« 美人代議士「山尾志桜里」が公用車で保育園。かと思ったら「金子代議士」? | トップページ | 加戸前愛媛県知事が邪魔でしょうがない前川が、加戸前知事が教育再生実行会議の委員に選ばれた理由を捏造していた。 »

加計問題、テレビや朝日、毎日、東京各紙が偏向報道してきたが、時間が経つと見えてきた事。

朝日新聞が安倍総理と親交がある学園の理事長が、愛媛県に歓迎されて新しい学校を建てようとしている。しかも、土地は愛媛県の無償提供!
と報じた事から始まった。
先ず、ここから偏向報道が始まっていた。何故土地が無償なのか?愛媛県がどれだけ獣医学部の大学を切望していたのか?どうして加計学園にだったのか?
朝日新聞はアリバイ作りの質問を当てるが、当事者たちは、真っ当に進めていた自負があり、安倍総理に動いてもらった事もないので、「書くなら書いてみろ!恥をかくのはお前らだ!」くらいの気持ちでいた。
 
その時点では、既得権益を守ろうとしていた獣医学部の新設に大反対していた「獣医学会」が、「獣医師は足りている。」という言質をとり、あたかも総理と親しいから新設の学校が愛媛県の土地提供の元で行われている。と視聴者、読者、国民に大宣伝した。
そして、その後、獣医師でも、産業獣医という動物病院以外で働く、大変重労働を強いられる獣医師が全く足りていない事が報じられると、
以前、天下り問題で責任を取らされて、事務次官を超短時間で辞めさせられた事を逆恨みしていた前文科省事務次官が、「総理のご意向」という文言が書かれていた当時の書類をリークした。
*天下りで責任を取らされたと思い込んでいる前川だが、実はその時、前川に関して風俗通いが内閣情報室から官房長官の知るところとなり(教育行政のトップが風俗に通っている事を知った官房長官はさぞ軽蔑した事でしょう)、しかし武士の情けで、天下りの責任の引責という形で辞めさせたのだが、前川には風俗の理由は知らされなかった。
リークされた紙については、官房長官から、文科省に確認したが誰も名乗り出ず。そこで「怪文章」のようだ。
と言われる始末。
本当は表に出てきたくなかったけれど、表に出ざるを得ず「文章は存在した」。と言って表に出てきた前川氏。「行政が歪められた」「面従腹背が座右の銘だから表に出てきた」と脚光を浴びた。
(本当は風俗通いでクビにした軽蔑する事務次官が、テレビに出てきて「行政を歪めてるだと~~~!!!!」官房長官は相当頭にきたことだろう。)
 
権力に歯向かうカッコイイ官僚だ~。とテレビや朝日、毎日、東京と民進党は取り上げた。
 
表に出てくるなら、何故事務次官を首になったのか?それをマスコミを通じてリークされたのがご存知読売新聞にデカデカと記事にされた「風俗通い」であった。
前川氏が風俗通いというクビになった本当の理由をクビになった時点で示されていたら、表に出てくる事も、復讐するためにリークする事もなかったのではないだろうか。
そして、1番バッターでテレビで批判を展開しだしたのが、平成2012年末の衆議院選挙で獣医師学会から100万円の献金を貰っていた「玉木雄一郎」だった。
玉木氏は父親や弟が獣医師であり、獣医学部の新設を苦々しく思っていた獣医師学会側の人間だ。獣医師会の総会では過去に以下の発言もしている。
「教育の分野、あるいは医療の分野は、そもそも特区として、地域の例外を作り、進めるべき話ではない。おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」などと述べ、加計学園による獣医学部新設に反対する日本獣医師会を擁護する姿勢を鮮明にしていた。
そして、彼は、獣医師会からの献金がこれ1回きりだと読者が思ってしまうようにブログに書いているが、日本獣医師政治連盟の地方組織である香川県獣医師連からも献金を受けている事は自分の収支報告書に出てこないので、知られないと思ったのか、公表していない。
「安倍政権になってからは1度もありません」
なんてカッコよく書いているのだが、香川県獣医師連盟から¥50.000円の献金を貰ったのは、安倍政権真っただ中の平成26年12月4日である。
日本獣医師政治連盟と香川県獣医師政治連盟との使い分けでフェイク。
要は金を貰って、規制改革に反対していた族議員だったわけである。
Photo
Photo_2
そういえば、最近は加計学園の問題で玉木が出てこなくなったな~~。
まあ、これはさておき、、、、、
獣医師会の後援、支援を頂いて、当選してきた元衆議院議員が北村直人先生だ。
事あるごとに、「加計ありき」だったと言いまわっている張本人。
石破大臣が獣医師学会から頼まれて、こしらえた「4条件」を金科玉条のごとく、事あるごとに山本大臣に迫っていた。
石破氏が頼まれて4条件を作ったという証拠は
獣医師学会の
平成27年度第2回理事会の議事概要のなかでは(P494)
 蔵内会長は麻生大臣、下村大臣に、私(北村氏)は石破大臣と折衝をし、1つ大きな壁を作っていただいている状況である。
平成27年度第4回理事会の議事概要のなかでは(P670)http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06811/a2.pdf#search=%27%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%97%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E4%BC%9A%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E3%81%AE%E9%96%8B%E5%82%AC%27
蔵内会長とともに石破茂地方創生大臣と2時間にわたり意見交換をする機会を得た、その際、(石破)大臣から今回の成長戦略における大学、学部の新設の条件については、大変苦慮したが、練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした旨お聞きした。
とある。
そして、http://openpolitics.or.jp/pdf/310103/2012.pdf
これによると、石破大臣も平成24年に獣医師会側から100万円の献金を頂いているのだ。
Photo_3
 
練りに練って新規参入が出来ないように4条件を作った!
100万円貰っているから、、、、
 
そして、
 
昨年9月7日北村氏は山本大臣に「4条件を守ってほしい!」「今治市は負担に耐えられない。あなた(山本大臣)は大蔵省出身だからわかるだろう!」「よく財政状況を検証してほしい!」と「今治(加計)ありき」で説明を求めた。
北村氏は会合での立ち話や携帯のメールで再三、山本大臣に同様の要請をした。
その9日後の昨年9月16日の国家戦略特区ワーキンググループで事実上「獣医学部新設方針」が決まった。
だが、山本大臣は獣医師会の圧力や北村氏の立場に配慮し、ワーキンググループ座長の八田達夫、アジア成長研究所らの進言を受け「広域的に、、、」との条件を付け加え、獣医師会の理解を得ようと考えた。
11月9日の国家戦略特区諮問会議でこの条件が追加され、獣医学部新設方針が正式に決まった。
この11月9日時点では獣医学部新設を提案していた京産大も排除されていなかった。しかし、獣医学会が12月8日に「1校」に限るよう求め、今年1月4日に「1校」と決まって京産大が断念した。
抵抗する獣医師会の意向をくんだ結果、何度も何度も14回も申請してきた今治市の獣医学部新設が絞り込まれていった。
安倍首相の収支報告書を何度見ても、加計学園関係の献金は出てこない。
お金を貰っていた人達の中で、獣医学部の新設に対してどのように動いたかは、明白である。
獣医師政治連盟からお金を貰った人で動いた人は全部「新設反対」に動いている。分かりやすい。
そして、安倍首相に対して「行政が歪められた!」と訴えているわけだ。
行政を歪めてきたきた張本人たちが、安倍首相の支持率を下げようと必死のテレビ局と朝日新聞、毎日新聞、東京新聞のマスコミ力(りょく)によって、支えられ、本来なら抵抗勢力として非難されているはずの「獣医師政治連盟」がなぜか、前川などの反安倍勢力と同じく都合よく権力の被害者として報道されているのが、現状でなのだ。
前川がリークした書類。
誰が持っていたのかは、メールの宛先を見れば判った。
しかし、誰が書いたのかは決して調べようともしない。
それは、文科省が獣医師学会のお願いを聞き入れられなくなってきたので、「総理のご意向」という文言を言い訳に使ったものだと知っているからに他ならない。
今までだったら、官庁街の通勤時間の朝か夜に書いた本人に直撃してきたテレビ局や新聞社は今回だけはそれをしない。
テレビって悪だね。
国民、視聴者をフェイクして真実を伝えようとはしない。
まあ、憲法改正がとっても嫌な活動家の巣が、テレビ局。安倍政権を倒したくってしょうがないのは分かるけれど、フェイクニュースを飛ばすのは良くない。しかも毎日連日。
 
電波オークション制度にしてスッキリしましょう!
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49808?page=2
参考(産経新聞)http://www.sankei.com/smp/politics/news/170720/plt1707200046-s2.html
山本幸三地方創生担当相が(7月)20日、記者団に語った説明の概要は次の通り。

 昨年11月17日の日本獣医師会との会合で、私から「広域的に獣医学部が存在しない地域に限り新設を認めることになり、パブリックコメントを始めることになった。申し訳ないがご理解いただきたい」と発言した。これに対し、獣医師会側は「それは当然、四国の今治」と決めつけた言いぶりで対応していた。

 記事で会合の概要というのが出ているが、この獣医師会側の思い込みと、私の発言を混同したものであり、正確ではない。

 また、私からは「京都もあり得る」と述べたところ、獣医師会側は「進めるのであれば今治市のみであることを明記してほしい」との発言もあった。

 今治市の財政状況については従来、北村直人(日本獣医師会)顧問から調べるよう要請があり、今治市に聞いたところを概略説明した。その際、あくまでも公募が大前提であるため「事業実施主体」といった表現をしており、加計学園と特定して言ったことは全くない。京都の財政状況は話題にもならなかった。

 「四国に」ということを切り取られてメモが出たことは正確ではない、残念だ。私は京都もあり得るとはっきり言っており、向こうからは「それは困る」という話もあった。

 11月17日以降、私が「京都もあり得る」ということを言ったことに(獣医師会側が)危機感を覚えたのか、「1校にぜひしてくれ」というように強くまた要請してきた。

 
 
 

|

« 美人代議士「山尾志桜里」が公用車で保育園。かと思ったら「金子代議士」? | トップページ | 加戸前愛媛県知事が邪魔でしょうがない前川が、加戸前知事が教育再生実行会議の委員に選ばれた理由を捏造していた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213673/71200993

この記事へのトラックバック一覧です: 加計問題、テレビや朝日、毎日、東京各紙が偏向報道してきたが、時間が経つと見えてきた事。:

« 美人代議士「山尾志桜里」が公用車で保育園。かと思ったら「金子代議士」? | トップページ | 加戸前愛媛県知事が邪魔でしょうがない前川が、加戸前知事が教育再生実行会議の委員に選ばれた理由を捏造していた。 »