« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

若狭勝という元特捜副本部長。決めつけて有罪にしようとする特捜検事のやり方を露呈。

冤罪はこうやって作られる

 

ABEMA TV NEWS のネット番組で若狭勝がとんでもない決めつけ有罪判決を下している。検事の自己陶酔、思い込みで有罪にされてしまった被疑者が今までに何人いたことだろうか?

と疑いたくなる。

平成29年12月17日https://www.youtube.com/watch?v=yCWNPKXqxPQ

 

 

千原ジュニアが司会進行する番組で以下のように発言した。

 

 

若狭勝

加計学園問題は、私は特捜部の検事をやっていたので99パーセント安倍総理がやはり不正な事をやっていると、私は確信しているんですよ。

ですから説明責任というか国会においてもきちんと説明できない。

で、どこがおかしいかと時間があればいいますけれど、まぁ、兎にも角にも、やはり問題があることをやっておきながら、きちんと説明もしないで逃げまくってると、、、

こういうことをトップリーダーがやっているという、日本全体の政治に関して非常に暗い、あの~やっぱり問題をこれから投げかけていくことになりかねない。

 

(中略)

 

若狭勝

要するに加計学園問の本質、1番の問題点は何かと言うと国会で今問題にされていることではないんですよ、実は。

実はですねぇ、獣医学部を今治市に開設、開業する時期の問題があって、当初は再来年の4月に開業する事になっていたんです。それを1年前倒しにして来年の4月に開業、開設するということにしたんですが、これが1年前倒しすることによっていわゆるその加計学園の資金繰りが非常に良くなるんです。

1年前に入学金は入ってくるし、授業料が入ってくる、補助金は入ってくる。で、しかもあんだけ建物を建ててるんで、建設代金はもう早々に支払わなきゃいけない。で、1年前倒しにするかどうかというのは大きな違いがあるんです。

で、その1年前倒しにしたことは正式の会議で決まってる訳じゃないんですよ。アンダーで決まっているんです。で、アンダーで誰が決めているかというと、安倍総理と加計孝太郎さんが2人で決めている可能性が高いんですよ。

ここが1番の問題なんですよ。

要するに、しかも1年前倒しにすることによってライバルだった京都産業大学というのが、もうこれはとても1年前倒しにされたら自分たちがそういう学校を建てるのは難しいという事でドロップしたんです。

ですから、ライバルはけり落とす、加計学園の資金繰りはすこぶる良くなる。

これを2人(指でジェスチャー)で決めてる可能性があると。

ここが1番の問題なんです。

この辺は国会ではあんまり議論されてない。これは野党が質問能力が無い。

相手の土俵に立って相手が作った土俵の上で相撲をとってるからダメなんですよ。

この、攻めるときにはですねぇ、相手の土俵に乗っちゃだめなんです。違った観点で攻めなきゃいけない。だから1年前倒しというところをとことん突く必要があるんですよ。

 

*あまりにも勝手な思い込みに対して足立康史議員が突っ込みをいれる。

足立康史

でもね、加計学園は10年以上やってきているわけですよ。京産大は1年なんですよね、検討してるのが。だから10年やってきたところが先に進んでいるのが当たり前で、今若狭さんが仰った事はなんか言いがかりも甚だしい。

 

 

若狭勝

そんなことない。これは特捜部の検事としての感覚なんですけど、こういう1年前倒しっていうのが、、、、、

 

足立康史

特捜部の検事なんて間違ってますよ、、、

 

若狭勝

間違ってない。見方は間違ってない。

すくなくとも京都産業大学、今の話ですよ、あの加計学園と京都産業大学の獣医学部に関しての研究っていうのは京都産業大学の方がよっぽどあるんですよ、基本的に。

ですから(バカにしたような言い方で)10年前から研究しているとか何とか言ったって、そんなのはとってつけた話なんですよ。

 

(中略)

足立康史

岩盤規制に穴をあけるっていうのはそりゃ~のろのろしてたらまた邪魔が入ってきますから、これね、結局岩盤とドリルの戦いだから、、

 

若狭勝

(バカにしたように右手を左右に振りながら)全然違うんです。

 

足立康史

で、で、東(東国原)さんも言ってたけど、安倍さんは飯食ったりとか、一緒にゴルフしたりした。それは脇甘いと僕思いますよ。

だけど、岩盤側だって100万円貰ってるんですよ。お金貰ってる人が、あんた飯食っただろう!と言って非難しているという構図自体がね、僕はナンセンス。だからこんなに来年はもうモリカケはやらなくていいと僕は思う。まだやりますか?(若狭勝を指さして)

 

ジュニア

来年は足立さんもうやらなくていい?

 

足立康史

いや僕はもうやらなくていいと思いますね。

 

東国原

証拠があがらないし、これ以上進展がない時間が(足立氏、勿体ない)残念ながら、、、

 

ジュニア

若狭さんはどう思われますか来年。

 

若狭勝

あの長妻さんにこないだこの話をしましたら、長妻さんは、今立憲民主党の長妻さんね、これはいいですねぇ、と言ってましたよ。この視点ね。

 

ジュニア

そこを突きましょうと。

 

若狭勝

ただまぁ、確かに証拠が無いのは確かなんで、状況証拠でもいいんですけど、それをうまく、こうやって浮き彫りにしていけば、まぁ、結構いいところの攻めどころにはなると思います。

 

落選した元特捜副本部長の若狭勝氏。

これだけ堂々とかっこつけて安倍総理が有罪だと言い張るのに、自分は決して動こうとしない。

長妻議員にさせよう!とか、腐ってます。

これだけ堂々と批判をするのなら、弁護士なんだからご自分が状況証拠でも何でも並べて安倍首相を訴えればいいだけの話。

自分が失敗するのが怖くて怖くて他人にやらせる卑怯者。

やりたいけれど失敗が怖い。弱虫の典型です。

これじゃ信奉者は出来ませんな。希望の党の立ち上げのときも口車に乗せられて、供託金から選挙資金まで出させておいて、尻ぬぐいする前に逃げ出した男です。

仮にも若狭氏は議員経験者。希望の党に命をかけてでも自分が出馬させて落選した候補者には選挙資金と供託金の負担くらいは絶対させようと努力するものだ。が、彼は逃げ出した。

こんな人には票を入れませんよね。

落選。有権者は正しかったね。

「私は特捜部の検事をやっていた」とか

「これは特捜部の検事としての感覚なんです」とか

昔の肩書にしがみついている元議員。

議員の世界ではそんなもの役に立たない事が良く分かったかな~?

わからないだろうな~~~。

自分の憶測のみで有罪にしようとするなんて、これじゃあ、郷原以下だな。

本部長になれなかった理由がよくわかるね。

因みに、

郷原氏も自身のツイッターで既に若狭氏を小ばかにしてました。

 

若狭「特捜で自民党政治の奥深い所を25年見てきた」???検事同期として、現職時代の彼を知っているが、「自民党政治の奥深いところ」など何も見ていない。特捜の看板の下で、マスコミが報じた疑惑や「妄想」に基づいて、後輩部下に無茶な取調べで「ストーリー通りの調書」をとらせようとしていただけ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ朝日。朝日新聞のテレビ版。フェイクニュースを垂れ流した引っ込みがつかないようだ。真摯に説明し、謝罪してほしいですね。

2017,11.30の報道ステーションで後藤謙次が、衆議院予算員会のコメントでまたまたフェイクコメント。

情報弱者のテレビしか見ないお年寄りを騙そうと必死ですね~テレビ朝日。

 

「森友、加計事件」

朝日新聞による

戦後最大級の報道犯罪

小川栄太郎箸 を読まれた方々は既に朝日新聞がどれだけ国民を騙してきたのかが、お分かりの事と思いますが。昨日の報道ステーションではこりもせず、未だに証明できない事(忖度があったかどうか)を追及できていない!  まだまだ変だ~!と視聴者に思わせようと努力している。

自分らの都合のいい所をカットして編集して視聴者の見せた後のコメント。

後藤謙次

もともとこの森友問題がこれだけ大きくなったのは、安倍総理夫人の昭恵さんが、一時的にせよ小学校設立の名誉校長にいた、と、その為に忖度が働いて、行政が歪められたのではないか。ここに核心があったのですけども、それについては安倍総理は、いっさい関係がないという事でこの問題については再調査はしない。

だけど将来については処分のしかたについて考えるという。  今、我々が求めているのは、この問題の現状はどうなんだ!と、そこをはっきりしてもらいたい。

そこが基本だったんですが、安倍総理がずっと言い続けてきた真摯な説明とは相当程遠い看板倒れと言っていいと思いますね。

昨日の予算員会で総理の対応のどこが真摯に説明していないのか?その指摘もせずに自分らが勝手に作り出してテーマーにした「忖度」を核心だ、とまで言っているのだ。

与党の質問でも財務省の失敗や国有財産の売買にかかわる文書保存の取り組みなどや、今後2度とこのような疑念が持たれないよう努力するなどの答弁を引き出している。

後藤が言っているのは、安倍首相を悪者に出来ない事への苛立ちのようにしか聞こえない。

兼ねてから、朝日新聞を筆頭にテレビ局では特にテレビ朝日は安倍首相への忖度があったかどうか?という質問を政府や総理に質問をぶつけてきた。

当初は口利きがあったのではないか?と期待していたようだが、全く無かったことが明らかになって、次に「忖度」なんて言葉を使いだした。

過去何度も役人に忖度させてきた元民進党の福山哲郎を使って「忖度問題」にすり替えたのだ。が、忖度があったのかどうかなど、安倍首相が知るわけが無い事。

安倍首相夫人に近づき、忖度させようと財務局を脅していたのはまぎれもなく籠池本人だった事。

しかし、財務局がそんな忖度で値引きしたのではなく、ゴミについての瑕疵をつかれ早く売却したかった事。

その忖度を強要した張本人、籠池が嘘をついて、「神風が吹いた」などと驚いてみせられ、いつもテレビドラマで、政治家と見れば何となく利権と結びついた悪人だと吹き込まれている行政を知らない視聴者に疑いを抱かせようと材料を駆使している事。

すべて今に至ってはバレている。

小川榮太郎氏の本を読めば明瞭だ。

悪いマスコミがこれだけのさばって権力を持ってきたの何故なのだろうか?

それは1つには新聞社とテレビ会社の系列持ち株の体制。新聞業界低迷でマスコミ存続のための互助会的業界暗黙の共存を目論む忖度。戦後最大の既得権益保護。などが1番の原因ではないか?

アメリカのように、主義主張は自由で左や右に偏っても自由。しかし、視聴率が落ちてCMを出さないスポンサーが出てくると、次の電波オークションで電波の落札が困難になる。という制度。電波オークション制度の導入が待たれるところだ。

このテレビ局は左の意見言うのは当然だ。とか、このテレビ局で右の意見を聞いて勉強しようとか、視聴者が選択できる制度。だから、テレビ局同士が言い合いや見解の相違を堂々と報道する。

あくまでも視聴者は考え自分たちで選ぶことができる。

放送法4条の政治的公平などいらなくなるのだ。

皆さん!電波オークション制度導入!ご賛同よろしくお願いいたします!

 

最後に、本日またまた、朝日新聞の国民騙しが明白になりましたので以下に書き加えます。

和田政宗議員が、また朝日新聞のフェイク報道を指摘しています。

(2017.12.1)

朝日新聞がまた印象操作的報道を行った。

正確な報道がなぜできないのか。

もう意図的にやっていると断じざるを得ないのではないか。

朝日新聞は今日の朝刊で
「価格調整追及、新たなメモ  森友国会」との見出し、
記事本文中でも
「野党側は30日、新たなメモも示して追及」と記しているが、
このメモはテレビ朝日がすでに8月に報道しているもの。
(http://news.tv-asahi.co.jp/…/news_e…/articles/000106957.html)

質問した議員はパネルで、メモはANN(テレビ朝日)のニュース画面をそのまま転載したものと明示しANNのロゴも入っていたが、
朝日新聞は
「傍らのパネルには、スケッチブックに手書きされたメモの写真」と、
すでに報じられているものであることに全く触れず、さも今回新たに発掘された資料のように報じている。

こう指摘されると朝日は「国会審議では初めて出たメモ」と反論するのかもしれないが、この記事からそう思う人がどれだけいるだろうか。

朝日で記事の編集権を持つ人物は、こうした報道は情けないと思わないのだろうか。

朝日においても現場で正確な報道に努めようと頑張っている記者がいる。

こんな報道ではそうした記者達が本当に可哀想だ。

朝日新聞はこのような印象操作的報道を今年になって特に重ねてきた。

もう再生は不可能なのだろうか。

http://digital.asahi.com/sp/articles/DA3S13253422.html

 
 
 
 
 国と森友学園側が売却価格を調整していたのではないか――。深まったのはそんな疑念だった。国有地売却問題が論議された11月27~30日の衆参両院予算委員会。野党側は30日、新たなメモも示して追及したが、...
asahi.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ