« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

朝日新聞、元民進党の落選議員にエールを送るも、選挙違反の証拠を撮影し全国にお伝えする。

朝日新聞が元民進党で希望の党から出馬し落選した「近藤洋介」前議員(山形2区)が落選した翌日の朝からマイクを持って雨の中頑張っているぞ~!と写真を撮って記事にしている。
Photo
落選から一夜明け、雨の中で街頭に立つ近藤洋介=23日朝、山形県米沢市
とわざわざ選挙が終わった翌日にと書き、次の選挙にも米沢市を選挙区として出馬するであろう近藤洋介氏なのだ。
選挙が終わればまたいつ解散になるかわからない衆議院議員。氏名や名称を規制されている平常日に戻った投票日翌日。
選挙中使ったタスキをかけて、個人名のみののぼり旗を立てて、総選挙区のど真ん中で売名行為を行っている証拠写真。
「1度解党した方がよろしい」という近藤氏の言葉を宣伝したかったのかもしれないが、雨の中で街頭に立つという事をザワザワ書いているとこなんか、同情を惹こうという意図が現れている。
しかし、選挙のたすきは選挙運動期間中しか使えない事を知らなかったのか、知ってて知らぬふりをして掛けているのか、選挙が終わって選挙区でこれをやると「公職の候補者の政治活動のためにその氏名やその氏名が類推されるような事項を表示した」という公職選挙法違反となります。
これ断言できます。
選挙区で選挙直後から「公職選挙法違反」をする元民進党の近藤洋介氏。タスキとノボリ。
犯行現場を朝日新聞が綺麗に写真に収めています。
頭のいい候補者の皆さんですから、公選法違反だという事を知っててやっているとしか思えませんね。
記事↓
 

 

希望は「一度解党した方がよろしい」落選の近藤洋介氏

10/23(月) 17:01配信    

    

朝日新聞デジタル

希望は「一度解党した方がよろしい」 落選の近藤洋介氏

落選から一夜明け、雨の中で街頭に立つ近藤洋介氏=23日朝、山形県米沢市

 6選を目指し、希望公認で山形2区に立った近藤洋介氏(52)は22日夜、小選挙区で落選した後、比例復活もできないことが判明し「(希望は)一度、解党した方がよろしい」と語った。

 近藤氏は2003年に旧民主党から立候補し、初当選。以来5期連続で当選を果たしてきた。小選挙区での勝利は09年の1度だけ。民進党県連会長だったが、「安倍1強政治を倒す、この1点で納得した」と希望の公認を受けていた。

 雨の23日朝、地元の山形県米沢市内で演説した近藤氏は、報道陣に対し「(希望の党は)現状だと国民の信任を得ているとは言えない。しっかりと体制を整えないといけないという意味も込め、解党すべきだと言いました」と心の内を明らかにした。

         

朝日新聞社

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歪められた行政が正された!」と証言した加戸前愛媛県知事を隠して疑惑だと書く朝日新聞。投票直前に「赤旗」になる!?見出しを見ればすぐわかる、立民、共産連合への投票誘導!

与党が圧勝したら大変だ!これほど念入りに偏向報道を繰り返し、安倍総理にあたかも疑惑が有るかのように書きまくった努力が水泡と消えそうだ!
これは朝日の危機だ!
必死にもがき苦しんでいる朝日新聞、という名の共産党の機関紙!?
言ってることは全く同じ。
せっかく苦労して疑惑にし立てて、民進党、社民党、共産党が手伝ってくれたのに何故国民は自民党を支持するのか理解できない朝日新聞。既に壊れてしまいました。
まるで赤旗になった朝日新聞。
Photo (読む価値無いので下の記事はいらんでしょう!)
選挙が終わっても、国会は開かれる。質問できなくなるわけでは決してない。
朝日新聞は「加戸かくし」して疑惑だと書き続ければいいだけ。
どうせ朝日新聞の信者しか信用しないのだがね。
それにしても、選挙の終盤に苦し紛れによくまあ、反自民オンリーでデカデカと書けるもんですわ、、、
決めたのですね、赤旗と、路線を完全に共産党と同じにすること。
 
緑のおばさんの発言を多用しているけれど、憲法改正についての緑のおばさんの発言は決して使いません。選挙の世論調査があまりにも酷かったので最近森加計が疑惑だ何だ言い出してくれたので使ってるだけ、そもそも共産党がずっと前から言っている事ばかり。小池や志位の話を持ち出すと赤旗になった事がバレてしまうので、今まで使えませんでした~、、
国民のほとんどの人の常識。朝日新聞は火のない所に火をつけて、「煙喜ぶ朝日新聞」だという事を。
詳細ことごとく反論したいけど、仕事が忙しくて、朝日新聞相手にしている暇がありませんので下記の本を是非ご購入の上、読んでくださいね。
納得の1冊です。
Photo_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口4区の安倍総理の対抗馬が法律違反のツイッター書いても記事にしないダマスゴミ。

山口4区では安倍首相の他、4人の対立候補が出馬している。

 

その中でも、加計学園の獣医学部新設について、1人で考える会を作って、今治の人たちが獣医学新設に反対していると(地元テレビ局の電話調査では8割が賛成していると報道しているのに、、、、、)報道ステーションとニュース23に取り上げてもらって、自分で売名行為をせっせとやらかしている候補者、黒川敦彦という人物がいる。

 

8割が賛成しているという地元テレビ局の調査は報道せず、黒川個人が調査したという電話調査の結果を放映して、地元住民も反対しているかのごとく全国ネットのテレビ局が協力しているという格好だ。

 

 

黒川敦彦が「建設が始まってから市民に説明会やった」と言ってるけど、お前が要求して開催したんだろ。お前が愛媛に来る前から今治市議会や愛媛県議会が誘致構想を説明してるよ。勝手に今治市民の電話調査してるけど、調査母数が変わってる怪しい結果だし、地元テレビ局の調査では8割が賛成でしたよ

Photo_7

クリックすると大きくなります。

あたかも地元が反対しているかのような都合の良い電話調査結果を公表しています。

(500円さんのツイートより)

https://twitter.com/_500yen/status/869930916520443905

黒川氏が個人的に調査したと言って公表した電話調査の結果をTBSやテレビ朝日が喜んで報道していました。

 

 

加計学園獣医学部新設に疑惑を持たせようと必死であるマスゴミにとってはこういう輩が出てくると大喜びで貴重な放送時間を割いて大宣伝してあげるわけだ。

 

 

その黒川氏、

こんな問題も指摘されている。

 

山口4区の黒川敦彦氏「臓器を売ってでも500本はでんわしよう」の犯罪教唆発言が発掘される。

http://twi55.com/zokibaibai20171016/

 

正に猟奇的な法律違反です。

 

今年の4月5日に自信のツイッターで

 

選挙にかかわった友人に、過去の応援に報いるためには、

とりあえず臓器を売ってでも500本はでんわしよう。と言っている。

選挙で受けた応援は、選挙かお金で返そう。それは絶対だ。

出来ない、はない。

出来ないなら、政治家やめた方が良い。

政治っていうのは、医師以上に人の命を背負ってるんです。

できない、はないんです。

臓器売ってでもやりましょう。

自分が死んでも、誰かを助けましょう。

それが政治だし、

自分が生き残ろうと思えばそのくらいしないと、

 

上記のようなツイッターを書いている。

 

これが、政治家になろうとする人の言う事なのか?

臓器の売買は臓器移植法で禁止されているにも関わらず、法律を破って臓器を売れと言う書き込みに驚くのだが、

これは総理大臣の地元の対抗馬の候補が書いたものだ。

 

これがもしも自民党の候補者が書いたものなら、大問題にして公認した責任問題などまくしたてていたことだろう。

 

公正公平でなければならない選挙報道。

真実を教えないマスコミ。ダマスゴミ。

因みに、黒川候補は、安倍総理夫人を取り囲んでやろうと画策した人物でもあるのです。

このツイッターで選挙運動者に恐怖を与えているわけだから、                 Photo公職選挙法第225条 由妨害)にも当てはまる。

しかし、これまたマスゴミは無視して真実を有権者に教えない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15サンデーモーニング選挙真っ最中に殆どのコメンテーターが今の現状を変える為に投票に行こう!と偏った放送。文字おこしした。転載自由です。

2017.10.15TBSサンデーモーニングの偏向報道。
有権者はこれ見ていつものフェイク構成に飽き飽きしているのに、まだ騙せる!若い有権者や、情報弱者の老人達はこの放送で野党に票を投じてくれる!と思い込んで誘導する選挙期間中の番組。

 

問題の箇所を文字おこしします。

 

 

橋谷能理子

 

・衆議院選挙が火曜日に公示され、選挙戦が始まりました。三極の戦いと言われる中、序盤情勢も伝えられました。

 

VTR

 

ナレーション

 

・火曜日、安倍総理の地元に姿を見せた安倍昭恵さん。

 

安倍昭恵夫人

 

・どうか、これからもこのまま主人に仕事をさせていただきますように、この国のために働かせていただきますように。

 

ナレーション

 

・同じ日、安倍総理は自民党総裁として第一声を上げました。

 

安倍晋三(自民党総裁)

 

・この福島からスタートいたします。これが私たちの政権奪還への原点であります。

 

ナレーション

 

・そんな安倍総理に代わって、選挙区の山口4区を回る昭恵さんに、地元有権者からは厳しい声も上がっています。

 

有権者

 

・森友・加計きちんとやらないと駄目でしょ。

 

安倍昭恵夫人

 

・分かりました、はい。

 

ナレーション

 

・他の候補者たちも森友・加計問題で批判を強めています。希望の党の藤田時雄氏は

 

藤田時雄(希望の党候補)

 

・加計学園問題でお友達のみ優遇すると。

 

ナレーション

 

・共産党の西岡広伸氏も。

 

西岡広伸(共産党候補)

 

・安倍総理がそのまま黙認しているというのは絶対許せないと思います。

 

ナレーション

 

・さらに無所属の2人も。

 

黒川敦彦(無所属候補)

 

・特に森友問題、加計問題について説明してほしい。そういう世論があると思うんですけど。

 

郡昭浩(無所属候補)

 

・安倍さんの選挙区で安倍さんを負かすしかない。

 

ナレーション

 

・地元では厳しい批判にさらされていますが、最新の情勢調査で総選挙は自民党優勢との結果が出始めています。

 

・木曜日に発表された共同通信の序盤の情勢調査で自民党が単独過半数の233議席を大きく上回る可能性があることが分かりました。公明党を合わせると300を超える議席を伺う情勢。改憲に必要な3分の2にも迫る勢いに野党側は危機感を強めています。

 

 

*TBSは加戸知事の「行政が歪められたのではなく正された!」と国会で証言した内容など一切報道しないであたかも疑惑が存在するかのように今まで必死になって放送してきた。そのTBSがまだまだこのネタにしがみついて、地元でもこの仕込んだネタに疑念を持つ人が多いという印象を視聴者に与えようとしているのが良く分かる。

 

たった1人の有権者?が「森友の事をきちんとやらなきゃ駄目でしょう」と言った事。実はこれニュアンスが全く違うのだ。有権者は「旦那さんに迷惑かけちゃダメよ!」と叱咤激励しているものなのだ。

そして、

同じ選挙区内で対立候補がとっても攻撃する材料にしたい森加計の事を言うのは当たり前。なのに、それを地元の人たちさえ納得していないというフェイク技を使っている。

 

(文字おこしに戻る)

 

小池百合子(希望の党代表)(13日、東京・渋谷)

 

・安倍1強政治に皆さんがまあいいかと1票を投じてしまいますと、しがらみ政治はそのまま続く。そんな日本で本当に皆さんいいのでしょうか。いかがでしょうか。

 

ナレーション

 

・希望の党は民進党出身の前職の多くが小選挙区で苦戦。60議席前後で伸び悩んでいます。

 

・日本維新の会は大阪の小選挙区の多くで自民党と競り合っています。

 

松井一郎(日本維新の会代表)(14日、神戸市)

 

・関西からは維新の火を消さない。自民党を勝たせすぎると、まあ緩みます。たるみます。

 

ナレーション

 

・立憲民主党は支持を集め、自民・希望に注ぐ第三党に迫る勢い。

 

枝野幸男(立憲民主党代表)(14日、東京・吉祥寺)

 

・一緒に日本の民主主義を取り戻しましょうよ。諦めないために私は選択肢を示したつもりです。

 

ナレーション

 

・共産党は比例で落ち込みが目立つ一方、社民党は現有2議席が狙える情勢です。

 

志位和夫(共産党委員長)(14日、さいたま市)

 

・選挙戦これからです。自公に痛打を与える結果を出していきたいと思います。

 

吉田忠智(社民党党首)(14日、福岡市)

 

・社民党が1議席増えれば、自民党の議席が減ります。

 

ナレーション

 

・自民優勢との情勢調査が出た木曜日、自民党の候補者たちに党本部から緊急通達が出されました。

 

(CM)

 

ナレーション

 

・二階幹事長が自民党の候補者に送った緊急通達。そこには「自民党優勢との見方を否定し、極めて厳しいものであることを肝に銘じていただきたい」などと書かれていました。

 

・批判を強める野党に対し、与党側は。

 

安倍晋三(自民党総裁)(14日、神戸市)

 

・いかにして北朝鮮の脅威から日本国民の命と幸せな暮らしを守り抜くのか。子どもたちの未来を切り開くことができるか。そのことを問う選挙でもあります。

 

山口那津男(公明党代表)(14日、福島市)

 

・日本の進む道、私たちの成果を託すことができるか。それを選んでいただく選挙。私は自民党と公明党の連立政権以外にはないと思います。

 

ナレーション

 

・ほかの野党と一線を画す日本のこころも。

 

中野正志(日本のこころ代表)

 

・批判をするだけでは現実のこの国際政治、国内政治進むわけにはまいりません。

 

ナレーション

 

・投票まで残り1週間。与野党の舌戦は続きます。

 

 

 

スタジオ

 

 

 

VTRで編集しここまで今の政権に疑惑がある、とか不満があると言っている人たちの発言を拾い上げ、安倍総理の街頭演説のシーンは1コマだけ選挙中なのでカツトするわけにもいかず、編集している。

 

しかし、ここまで疑惑や不満があるように視聴者に思わせて、ここからはその自民党の支持率が世論調査で高いぞ~、なんと単独で過半数を取りそうだぞ~!と訴えて、まだ投票先を決めていないとされている有権者に対して総てのコメンテーターが言い出すのは「現状(政権)を変えよう!」という意味合いの言葉ばかりなのだ。

 

 

 

(文字おこしに戻る)

 

 

橋谷能理子

 

・VTRにもありましたけれども、共同通信社が行いました調査です。自民党が単独で過半数を大きく上回る勢い。そして自公合わせますと、憲法改正に必要な3分の2にも迫る勢いなんですね。一方、希望はちょっと伸び悩んでいます。

 

・しかし、投票先を決めていないという方が小選挙区で54.4%もいますので、今後、この情勢が変わる可能性はあります。

 

関口宏

 

・期日前投票というのはもう始まっていますよね。

 

橋谷能理子

 

・やっていますね。

 

関口宏

 

・ごく一部の方は投票されたかもしれないけど、まだほとんどの人は投票してないんだから、この通りになるかどうかはわかりませんと、私は思いますが、いかがでしょうか?

 

*世論調査の通りには行かせたくない!という関口の投げかけに対して同調してあからさまには発言できないが具体的な世論誘導をコメンテーターに喋らせるわけだ。

(文字おこしに戻る)

 

姜尚中

 

・今回の選挙はやっぱり基本的には安倍政権5年間の信任投票。それから場合によっては政権交代が起きるかもしれないという予感があったんですよね。評論家風に言うと、「大山鳴動鼠一匹かな」というような気持ちをこの序盤の世論調査を見る限り、皆さん持っているんじゃないかと思うんですね。

 

 

*期待したのに、期待外れに終わりそうだけど、みなさんがっかりしているのではないか?と投げかけている。

 

 

 

(文字おこしに戻る)

 

関口宏

 

そんな気がしますね。

 

姜尚中

 

見どころはこの選挙の中で野党のビッグバンが起きるのかどうか。どこの野党が選挙後に主導権握るのかですね。それがまた次につながっていくので、50数パーセントの人がシニシズムというか皮肉っぽくなって、ただテレビを見ていればいいというのではなくて、やっぱり行かなければいけないと思うんですね。

 

関口宏

 

・それが大事ですね。

 

姜尚中

 

・行ってほしいし。

・また、これはそうしないと投票率が下がってしまって、これは非常に日本の今の民主主義にとっては危機的状況なので、ぜひともやっぱり選挙には行ってほしい。そして次回に何をするのかということに賭けてみるというか。それは必要だと思いますね。

 

 

*姜氏は50%の有権者に対してビックバンを起きるのかどうか?(=政権交代ができるのか?)どこの野党に主導権を持たせるのか?って、政権与党には投票するな!野党の中で選択して投票すべきだと言っているのです。

 

そして、関口もそれが大事だと奨励する。

 

 

(文字おこしに戻る)

 

関口宏

 

・大宅さん行きましょう。

 

大宅映子

・民進党が満場一致で小池さんにと決めた時に、これでいよいよ野党が結集して、日本の政治の分岐点みたいなものが来るかと期待したんですけど、やっぱりそうはいかないって、尻すぼみという感じなんですね。

 

*大宅氏も言葉を変えて同じことを言い出した。期待したけれど日本の政治の分岐点はこのままでは尻すぼみしそうだと心配する。

 

 

(文字おこしに戻る)

 

関口宏

 

・何かそういう感じがしますね。

 

大宅映子

 

・ただ期待するのは決めていない54.4%。今回は選挙に関心があるという人が多いので、ぜひやっぱり行っていただきたい。貧しい選択であろうが、行かないと白紙委任状になってしまうわけですから、ぜひとも行ってください。

 

*ただ(おばちゃんは諦めてないわよ!)尻すぼみに終わらないために期待するのは決めていない54%の人に期待したいから投票に行ってほしいとのコメント。偏りすぎて空いた口がふさがらない、、、野党に投票することを期待するわよ~!と言っているのだ。

 

(文字おこしに戻る)

 

関口宏

・岡本さんどうでしょう。

岡田行夫

 

・自分の解説、意見等はいろいろありますけれども、あまりに選挙に近いので、それは控えます。

・今回まだ1週間。1週間って長いですからね。それで特に新しい党が2つできましたし、有権者はなかなかそこを理解するのに時間かかりましょうけれども、この1週間で十分考えて、ご自分の気持ちに一番沿う政党。政党というか候補者を選択してもらいたいと、今はもうそれだけですね。とにかく棄権しないように皆さんお願いしたいと思います。

 

関口宏

・チキさん。

荻上チキ

・僕もラジオ番組で選挙特番とか、これから準備したりしているわけですけれども、報道の方が萎縮しちゃいけないと思うんですよ。論評の自由というのはあるんですよ、選挙報道の際にも。そういった際に例えばあまりに個別の。例えば党であるとか、議員に言及することを避けるということになると、出すべき材料というものが届かないことになってしまうわけですよね。やっぱり多くの人たちが言いたいことというのがある。

・例えば希望とかが自民に対して安倍一強をやめると言ったときに、じゃあ自民一強をやめるとは言わないのか。じゃあ自民党的なものは、でも希望の中にもありますよねとか、そうした細かな情勢とか発言をより読み解いていくことをしてほしいということが期待としてあると思うんですね。だから、そこはまずメディアの側が萎縮をしないということ。

・それからもう1つは、これは5年前から構図が変わらないんですけれども、個別の論点ではいろいろ問うけれども、やっぱり野党の方に経済政策がしっかりあるのかというところはずっと問われ続けているところなので、そこをこれからの1週間で訴えられるのかどうかということも見ていきたいなと思いますね。

 

関口宏

・岸井さん。

岸井成格

・やっぱり今回の選挙は最終的に最大の争点、あるいは唯一の争点というのは、やっぱり安倍一強という5年弱続いてきた、この体制に対する審判なんだと思いますよね。それをどこへ票を入れるかって、ここで迷っているんだと思うんですよ。

・ただ、その数字にあるように5割以上まだ決めていないという。これは大きいですよね、私も今まで何回も情勢調査というのに携わってきましたけれども、思わぬことが起きるんですよ、選挙というのは

・特に今回みたいに混沌としていると、やっぱり最後の3日間が勝負なんですね。ちょっとした党幹部の発言1つでガラッと空気が変わって、ひっくり返っちゃうということがある。だから最後の3日間、あるいはプロであればプロであるほど、最後の一日ですよと皆さんおっしゃるんですね。

・これはまだまだ分からないですね、どんなことが起こるか。

*閣僚や党幹部の失言で選挙情勢が逆転する事に期待している岸井氏。

番組の最後の締めくくりは、ガラッと空気が代わる事。最後の最後まであら捜ししよう!諦めずに徹底的に失言に期待しよう!どんな事が起こるか楽しみですよ~~

でした。

もうこの放送局に真実を期待するのは辞めましょう!

公共の電波を使って投票を野党に誘導しようとしてますわ!

 

しかも選挙真っただ中。

 

放送法なんてどうでもいいようです。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元民進党からの持参金は政治資金規正法違反ではないのか!

民進党に国庫から支払われている政党助成金。これが、他の党から出馬する候補者に使われている事に疑問を感じませんか?

この政党助成金の使われ方が適正なのか?皆さんはどう思います?

 平成29928日、民進党は、同党両院議員総会において、民進党所属の衆議院議員で希望の党への合流を希望者するものは離党した上で希望の党からの公認候補として立候補することを認めることを決定した。

 *満場一致だ!なんてみんな言ってたよね。

 

2 希望の党は、同党の公認候補として立候補を希望する者に対しては政策協定書記載の 希望の党の公認候補となるに当たり、党に資金提供をすること。(第9項)」を誓約させている。

 930日放送の日本テレビ系列「ウェークアッププラス」において、希望の党の若狭勝氏は、最初

全く100%否定しておきますが、民進党の持っている政党交付金を希望の党が譲り受けるとか、もらうとか、そういうことは絶対にありません。」などと恰好のいいことを言っていたが、番組最後には

それは要するにお金の出所とか、お金に色がないので、われわれは要するに、そのへんのところまでは追及、関与できるわけではないんで、その先はちょっとよく分かりません」などと、実質的に民進党の資金が民主党の前衆議院議員を通じて希望の党に寄附されることを容認している。

 

 

【参考】9月30日放送 「ウェークアッププラス(日本テレビ)」

辛坊治郎

若狭さん、1つ大きな批判としては、結局、希望の党はお金がないと、民進党は100億円を超える政党助成金が残ってると。そのお金をある意味持参金のようにして持ってきて使うと。民進党に配られたお金が、誕生して間もない希望の党の選挙戦に使われるということは、どうなんだという批判があります。

 

若狭勝
これはですね、全く100%否定しておきますが、民進党の持っている政党交付金を希望の党が譲り受けるとか、もらうとか、そういうことは絶対にありません。
希望の党というのはやはりそうした政治資金とか、政治と金の問題っていうのを極めてシビアに捉える、それは私の、やっぱり特捜部の検事としての経験、考え方が根っこにあるからなんですが、その意味では、お金欲しさだとかいう思いは全くないです。

 

辛坊治郎
いやいた、さはさりながら、億単位の、当然立候補するために供託金が必要です。
それに関して、民進党のお金を使って立候補することに関しては違法ではないとされています。
違法でないならば、これは当然のことながら、何億円をどうやって用意するんだって話になりますよね。

 

若狭勝
そのへんはきちんと各候補者の人にお願い申し上げてるところでありまして、それよりも、そうした民進党のお金を少し援助してもらって、この選挙戦を戦うというようなことであると、希望の党というのが、きちんと軸足を持ってやってきてることが非常に損なわれるんで、そういうことは全くないということは、断言しておきます。

 

辛坊治郎

ごめんなさい、若狭さん、さっきの話、蒸し返すようで申し訳ないんですが、例の供託金の話なんですけれども、個々人の民進党から来る人が負担をするという方針であるということは分かりました。
だけど実はその個々人の候補が負担しているお金が、実は民進党が出したお金という構図はありうると思うんですが、これは容認されるんですか?否定されるんですか?

 

若狭勝

それは要するにお金の出所とか、お金に色がないので、われわれは要するに、そのへんのところまでは追及、関与できるわけではないんで、その先はちょっとよく分かりませんが、少なくとも民進党の持っている政党交付金百何十億円というのが希望の党に、こちらに来るとか、お金が来るということはないと。

辛坊治郎

それはそうです。だけど、民進党の個人個人が持ってくる供託金が実は民進党から出てるということに関してはそこまでは追及しないということですね。

 

若狭勝

そうですね。

 

*若狭勝という方は確か特捜で副本部長までした人で、理詰めには自信があるように思えたのだが、全然そうでもなかったね。

しかも、1院制を唱えているいるけど、この人1番最初(平成25年)に出馬したのは参議院議員の全国比例でしょう!自らが歩んできた足跡を否定しているようなもんですね。

4 報道によれば、平成29101日、希望の党は、同党の開催した立候補予定者説明会において、同党から公認を得て総選挙(平成291010日公示、同月22日選挙)に立候補する予定者らに、比例代表選挙の供託金300万円と広報費100万円を希望の党の指定する金融機関の口座に振り込むようにあらためて指示をした。

 

*希望の党から出馬したければ、400万円持ってこい!という事でしたね。

5 報道によれば、その翌日の102日、民進党は、希望の党に公認申請をした民進党の前衆議院議員ら(以下「本件前議員ら」という。)の口座に1500万円を振り込んだ。その金額は当初振り込んだ金額より500万円多く、希望に支払う金額を上乗せしているとの見方を報じた。

 

*希望の党は民進党の政党助成金をどんどこ手に入れたわけだ。

 

6 101日の希望の党の立候補予定者説明会翌日(2日)の1500万円の民進党の振り込みであり、この1500万円が希望の党の供託金や広報費になることを当然容認していることは容易に推測できるところである。

 

*いいですね~、他党の為にに払われた国民1人当たり250円の負担分が、まだ何もしていない希望の党から出馬する候補者の供託金や広報費に使われるなんて、、、楽な選挙が出来そうですね~。民進党の支援者がそのまま希望の党の支援者になるとは限らないし、勝手に使っていいと言う方がおかしいのではないのかな~?????

7 報道のいうとおり、民進党が希望の党から立候補するのにあたり、資金不足の希望の党に資金援助するために離党者に持参金を持たせたのだとすれば、政治資金規正法が禁止する「本人名義以外による寄付」に抵触するのではないか。

 

*実際は民進党から希望の党への直接の寄付じゃないですか?

「本人以外による寄付」になりませんか?

 

8 「私の、やっぱり特捜部の検事としての経験、考え方が根っこにあるから」と格好良く発言した若狭氏の矜持はこのような政治資金規正法違反の疑惑のある資金処理を許すのだろうか?

*他人の事には批判三昧するけれど、自分の事になるとメッポウ弱い。元検事の山尾志桜里さんを思い出しますね。

さて、皆さんはどう思います?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍夫人を怖がらせた黒川敦彦が逮捕される日は近い。告発者は日本国中に山ほどいそうだ。

公職選挙法第225条(選挙の自由妨害罪) 
選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。
1.選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対し暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。
2.交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき。
3.選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者若しくは当選人又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人を威迫したとき。』
Photo_5
候補者の夫人(選挙運動者)がまさに選挙運動をし始める日(公示日)に夫人を取り囲む人集めをしています。
取り囲まれる恐怖を夫人に与えているわけですね。
首謀者は選挙の自由を妨害していますね。
逮捕出来ます。
告発すれば再犯防止の為にも有罪の可能性が高いですね~~~~。
Photo_6
個人で問題を考える会を作って、テレビに出てきた黒川氏。
ネットでは、
 
黒川敦彦が「建設が始まってから市民に説明会やった」と言ってるけど、お前が要求して開催したんだろ。お前が愛媛に来る前から今治市議会や愛媛県議会が誘致構想を説明してるよ。勝手に今治市民の電話調査してるけど、調査母数が変わってる怪しい結果だし、地元テレビ局の調査では8割が賛成でしたよ
Photo_7クリックすると大きくなります。
あたかも地元が反対しているかのような都合の良い電話調査結果を公表しています。
(500円さんのツイートより)
https://twitter.com/_500yen/status/869930916520443905
黒川氏が個人的に調査したと言って公表した電話調査の結果をTBSやテレビ朝日が喜んで報道していました。
 
 
逮捕はまだかな~?
 
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »