« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

第48回衆議院選挙。総理の大義は、左翼メディアには分からない。

産経新聞の総理側近記者が、安倍総理の本音を聞き出している。
夕刊フジの記者とその官邸の記者は同期でとても仲が良い。
総理から直接聞いたインタビューにすると、1社だけの抜け駆けになってしまうから官邸関係者という構図をとっているが、
この発信は総理直のものだと確信している。
2017.9.20夕刊フジ ↓

安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で、衆院を解散する方針を固めた。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の「核・ミサイル開発」が、日本や世界の深刻な脅威になるなか、「異次元の危機」もあり得る年末前に、自国の外交・安全保障政策や憲法改正、経済・社会保障政策などについて、国民の信を問う。実は、安倍首相は内閣支持率が下落していた「8月中旬」には覚悟を決めていたという。安倍首相の「解散の大義」と「覚悟の背景」とは。

 安倍首相は18日午後(日本時間19日未明)、国連総会に出席するため、米ニューヨークのケネディ国際空港に到着した。一般討論演説や首脳会談を通じて、北朝鮮の「核・ミサイル開発」を放棄させるため、国際社会の連携を訴える。帰国後の25日、解散について事前表明するという。

 「北朝鮮情勢が緊迫するなか、憲法を含めて『日本はこのままでいいのか』『国民や国家をどう守るのか』『自衛隊をどうするのか』と国民に呼びかけ、信を問う選挙だ。いわゆる政局優先ではない。王道の解散だ」

 官邸に近い関係者はこう語った。

夕刊フジはいち早く、13日発行号で「9・25解散強まる」、14日発行号で「9月解散 議席予測 自公300超」と連日報道し、永田町で注目された。召集日は当初予定の25日から28日に変更されたが、解散風はもう止まらない。

先週末の解散報道を受け、左派政党やメディア「『森友・加計問題』の追及から逃げる自己保身解散だ」(民進党の前原誠司代表)、「年内解散検討 透ける疑惑隠しの思惑」(朝日新聞18日社説)と批判。他のメディアも「内閣支持率が回復したから」「民進党の体たらくを見て」などと背景を解説している。

 だが、安倍首相が解散の検討をひそかに始めたのは内閣改造(8月3日)前後で、民進党代表選(9月1日)前の「8月中旬」には覚悟を固めたという。官邸関係者は次のように語った。

 「日本人を多数拉致し、日本上空に無断で弾道ミサイルを通過させる無法国家が『核・ミサイル』完成の一歩手前まできている。国際社会は圧力を強めているが、正恩氏は無視して暴走している。日本の安全保障の根幹が揺らぎつつある」

 「安倍首相としては、国民に安全保障の現状を伝えて、『国民や国家を守る態勢を整える』『自衛隊を憲法に書き込む』と問うべきだと考えた。朝鮮半島の緊張状態は数年続くその間、解散できないとなれば、事実上、正恩氏に解散権を握られる。これはダメだ」

ニューヨーク訪問中の河野太郎外相も18日夕(日本時間19日未明)、「北朝鮮が何かやっているから、日本が手足を縛られることは一切ない。そういうことがあってはならない」と述べた。

最高度の情報を分析するなかで、官邸は突発的な武力衝突は別にして、10月下旬の中国共産党大会や、11月上旬のドナルド・トランプ米大統領の来日までは、大規模な軍事衝突の可能性は低い-と判断したという。

 つまり、年末以降は「異次元の危機」が、あり得るということだ。

 官邸関係者は「内閣支持率が下落していた8月時点で、安倍首相は『日本のため、このタイミングしかない』と覚悟を決めたようだ。民進党新代表が、前原氏でも、枝野幸男氏でも関係ない。山尾志桜里・元政調会長のW不倫疑惑など眼中にない。安倍首相や麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官らは、もっと先を見ていた。消費税などの政策では衝突する麻生氏と菅氏も、今回はほぼ一致していた」という。

 左派政党やメディアの「疑惑隠し」といった攻撃にも、真正面から反論する構えだ。

官邸関係者は続けた。

 「官邸は、突発的な事態にも対処できる万全の態勢をとる。今回の解散総選挙には『日本の命運』がかかっている。安倍首相の解散の記者会見は、極めて引き締まったものになるはずだ」

                                                   (終)

日本国の首相は必死です。

我らの子供たちが核ミサイルの恐怖に怯える日が来るか来ないか!

今が大事。今が肝心貫目の時。

その責務を日本の誰より感じ、背負っている。

Jアラートが無駄だ!というマスゴミ。確かに嫌な音だけれど、それを承知で国民に危険を知らせてくれる音。

オスプレイが邪魔だ危険だ。北朝鮮はミサイルを日本の国内には撃たないから対話だ。

安全保障関連法案に反対!テロ等準備罪に反対!

こんな日本人達がヌクヌクと育ってしまった現状をマスゴミや左翼教師や団体が育ててきた。

来年になれば、水爆を積んだ核ミサイルが量産されるかもしれない時に立ち上がらなければ、日本は無くなる。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山尾志桜里が収支報告書を訂正しているが、またまた訂正するのだろうな~。こっそりと、、←当ブログも訂正します

山尾志桜里が収支報告書を訂正しているが、またまた訂正するのだろうな~。こっそりと、、、(訂正版)

山尾志桜里が収支報告書を訂正しているが、事実をありのまま記載しないからつじつま合わせでボロがでる。

 

 

皆さんは「無償提供」という言葉をご存知ですよね。

事務所や倉庫に駐車場。借りると家賃を支払います。しかし、持主(大家)さんから無料(ただ)で貸してもらえる場合。お金の移動が無いので収支報告書に記載しないでも良いような気がしますが、やはり、その家賃分は政治家が献金を貰っているのと同等と考えて、どこの誰から幾ら分の家賃を無料にしてもらっているのか、公表しなくてはいけません。

例えば、月々の家賃が5万円の無償提供なら、

(収支報告書の収入の欄に)持主(大家)さんから年60万円の収入を無償提供されたとして記載します。そして、

(収支報告書の支出の欄に)持主(大家)さんに年60万円の支払いを無償提供として記載します。

60万円が「行って来い」となり、家賃の支払いで実際のお金の移動はありませんが、家賃分の献金を誰から貰っているのか収支報告書をみれば一目瞭然となります。

 

それでは平成25の民主党愛知県第7区総支部代表者山尾志桜里の収支報告書を見てみましょう。

1 表紙です

2 収入です

 大家さんから無料で借りている1年間分の事務所家賃分を無償提供相当分として収入として記載しています。

 

1か月の家賃ではありません。1年間で66700円です。

この建物↓土地が1年間で66700円。(平成26年には年間8万円と値上がりしてま)

3 収入です

 

 破格の安さです。議員宿舎が相場より安いから議員は宿舎に民間の人より安く借りているのはおかしい。宿舎は無駄だ!と言っていた民主党ですが、、、、まあそれは置いといて、、、、

 

 

誰に年間66700円分の家賃を無償提供してももらったのか?収入には記載したくないようです。1年間の家賃の支払いが5万円を超していない事にしているので、、献金者(無償提供者)を書かなくて済むようにする為に、大家(持主)から、2つに分けて家賃の無償提供があった事にしています。

 

金銭以外のものによる寄付相当分  41、700円  平成25.3.24

金銭以外のものによる寄付相当分  25、000円  平成25.3.24

 

民主党愛知県第7区総支部が無償提供を受けたからこの総支部の収入として記載しているはずなのに、同日の日付で2つに分けていますよ~。なんか変だな~

と思って、

じゃあ支出も2つに分けて大家(持主)にしているはずだから見てみると、、

 

家賃の無償提供の支出です

 

4

  超あれれ~~????

 

寄付 41,700円 H25.3.24  さくら塾 瀬戸市宮脇町    事務所無償提供

 

寄付 25.000円 H25.3.24  桜友会 尾張旭市東大久手、、 事務所無償提供

借りた金額がそのままさくら塾と桜友会に提供されているので、

民主党愛知県第7区総支部は1円も無償提供を受けていない事になってしまう!

総支部の看板かけて総支部の家賃をちゃんと支払っているものと思っていたら、全額また貸し!総支部の看板に連絡所と書いているのに、、、嘘になるじゃん!

 

何でこんな事が起こり得るのか理解に苦しむのだが、であれば、総支部がまた貸ししている「さくら塾」と「桜友会」では、無償提供を受けた事に対してどういう処理をしているのだろうか?

 

山尾志桜里が瀬戸市で政治活動をするために「さくら塾」という名前で会を作ったのだが、山尾志桜里曰く、自分の支持者が勝手にボランティアで運営してるから、(政治活動をしているけれど、)その収支報告書を提出しなければいけないのは「自分(山尾)ではない!」私を支持している後援者の責務だ!と言っているわけです、

「さくら塾」は政治活動しているのに収支報告書を提出していない政治資金規正法違反の団体。

「さくら塾」は家賃の無償提供をしている大家(持主)が運営している可能性が高いのだが、政治団体の届け出をしていないので、その収入、支出を見る事は出来ない。

 

なので、「桜友会」(山尾志桜里の資金管理団体)の収支報告書を見てみよう。

民主党愛知県第7区総支部からまた貸しされた無償提供の家賃分の収入支出は?

 

5 表紙です

 

6

 

家賃を収入として記載しているページです。↑

 

大家(持主)から民主党愛知県第7区総支部に無償提供として年間25.000円で貸し出された事務所は桜友会にそのまま貸し出しされています。

 

そして、支出です。

民主党愛知県第7区総支部に桜友会からの家賃収入(無償提供分)25.000円の記載がなかったので、大家(持主)に支出した事にしているのかな~?と思ってみてみると、

 ↓

7

 

 

桜友会の支出です。あれれれ?家賃分の25.000円は民主党愛知県第7区総支部に支払われていますね~~~。

 

てことは、総支部の収入に記載されている金銭以外のものによる寄付相当分25.000円の収入は「桜友会」からの無償提供相当分なのか?そうすると、大家(持主)からの無償提供分の収入の記載が無い事になる。

てことは、この建物は総支部の持ちものということにもなるわけだ。が、謄本を見ると持ち主は山尾さんではありません。謄本も見てみました。

 

 

要は、訂正しているように見せて、フェイクしているのです

「さくら塾」での活動は、山尾志桜里が政治活動しているのに自分の支持者がボランティアで勝手にやっている会だと記者会見で言って逃げた。

さくら塾が政治団体の届け出をせずいる事でその支持者が政治資金規正法違反に当たる可能性があるので、持主(大家)であり、支持者の名前を公表したくなかった

そして、そのボランティア活動のさくら館で繰り広げられた山尾の政治活動には飯や酒が無料で提供されていたので、公選法違反の可能性も高い。

 

世話になっているのに、そういう軽はずみな言動を記者会見で言ってしまって逃げたので、どうしても大家(持主)の名前を書きたくなかった

 

そこで、このような家賃(年間5万円以下)を設定し、一見すると無償提供としているから「ちゃんと訂正している」かのように思い込ませる。

 

私のように気づく人間が出てくると、またこっそり訂正する。

瀬戸市が弱い。瀬戸市で得票を。と考えて選挙違反を繰り返し、バレたら支持者のせいにして逃げている。その支持者は良かれと思い家賃は要らないから好きなように使っていいよと言う善意に対して、その人に借りた事務所で繰り広げられた公職選挙法違反と政治資金規正法違反。自分が犯人になりたくないから、支持者のせいにする。というわけだ。

 

本当にずるがしこいというか、汚いやつだ。

ホントに元検事はずる賢い。

 

↑(訂正加筆)

上記のブログを書き上げたのですが、個人献金一覧の中に、ななななんと!

さくら塾の大家(持主)と思われる、K氏から年間125000円の「行って来い」の事務所無償提供がある事に気付きました。

その方の住所は瀬戸市ではなく尾張旭市になっているので、筆者は尾張旭市の事務所の無償提供だと思っていたのですが、どの事務所に対する無償提供なのか記載が無いので、てっきり尾張旭市の無償提供だと思ってしまった。

そうなると、話は違う方向へ発展する可能性が出てきます。

「さくら塾」という政治活動をしていた団体の場所提供者が見つかった。

ということです。

政治家、山尾志桜里を支持する人が、活動しているで「政治活動」という事になり、「さくら塾」は政治団体の届け出をしなければならず、その収支報告書も選挙管理委員会に届け出ないといけません。

 

さくら塾の場所の提供者はもちろんその活動に協力している事になります。

「大家(持主)の名前を書きたくなかった。」とブログで書いたのですが

同じ瀬戸市ではなく、尾張旭市に住所があるK氏の名前がちゃんと書かれていました。

お詫して訂正いたします。

ではK氏はさくら塾という政治活動する場の場所の提供者です。政治活動している団体の事務所の提供者です。

山尾志桜里はさくら塾の問題を指摘された時、以下のように言っています。

「さくら塾は私を支持してくださる方が自主的に組織している団体で、運営は独自の運営委員会が行い、会計はすべて会員でまかなっていると承知している。」

さくら塾の拠点を無料で貸している事務所の持主(オーナー)が判明したのです。

政治家山尾志桜里を支持する自主的組織の事務所の家主(オーナー)K氏。

さて次は、市民団体の出番ですね。

「さくら塾」の運営委員会のメンバーは?

会計は明瞭ですか?

持ち寄りのビールや酒や焼酎。持ち寄りの具材で作られた料理。何人の有権者が食べましたか?

現場の写真も残ってますよ。

 

追伸、

ガソリンプリカの使い込みの返済。終わったようですが、

 

じゃあ、夜間に頻繁に週に何度も何度もPM7時入庫、深夜AM3時出庫の駐車場代(繁華街(栄)での駐車場の領収書)の処理は何の政治活動の領収書なのでしょうかね?

これも返済してもらうのかな?

 

この点も、選挙が終わったらじっくり書かせて頂きたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

山尾志桜里 「チェックアウトしたの私だ!」しかし、夜の7時から、翌朝の5時まで、K氏と部屋にいたのバレてました~。

普通は夜7時から翌朝の5時までホテルの部屋に滞在すると宿泊になるのだが、、、
それでも、「私一人で宿泊をいたしました。」を撤回しない山尾志桜里
それでは、週刊文春の山尾志桜里W不倫記事の第2弾をご覧ください。
2017、9,21号 週刊文春 
山尾志桜里「禁断愛」の証拠とイケメン弁護士「婚約不履行」事件  ↓
それは本誌が目撃した決定的瞬間だった。
9月2日の午後8時20分、品川駅近くにある高級ホテルの36階エレベーターホール。濃紺のスーツにノーネクタイで姿を見せたのは弁護士の倉持麟太郎氏(34)。黒いキャリーケースと白のレジ袋で両手は塞がっている。
人目を気にするように周囲をうかがったあと、倉持氏はある部屋の前に立った。内側から静かにドアが開かれると、倉持氏は中へと静かに足を踏み入れた。29頁上の写真はまさにその様子をとらえた1枚だ。
この20分前には山尾志桜里衆議院議員(43)がチェックインを済ませ、1足早く入室していたー。
「本件記事記載のホテルについては、私1人で宿泊いたしました。倉持弁護士と男女の関係はありません。しかし、誤解を生じさせるような行動で様々な方々にご迷惑をおかけしましたこと、深く反省しお詫び申し上げます」
9月7日、山尾氏は会見で民進党離党を発表し、こう謝罪した。同日発売の本誌報道を受けての離党、釈明会見だった。ハッキリとした口調ながら、涙を浮かべた目に山尾氏の焦燥ぶりが窺えた。
「山尾氏は用意していた書面を一方的に読み上げるだけで、記者の質問は一切受け付けず無言で車に乗り込んだ。かつてベッキーが開いた会見を彷彿とさせ、記者からは不満の声が上がっていました」(政治部記者)
同日、倉持氏も事務所ホームページに「本日発売の週刊誌について」と題し、次のような釈明文をアップした。
<政策立案及び質問作成等の打ち合わせ及び作業のため、日常的に山尾志桜里議員と頻繁なコミュニケーション及び連携をしており(中略)場所は、私の事務所や山尾志桜里議員の会館事務所その他会食を交えながら等という形態が常態的であり、私の自宅で作業や打ち合わせを行う場合もありました。これらの作業や打ち合わせは、深夜に及ぶこともございました>
そして山尾氏と足並みを揃えるように、
<男女関係はありませんが、結果的に誤解を生じさせるような状況があったことについて、深く反省しております>
と詫びたのだ。
元検事の山尾氏は、昨年2月に「保育園落ちた、日本死ね」というブログを国会で取り上げ、安倍晋三首相を追及。「民進党のジャンヌダルク」と呼ばれるなど、高い人気と知名度を誇っていた。
お相手の倉持氏も慶応大卒で中央大法科大学院を修了したエリート弁護士で、憲法問題に詳しい新進気鋭の論客としても知られていた。
さらにどちらも配偶者と1人の子供を持つ身。そんな2人による「禁断愛」報道の衝撃は大きかった。
(中略)
本誌が2人の逢瀬を確認したのは、民進党代表選前後の8月28日、31日、9月2、3日の計4回だ。
山尾氏と倉持氏は、「政策立案や質問作成などの打ち合わせと作業」と口を揃えるが、2人の密会はいかにも不自然だった。
冒頭のシーンに戻る。
この日(9月2日)、2人は名古屋市内で行われた山尾氏の地元イベントに出席。名古屋から東京行のグリーン車の並びの席に座った2人は、品川駅で一旦別れ、別々のルートを辿り、ホテルで待ち合わせていたのだ。
倉持氏の妻が‶暴露″
2人が落ち合ったのはダブルルームだった。広い窓から美しい夜景が一望できるというロマンチックな雰囲気が売りの部屋である。
21㎡というコンパクトなスペースの大半を占めるのは大きなダブルベット。背もたれのある椅子は1脚しかなく、机も小さな円卓があるのみだ。とても「政策立案や質問作成などの打ち合わせ」ができるとは思えない。
またこの逢瀬の直前、倉持氏は赤ワインとビールを買い込んでいる。「幹事長内定」のお祝いではないのだろうか。
山尾氏は「私1人で宿泊」と釈明したが、本誌取材班は、2人が翌朝5時までホテルに滞在していたことを確認している。
8月28日、31日の両日は、山尾氏が倉持氏の自宅マンションを訪れていた。
2人は終始人目を警戒し、時間差でマンションに入るなど、こちらも「政策立案」を行っていたとするには不自然すぎる行動が目立った。そして山尾氏が帰宅したのは、いずれも深夜から早朝にかけての時間帯だった。
倉持氏に自宅での密会の裏側を暴露したのは、彼の妻だった。
本誌前号の発売日に倉持氏の妻が囲み取材に応じ、次のように語ったのだ。
「(28日、31日は)一過性の脳梗塞の前触れが出ており、主人の勧めもあって療養のため実家に子供と帰っていたので、(2人の密会については)状況がまったくわからないんです。(8月)中旬から(自宅に)いなかったので。帰って来たのは(9月)2日です」
つまり妻子が実家に帰っている間に、山尾氏は倉持氏のマンションに上がり込んでいたことになる。
そして倉持氏の妻が自宅マンションに戻った9月2日には、2人は品川駅近くのホテルで密会しているのだ。
「自宅マンションに時間差で入ったり、同じホテルに別ルートで入るなんてこと自体がやましさを証明している。もし仕事で打ち合わせをするなら、事務所とかホテルの会議室、ミーティングルームなどを利用すべきでしょう。山尾氏の言動は単なる不倫という問題では済まされません。倉持氏への講師謝礼、移動に使った新幹線代(*UFJニコスの明細確認が必要)、密会したホテル代の支払い等に政治資金は使われていなかったのか。政治家として公費で活動している以上、山尾氏には説明責任が求められます」(前出、政治部記者)
一方イケメン弁護士、倉持氏はどのような人物なのか、、、、、、、
                                            (以上)
*ここから先は本日発売の週刊文春9月21日号を買って読んでください。
 
説明責任を果たす離党の会見で、質問を全く受け付けず一方的に説明した。
そして、「私1人で宿泊した」などと、、、、、
その説明が「嘘」だとバレた。
他人には説明責任を果たせ!秘書の責任は自分のせい!
と罵詈雑言を浴びせれるだけ浴びせておいて、自分の説明はちょこっとだけ。
しかも「嘘」を言う。
 
何度も言うが、
私は、他人のあら捜しばかりに一生懸命な、民主党のこんな議員に反吐が出る。
それからね、ホテル代の領収書、2人分の新幹線代。イタリアンレストランの食事代。
今年の支出分は来年の11月じゃないと見る事は出来ませんが、その時にまだ議員を続けていたなら、要チェックですね。
 
新幹線代、2人分の料金で領収書を貰っていれば計上しないでしょうね。
 
ホテル代の領収書も見てみたいよね。
しかし、1人で宿泊した!と言うのなら、何で東京に帰って来て、わざわざ3万9千円もするダブルルームに宿泊しないといけないのかね?
(倉持夫人が実家から帰ってきたのが2日だったからなのだろうけれど、、、会見の時はそこまでバレるとは思わなかったのね、、、)
 
レストラン代は山尾先生のお勉強のための食事代なので、当然政治活動で計上するのでしょうね。
 
 
さてさて、来年明らかになる、9月2日(前夜からの同伴往復なら1日2日)の新幹線代。
(議員チケット使ってれば、倉持1人分のみの計上か、、、)
 
レストラン代。
ホテル代。
 
民主党愛知県第7区総支部、もしくは桜友会の収支報告書、公表されるのが、楽しみです。
 
*最後に、今まで山尾志桜里議員がブログに綴ってきた、有権者やスタッフや家族に対して語っていた事を抜き出しました。
 
 
山尾志桜里ブログより ↓
2014.2.10
全開にした窓から半身を出して「負けるな~」とたくさんの激励を頂きました。こういう支援者の方の思いを二度裏切るわけにはいかない、そんな強い思いで、現在地元での活動を続けています。
身近で支えてくれる人に改めて感謝を伝え、自分自身の補うべきを補って絆を強めていくこと。家族、秘書、スタッフ、自治体議員の先生方、統一地方選挙で挑戦してくれる仲間。後援会の皆さんなど、これまで以上に心をつかって、丁寧な人間関係を作っていきたい。
 
2014.11.27
私はもうすぐ4歳の子供を持つ働く母親の1人です。
そして、格差を是正し氏族可能な国づくりを目指す政治家でもあります。
政治は、一部の利益ではなく、公の利益のためのもの。
政治は、今だけを見るのではなく、次世代に責任をもつべきもの。
初回の選挙から変わらぬ信念で全力を尽くします。
 
2014.12.16
小選挙区で議席を与えていただいて、本当にありがとうございました。
これで、ようやく、有権者の良識を代弁する「声」になれます。
愛知県7区の皆さんと一緒に、2大政党を実現する光を放つことができます。
地域をよくしようと活動されている市民、町民の皆さんの役に立つことができます。
こんなに、議席の尊さを感じた事はありません。
この2年間は、
その尊さ、重みを噛みしめるために
必要な2年間だった。
心から、そう思います。
 
2014.12.19
子育ての幸せには、痛みがついてきます。女性が仕事をするとき、その痛みは増します。女性の輝きを利用する政治ではなくて、輝きに隠された痛みに寄り添い支える政治をスタートさせるために、自分なりの役割を果たしていきたいと思います。
 
2014.12.18
選挙が終わったからたくさん遊べるはず!とワクワクしているチビ(息子)とも、まだ時間がとれてない。。。
 
2014.12.13(選挙最終日)
1票を持たない子どもたちの代わりに、票を使ってください。
そして、愛知県には女性の衆議院議員が1人もいません。
母親の思いを、私に託してください。
あとは、私も息子と眠るだけ。
 
2014.12.25
出演を終えて帰宅すると、夫が手製のチキンを焼いてくれました
チビは、サンタの訪れを待ちながら夢の中。。。
私にとっては、目に見えないたくさんのプレゼントをもらった1日となりました。
1度めか、2度目か知らないが、不倫に走った山尾志桜里。
 
会見で説明するも嘘がバレた。
 
上記のブログに書いてある、落選を経て2度目の当選を果たした思いは水泡と消え、有権者、秘書、夫、そして、お父さんお母さんが大好きなヨッピー(2015.1.18のブログで息子をヨッピーと呼ぶ)までも、悲しませようとしている。
 
初回の信念や、2年間の落選中の思い、家族や、スタッフへの感謝の気持ち、が続いていたなら、浮気なんて出来るわけが無い。
ある意味、非情なお方だ。
 
この罪は重い。
人を呪わば、穴二つ。
 
他人に対してはイチャモンつけて調子にのって、有名になって、ハメを外して、ドツボに落ちた山尾志桜里。
さて、議員辞職はいつになるのか?
クリスマスの夜、出演を終えて遅くに帰宅した時、夫が作ってくれたチキン焼きを思い出して、詫びを入れ、先ずは家庭を守る主婦を経験された方がどれだけ綺麗な人生か!
今、夫は会社の問題をかかえてとても大変な時。支えになれるのは妻なのだから、、、、
自分にしかできない!
そういう思い上がりが、周り総てを巻き込んで周り総てを失うのだ。優秀なのはよく分かるし、み~んな知ってるその肩書。
何年後か、法律事務所作ってもいいし。多くは無い収入でも、食べていくことは容易にできる。
今1番考えなければいけないのは。無力な罪のないヨッピ~の未来ではないか。
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山尾志桜里特集。政治資金規正法違反、公選法違反、道交法違反から 、運動員買収、ダブル不倫まで。

平成28年
1月13日
2月8日
2月15日
2月17日
2月19日
3月1日
3月2日
3月3日
3月16日
3月25日
3月31日
4月5日
4月8日
4月11日
4月12日
4月13日
4月14日
4月20日
4月27日
5月10日
5月11日
5月12日
5月17日
5月27日
6月7日
6月14日
6月20日
8月25日
9月1日
9月20日
 
平成29年
4月19日
9月7日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山尾志桜里のイケメン4回の逢瀬。日付で整理してみた。

愛知県、瀬戸市、大府市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市、愛知郡の方々が、買い占められて、購入できないかもしれませんので、山尾志桜里先生が週刊文春に刺された中身を、日付をおって抜き出しましたよ~。

山尾(女性、愛知県7区から出馬している衆議院議員、43歳)

倉持(男性、弁護士,34歳)

 

8月28日()

 

PM8:00  山尾、倉持2名が倉持の別宅マンション(倉持の自宅から徒歩5分)に入る。

 

 

8月29日(火)

 

AM4:00 山尾マンションから出る。倉持Tシャツと半ズボンで見送る。

山尾、タクシーで自宅へ。

 

↑取材出来ている1回目の合体?

 

 

8月31日()

 

PM7:00 ホテルニューオータニ前原陣営集会に少しだけ顔を出す。

 

PM8:00 山尾、倉持2名で恵比寿のイタリアンレストランで白ワインと食事。

 

PM9:30 山尾徒歩、倉持自転車で倉持の別宅マンションへ入る。

 

 

9月1日()(臨時党大会投票日)

 

AM2:30 山尾、マンションを出てタクシーで自宅へ。

 

↑取材出来ている2回目の合体?

 

その後臨時党大会出席、投票。

 

 

9月2日(土)

 

PM3:00 山尾、倉持2人で名古屋栄(繁華街)百貨店屋上「山尾しおりとあなたの納涼まつり」に出席。

PM5:00 山尾窓側、倉持通路側で新幹線グリーン車に乗り上京、品川駅へ。

 

PM7:00 山尾、倉持は品川駅の改札を出て、北と南方向に分かれる。山尾、品川の高級ホテルで東京が一望できる36階ダブルルームにチェックイン。倉持、ワインとビールを買って、遅れて36階ダブルルームに入る。

 

↑取材出来ている3度目の合体?

 

 

9月3日()

 

早朝    山尾、倉持チェツクアウト。山尾、羽田空港へ向い、愛媛3区補欠選挙の応援に入る。選挙事務所で挨拶を済ませとんぼ返り。

PM4:00 山尾、倉持の自宅兼事務所を訪れる。PM5:00山尾、倉持のアウディで自宅まで送ってもらう。ここで、直撃取材が敢行される。

 

↑取材出来ている4度目の合体?(時間短いけど、、、)

 

 

以上が民主党代表選挙の最終局面を迎えている時に、山尾志桜里先生がとられた行動である。党のために身を粉にして働く幹事長。所詮器(うつわ)じゃなかったね。

民進党の名を汚し、検察官の名を汚し、何よりもアニーの名を汚した。

そして、

事務所秘書らを裏切り、有権者の期待を裏切り、何よりも可愛い息子を裏切った。

所詮、日本の政治の頂点に立てる人ではなかった。

一時は、蓮舫、辻元と比較されて有頂天になっていた山尾志桜里。

人の事悪く言い過ぎ。いつもブーメランだ。しかも今回は特大。

人を呪わば穴二つ。とはよく言ったものだ。

週刊文春。2017、9,17号には、撮影された写真もたくさん掲載されている。

直撃取材のやりとりなど、今日発売なので、皆さん2冊でも、3冊でも買って読んでね。

 

回し読み可。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »