近畿財務局の決裁文書などによると、籠池氏は平成256月、小学校新設のため、国土交通省大阪航空局が所有する大阪府豊中市の国有地購入を検討していることを近畿財務局に伝えた。籠池氏は、購入を前提にした貸し付けを希望したが、小学校の認可権を持つ大阪府は、借地での認可に難色を示していた。

 

 近畿財務局は、森友学園に土地を10年間貸し付けるため、2724日と27430日に「特例承認の決裁文書」を作成し、財務省理財局に提出。この中に経緯が詳述されている。

 

 文書には「本件は、平成258月、鴻池祥肇議員(参・自・兵庫)から近畿局への陳情案件」と記載。近畿財務局側25912日に「大阪府私学・大学課に訪問し、今後の連携について要請」251030日に「認可の状況について照会」と記されていた。

 

 一方、鴻池事務所の「陳情整理報告書」とされる別のメモには、2599日付で鴻池事務所が籠池氏に「小学校用地の件、先週、財務局より、78年賃借後の購入でもOKの方向。本省および大阪府と話し合ってくれる」と伝えたと記載していた。

 

 このような経緯を追うと、近畿財務局は、籠池氏や鴻池氏側の意向を受け、土地貸し付けに積極的に協力していたとみられる。

 

 昭恵氏に関する記述は、半年後26428日に近畿財務局側が籠池氏と面談した際の記録として登場する。「安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、夫人からは『いい土地ですから、前に進めてください』とのお言葉をいただいた」という籠池氏の発言を紹介した上で、籠池氏が籠池夫妻と昭恵氏の写真を提示したことが記されていた。

*昭恵夫人が登場する遥か半年前から話がドンドン進んでいくのです。時系列も何もメチャクチャ。

*国民騙して疑惑でも何でも無い事柄をジワジワ騙して疑惑のように見せかけるジャーナリスト達です。

騙されないようにするためには、自分なりに整理して確かめる事が必要です。しかし、普通なかなか個人が整理して記憶しておくことはできません。そこを今の朝日新聞やテレビはつけこんでくるのです。

気をつけましょう!

騙される視聴者にならないように。

テレビの政権批判にはとんでもない嘘を忍ばせている事。

*ご参考↓

 

 近畿財務局は26415日、小学校設置認可前の土地貸し付けを求める森友学園側に対し、「答申前の契約はできない」としていたが、同年62日には「売り払いを前提とした貸し付けについては協力させていただく」と返答していた。

 

 昭恵氏の名が登場するのは、この交渉の最中だったが、近畿財務局は6月以降も大阪府に審査基準を照会するなど働きかけを続けており、昭恵氏の存在を知って方針を急変させた様子はうかがえない

 

 近畿財務局は275森友学園と貸し付け契約を結んだ。昭恵氏が小学校の名誉校長就任したのは同年9、昭恵氏付政府職員が財務省に問い合わせを行ったのは(27年)1011月だが、2つの「特例承認」以降の決裁文書に、昭恵氏に関する記載はなかった。

*お判りいただけましたか?昭恵夫人の存在が森友学園の土地購入に際し影響を与えたわけではない事。

それを後藤謙次らが必死で関連付けようとしている事が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞の信頼度ランキングで朝日新聞堂々の最下位!朝日を読んでるやつらは信頼できない。

Photo

英国オックスフォード大学ロイター.ジャーナリズム研究所が国際的なメディア調査レポートの最新版「デジタルニューレポート 2018」によると、日本の新聞で読者に信頼度が高いのは

1位 日経新聞
2位 地方新聞
3位 読売新聞
4位 産経新聞
5位 毎日新聞
6位 朝日新聞
日本で1番信頼できないのは朝日新聞という評価となったそうだ。
朝日新聞朝刊部数は
12年には762万部
15年には670万部
18年には590万部
朝日新聞記者の感想
「オックスフォードの調査で産経以下?見てないけど、どうせ朝日嫌いが多いネットの調査だろう」と他人事のような言い方。
朝日OBのジャーナリストの感想
「信頼性が低いというのは政治スタンスの問題では無いく、読者から『事実を書いてない』と認識されているからです。
(中略)
慰安婦報道や吉田調書問題など間違った報道を誤報と認めて謝るのが遅すぎるからです。慰安婦報道では処分者も出していない。新聞への信頼は‟ウソをつかいない”こと。報道が間違いとわかればすぐに謝り、同じ間違いをしない姿勢を示すことだが、今の朝日の幹部にはその認識が薄い」
麻生に凄まれて黙り込む
「安倍晋三記念小学校」報道で、朝日は政府が黒塗りで公表した森友学園の設立趣意書に「安倍晋三記念小学校」の記載があり、だから役所が忖度したのだという籠池証言を報じた。しかし、その後政府が開示した趣意書の学校名には首相の名前はなかった。
麻生氏はテレビカメラの前で得意顔で朝日の記者をつるし上げた。
「この話は極めて簡単で、(総理の名前は)書いてなかったんですよ。だろ?」
朝日新聞記者が小さくなって「はい」と答えると、
「朝日は『書いてある』『書いてある』って煽った口だろ、あんたのとこは」
記者が黙り込むと、凄味を利かせてこう畳み込んだ。
「そうだったじゃねーか。素直に言えや」
この映像が報じられるとネツトには「朝日新聞は謝罪せよ」という書き込みがあふれた。
安倍首相も
(中略)
「裏取りをしない記事は、記事とはいえない。そういうかたちで疑惑は広がっていく」
(これらの)感想をメディア法に詳しい学者に語らせている内容が(以下)↓
中略
「新聞を読んでも無駄」という意識が高まる。麻生氏の「自民党支持者は新聞を読まなくていい」という論理が説得力を持つ。
(以下略)
とまで言われる始末だ。
朝日新聞を読んでる読者を見かけたら、
信頼度が最下位の新聞読んでる人なのか~~~~!!!!!
と憐れんであげよう。
他に新聞が沢山あるので、より信頼度の高い新聞を読むことをお勧めいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »