« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

鳥越の淫行疑惑。新潮の後出しジャンケン、当時(13年前)の取材は被害者から直接聞いていた。

週刊文春2016、7.28号で知事選挙真っ最中にも関わらず、鳥越俊太郎候補の13年前の淫行疑惑を報じた週刊文春。
被害者A子さんの元彼氏で当時の相談相手であり、現在夫になっている、(仮名)永井氏に対して、度重なる説得の末、記事にするまでに至った週刊文春のど根性には頭が下がる。
正にプロ。
13年前当時、週刊新潮が鳥越俊太郎のスケベ暴露記事だったが、週刊新潮はA子と彼氏が締め切り近くになって、「やはり記事にしないでほしい」と強く希望され、その記事をボツにしていた。
週刊新潮がこの時とった行動。何人も記者を動員し、金をかけ、被害者を探し出し、取材ができていたにも関わらず、被害者が二十歳そこそこの学生であり、当時テレビで有名な鳥越氏と戦う事にビビってしまった、彼(A子と彼氏)らの要望を聞き入れて、貴重な取材の成果を断腸の思いでボツにした事も、これも一流の週刊誌と言える。
正にプロ。
そして、このたびの週刊文春の報道で、その封印は解かれた。
13年後にして、(文春のおかげで)やっと日の目を見た、新潮の記事。
それは、当時の記憶に新しい、鳥越自身も忘れていた取材内容だったに違いない。
鳥越氏は、小沢一郎が自身の裁判で使った、弘中弁護士に高い金を使って、週刊文春を告訴したが、週刊新潮に対しても刑事告訴に踏み切った。
選挙費用どころじゃね~な。
週刊文春が最近の取材で、被害者のご主人である永井氏から取材出来た事より、もっともっと詳しく当時A子さんから聞いていた被害の状況など、これは、週刊文春の援護射撃にもなりそうだ。
永井氏は奥さん(被害者)の事を思って、語らなかったのか、それとも記事にしないでもらったのか、「淫行疑惑」というタイトルにした訳は、無理やり全裸にされた(新潮取材にはA子さん本人が語っている)事を知っていたけれど、わざと記事にはしなかったのではないのか?
それでは
週刊新潮が13年前に取材したA子さんの証言を見てみよう。
文春に告白した男性(永井氏)とA子さんに接触したのは、2003年6月。
(山荘淫行疑惑事件は2002年夏だから、事件の10か月後に取材している)。
 
(新潮の記事)
ひどく落ち込んでいたA子さんは、(当時62歳の)鳥越氏からのアプローチが2002年からあったと語っていた。以下は取材記録からの抜粋だ。
「(2002年)7月半ばくらいから、鳥越さんは毎日連絡して来て、『好きだ』って言われました。初めは冗談だと思っていましたけど、、、、、。
それでも私は鳥越さんを尊敬し、憧れていました。で、この頃、食事に誘われたのですが、何の疑いもなく2人で食事をしました。その後、彼が1人で借りているマンションに行ったのです」
鳥越氏は1989年8月、毎日新聞社を退職し、10月から「ザ、スクープ」(テレビ朝日系)のキャスターに転身。その頃から家賃40万円の品川レジデンスに住んでいた。
「小金井市の自宅から仕事場(テレ朝)に通うのがきついので、そこに部屋を借りていると言っていました。でも、今思えば、ああいうことをしているのが奥さんにバレないようにするため、借りていたのでしょう。私がマンションに付いていったのも、まさかあんなことをする人だと思っていなかったからです。『好きだ』と言ってくれてはいましたが、奥さんもいらっしゃる方ですし。まあ、私自身も軽率だったんですが」
鳥越氏は当時、62歳である。一方A子さんは二十歳前だった。
40以上離れている女性を口説いていたことになるが、
「そのマンションでキスされたんです。すごくビックリしました。それからも『好きだ』と言われ続けて、、、、。
一度、鳥越さんに
『だって、あなたには奥さんがいるじゃないですか』と訊いたことがあります。すると、彼は、
『妻のことは全力で愛している。でも、それとこれとは別なんだよ』と言っていました」
二十歳(ハタチ)前の、未成年の学生に対して、無理やり強引に「キス」することは、淫行に値しますよね。これ、タイトルで争おうとする鳥越氏にとっては、かなりの痛手。
週刊文春はA子さんの事を慮って記事にはしていないけれど、知っていたのでタイトルに「淫行疑惑」としたのではないのか?
 
(記事に戻る)
それから約半月後の8月初め、俄かに信じがたいことが起きたのである。
(中略)
「鳥越さんの山荘に呼ばれました。なぜ、2人で行ったかというと、彼と仲良くしている学科の友達も『2人で行こう』と誘われていたみたいだから。それが普通なのかなと思ってしまったんです」
今後、他の女性で被害にあった人が出てくる可能性もあるということだな、、、、
 
(記事に戻る)
最近はあまり使っていないようだが、
「山荘は、けっこう人に貸していたようです。部屋は3つあって、すごく広いリビングと和室と洋室。
もちろん別々に寝るつもりでしたから、私は洋室に行きました。すると、鳥越さんが『一緒に寝よう』と言い出した。彼を信じていましたから、そうしてしまったのです」
ピンクレディーの「SOS」を知らない世代。「男は狼な、の、よ、、、気をつけな、さ、い♬」
しかし、62歳の初老のオジサン、しかもテレビで売れっ子のジャーナリストの世界ではスター的存在の人に襲われるとは思わなかったか、、、、、
 
(記事に戻る)
A子さんは、自分の甘さを悔いていて、
「鳥越さんは『何もしない』と言っていました。男性が女性を騙す時の上等手段って言われればそうなんですけど、その頃の私には分からなかったのです。田舎から出てきて、男性の裏の目的なんて全然分かりませんでした。鳥越さんに、私を遊び相手にしようなんていう意図があるとは思えなかった。私がバカだったんです」
20歳になったばかりの男性経験の無い被害者だが、今まで(19歳の時)に鳥越氏のマンションに行って、無理やりキスをされた経験があるのに、別荘に2人で行ってしまった。
普通オジサンなら「これは脈あり、イケルかもしれない、いや、絶体イケル」と思ってしまうもんです。
被害者も純情で、世間知らずな女子大生であり同情もするけれど、鳥越氏の弛まぬ努力を思うと、なんとなく分からぬまでも無いような気がする、、、、
要は、それほど、被害者が魅力的な女性だったということか、、、
私(筆者)は50過ぎてるけれど、それほどの女性に巡り合った事が無い。
わが社の女性に、もしも手を出しでもしたら、私の全てが無くなってしまう。
ましてや、お笑い芸能人でもない、ニュース番組のキャスターを業とする既婚の男が手を出した女性とは?クレオパトラか楊貴妃か、、、ご主人はゾッコンなのでしょうな~。それだけに許せないのも、よ~く分かる。(筆者のどうでもいいような感想でした)
 
(記事に戻る)
(中略)
山荘での一件に話を戻す。
A子さんの証言。
「部屋に入って来られてから、半ば強制的に全裸にさせられました。私、初めてだったから、嫌だって言ったんです。それでも『A子は、こういうことを経験していないから自分に自信がないんだ』『今しておけば、彼氏とする時不安にならない。彼氏との関係もうまく行くよ』と言われれば、そうなのかと思ってしまって、、、、」
(中略)
「嫌がっているA子に『これだけ歳が離れているのに、こんな関係になれるのは素敵じゃない』って言ったんです。憧れの人だから信じてたんですよ」(彼氏の弁)
いや~、言いたくても言えない。かなりの独りよがり。
 
自分勝手な想いに、彼女を同意に導こうと、老練な62歳のナルシストオジン?がよくもヌケヌケと言いのけている。
「今しておけば、彼氏とする時不安にならない~?」
「爺さんと結ばれる事が素敵な関係~?」
筆者には死んでも口に出せないセリフだ。
 
(記事に戻る)
だが、最終的に行為は未遂に終わった。
「山荘に行って以降は、2人きりでは会っていません。最近は、騙されたんだなという思いでいっぱい。あー、私のこと面倒くさくなったんだなって。
直接謝ってほしいです。でも、メールを送っても返事すらありません。連絡の取りようがない状態です。そういえば、鳥越さんは、自分は先が長くないと言っていた。激務で睡眠薬を飲まないと、耳鳴りがして眠れないのだとか。年齢も年齢だし、すごく同情しました。
実際、薬もたくさん飲んでいましたが、それも嘘だったのかな」(A子さん)
強制的に全裸にされた事は、週刊文春の記事には書かれていなかった。
そこのところを週刊文春では、
(記事2016.8.4)
まず、このような事件を報道するうえで、被害者に最大限の配慮をすべきことは言うまでもない。小誌が事実として把握していて、記事には敢えて書いていないことも少なくない。
「セカンドレイプ」が社会問題化している昨今なおさらだ。
永井氏(被害者の元彼氏で現在の夫)は語る。
「記事では、未遂と一言でくくっていますが、別荘で実際に何があったか、妻から詳細に聞いています。鳥越氏の人間性を疑うような内容でした。すべてを書けば妻はもう一度傷つきます。妻を守る為に、このような記事になりました」
と述べている。
さて、鳥越氏側、言い分を未だ聞いてない。
きっぱり、記者会見開いて、何処が違う!これは嘘だ!
と、いつもの鳥越節を炸裂させた方が、よっぽど信頼を回復出来て、票も増えるんじゃありません?
「政治的な力が働いているのでは」
と、語ったのだが、
だったら、その根拠を示すなり、事実と違う指摘と併せて、この3日間のうちに緊急記者会見を行えばいいのだ。
そしたら、全テレビ局は放映し、「鳥越さんはやっぱり正しい。鳥越さんを信じよう!」
なんて、有権者は多いはずだ。
 
実際はどうだったの?
選挙後に開かれるであろう裁判で明らかにするのですよね。
一切事実無根だと言ってますが、全部違うの?
それとも、どこがどう違うの?
知事選の結果より、こっちのほうが楽しみだ。
こりゃまた、公判の傍聴券の列に並ばなきゃだわ、、、、、、
いつも、追及する側のマスコミの星が、政治家に立候補した途端、どんどこ抉られる脛の傷。
政治家の世界とは、なんとも住みにくい世界であるな~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

週刊文春2016.7.28号鳥越俊太郎「女子大生淫行」疑惑。文字おこしすると、文春が売れなくなるので、要点だけよ。

「君の誕生日パーティーをしよう」
 
キスの経験もない20歳の大学生を富士山麓の別荘に誘い込んた鳥越氏は2人きりになると豹変したという。
都知事候補の資質を問う。
被害女性の夫が怒りの告白!
鳥越俊太郎
「女子大生淫行」疑惑
記事(抜き出し)
「あの男が都知事選に出るときいて、この10年あまり我慢してきたことが、抑えられなくなりました。絶対に許すことはできません。」
 
当時被害者女性の彼氏であった永井(仮名30代後半)氏が、学生当時、被害者女性の事で鳥越俊太郎と話しあった時の発言などを詳しく報じている。
永井氏は現在その被害者女性と結婚しているのだ。
 
記事(抜き出し)
「、、、、『サン毎』(サンデー毎日)に連載を持っていた女優の岸恵子さんとも噂になるなど、女性関の話が絶えなかった」
(毎日新聞OB)
「、、、、天性の女好きだな、と思いました」
(テレビ朝日関係者)
筆者の情報では、田丸美寿々との噂もあるようだ。そういえば、岸恵子と何処となく感じが似ている。
 
記事(抜き出し)
「特にマスコミ志望の学生などは鳥越さんを慕っていたし、鳥越さんもよく学生たちの相談にのっていたようです。一方で学生たちの間では、『鳥越さんは露骨にかわいい女の子にばかり声をかけている』という評判もあった。、、、、」
(大学関係者)
好色は男の常です。こりゃしょうがない。
 
記事(抜き出し)
「ある日、鳥越さんは、とりわけ気に入っていた女子学生を別荘に連れ込んで、強引にみだらな行為を行ったんです。これが原因で、鳥越さんは大学を出入り禁止になったんです」
ということは、被害者もしくは、その彼氏か友人が教授か学校関係者に相談していたという事。だから、当時の教授もしくは学校関係者なら、その事実を知っている事になる。裁判になったら、当時の調書などの書類が証拠として出てくるのだろうね。
 
記事(抜き出し一部感想)
当時大学2年生だった女子学生A子さんが鳥越氏に「別荘で君の誕生パーティーをしよう」と声をかけられ「何もしないから」と言われたこともあって、(そこまで言われると、拒否するのも失礼だと思ったのでしょう)
「マスコミ志望で、上京してきたA子さんにとって鳥越氏は憧れの存在でもあった。信じていたんだと思います」
(別の大学関係者)
いやいや、筆者が思うに、被害女性はやはり、別荘に男と2人で行くなんて、恐怖も感じていたのではないかと思いますよ~。「もしも襲われでもしたらどうしよう?」「でも今断ると、テレビ局やマスコミへの就職の邪魔をされてもイヤだし、、、」などと思いを巡らせ、とにかく鳥越さんを信じてみよう。と思ったのでしょう。
あっさり、裏切られて泣くはめになりましたが、、、可哀想に、、、、
 
記事(抜き出し)
別荘に着き、お酒で乾杯した頃から、恋愛相談と称して鳥越氏は“本性”を現し始めたという。
「二十歳にもなって、そんなに性のことを知らないのか」
普段はほとんどお酒も飲まなかったというA子さんは、鳥越氏の豹変ぶりに戸惑ったことだろう。
鳥越氏は強引にキスをすると、抵抗するA子さんにさらに迫り、こう言い放ったという。
「大人の恋愛というのはこういうものだよ」
結局、行為は未遂に終わったが、
「バージンだと病気だと思われるよ」
と言ったばかりか翌日、東京へ戻る車中で鳥越氏はA子さんに
「ラブホテルに行こう」
と誘ったという。
A子さんが心に深い傷を負ったことは想像に難くない。
この後、A子さんは、一部始終を現在のご主人である永井氏に話すのだが、鳥越氏はA子さんに
「これを公表されたら自殺する」とメールを送っている。
その後、永井さんは鳥越氏呼び出して会うと、「もうテレビからは引退する。この先、余生もあまり長くないから」
と言っている。
どうですか?
この先を読んでみたくありませんか?
今日発売です。週刊文春。
買い占められる前に、是非買って読んでください。
この先の続きは、また来週にでも、、、、、
密室での2人の会話、出来事。裁判になったら証拠が無いのでかなり不利。
さてさて、これから1年間の裁判での争いも楽しみです。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥越俊太郎。終わったかんじだね。60(当時)にもなって、女子大生淫行はないでしょう!週刊文春7.28号明日発売です。

明日、8月21日木曜日発売の週刊文春。
教え子の女子大生を別荘に誘い、淫行。
確かに、ウィキペディアには2003年関西大学社会学部の教授に就任という経歴が書かれているけど、、、、。
 
出る杭が打たれたようですね。
雉が鳴いて撃たれたようですね。
文字おこしは、発売後にいたします。
お題は、
鳥越俊太郎 「女子大生淫行」疑惑。
民進党と共産党が買い占める前に、是非買って読んでください。
 
なんでも、被害にあった、女性の当時彼氏が、現在その彼女と結婚されてて、旦那さんとして、(文春からの度重なる説得の末に)妻への取材は勘弁してくれ、その代わりに私(旦那さん)が話します。と言って、事の真相を告白した。という記事らしい。
もしも、それが事実だとしたら鳥越さん、そんな過去背負ってながら、立候補なんてよくできましたね~。
黙っててくれるとでも思ったのでしょうか?
そうか!
山本太郎はレイプしたのに、参議院議員になれた。
そんじゃ俺も大丈夫だとでも思ったのか?
山本太郎レイプ魔の記事は週刊新潮でしたが、山本太郎は週刊新潮を名誉棄損で訴えることすら出来ていません。
国会議員がレイプ魔だと記事を書かれ、事実じゃなければ告訴しない方がおかしいのに、訴えていないのです。
 
が、
鳥越さんはどうなんでしょうか?
選挙が終わる前だけでも、訴えを起こしますかね~?
 
週刊文春恐るべし、、、、
選挙期間中はよほどの自信がないと記事にしないもんですが、やっちゃいました。
青山さんには訴えられたけど、鳥越さんにも訴えられるかな~?
見ものです。
明日発売の週刊文春。
是非ご購読をお勧めします。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年。参議院選挙から読み解く、知事選挙の簡単な票読み。東京の翁長知事が誕生する。

平成28年7月の参議院選挙の結果
民進、共産、左翼政党は何票とっているのか?
蓮舫  112万3千
山添   66万6千
小川   50万8千
三宅   25万7千
鈴木   10万2千
増山    9万3千
佐藤    6万7千
合計 289万7千
これに対して、自民、公明は何票とっているのか?
中川   88万4千
竹谷   77万
朝日   64万4千
合計  229万8千
これに、大阪維新(田中 47万)が全部乗っても、269万。
で、負けです。
ましてや、小池の小選挙区の票約7万は小池に行きますから、262万票で負け。
さらに、選挙区以外で小池に入れる、保守層(自民系)がいる事を考えると、262万票はもっと減ります。
2百万代の選挙で20万票の違いはかなり大きいのに、分裂してもっと減る。
よって、小池に票が流れれば、流れるほど、鳥越が圧勝する
宇都宮が下りた時点で、100万票が鳥越に行き、増田寛也は苦しくなったのです。
てことで、
東京は、安倍政権に大反対で、
沖縄から基地をなくせ!
放送法違反してもなんら問題ない!
憲法改正大反対!
外国人に参政権を!生活保護を!
教科書には南京大虐殺を!従軍慰安婦を!
国歌を歌わないのは、思想の自由!人権擁護法案を東京から!
夫婦別姓を自由にさせて、家族の絆を無くそう!
中国、韓国には一生謝罪をし続けろ!
という、革新系都知事が誕生する事になる。
宇都宮が下りた時点で、大勢は決まったようなもんでした。
東京が沖縄化する。
新外交イニシアティブの猿田さよ。宇都宮と一緒に知事の特別秘書(2名指名できる)になる日も近い。
私は、こんな東京に住みたくないので、千葉に引っ越し先を見つけました。
東京よ、さらば。
左翼の巣窟大東京。
鳥越都知事は、原発がアンダーコントロール出来ていないのに、安倍首相は世界に嘘をついた!と未だに言っている。
外国の記者に「原発はアンダーコントロール出来ていないのですか?」
と聞かれたら、「出来ていない!」と応えるだろう。
福島県産、宮城県産、岩手県産、茨城県産、など風評被害がやっと収まってきたのに、再燃する。
東京オリンピックも、観光客が当然減る。参加拒否する選手も出てくるかもしれない。
でも、反原発と、福一の原発事故を世界に向けて誇大に宣伝する。
風評被害は、またたくまに東京都知事から発信される。
さて、私の予想は当たるかな~?
当たらないで欲しいけど、民主党と共産党の連合軍に分裂した自民党では抗えない。
もう一度言うが、
小池百合子に票を入れれば、入れるほど、鳥越が圧勝する事になる。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週刊文春が小池百合子だけ記事にしているが、蓮舫も同じなのにスルーかよ!全くフェアーじゃないな。

最近何かと、お騒がせして調子にのって有頂天の週刊文春。
選挙中にも関わらず、候補者の粗探しをして穿った記事を書いてしまって、とうとう訴えられてしまった。
選挙中の選挙妨害は慎めよっ!
そのセンテンススプリングが、次期都知事選に立候補するであろう小池百合子議員に対して、会費(収入)の記載が無い、会場費にイチャモンをつけている。
(記事 要約)
これは“収入隠し”ではないのか?
小池百合子衆議院議員が代表を務める「フォーラムユーリカ」で平成24年に支出されている、会場費96万円と40万円に見合う収入(会費の徴収)が記載されていない。
お決まりの、自民党が大嫌いな、上脇神戸学院大教授に以下のような指摘をさせている。
「政治資金パーティーであれば、政治資金規正法違反の不記載となります。支出だけ計上していれば、収支が合わないことに気付くはず。収入分は裏金と見られても仕方なく、小池氏は説明すべきです。
一方、出席者から会費を取らずにパーティーを開いたとしても問題です。選挙区内の人が出席していれば、選挙区民への寄付を禁じた公職選挙法違反となります」
と、96万円と40万円の、日本ホテルに支払った会場費の支出に対する、収入が無い事について、選挙区民へのただ飯だの、もしくは、収入隠しだの、言いたい放題だ。
が、しかし、
蓮舫氏はその上を行くのだ。
平成22年、蓮舫が代表を務める、「民主党東京都参議院選挙区第3総支部」の政治資金収支報告書を見てみましょう。
Photo
その中の、組織活動費の支出です。
Photo_2
1番下の、1,707,342円 H22/8/20セルリアンタワー東急ホテル  渋谷区
これに見合う、収入の記載はありません。
皆さんご存知通り、蓮舫氏は東京都全部が選挙区ですから、選挙区内のセルリアンタワー東急ホテルへの支出です。
170万円。(総支部で収入とされる、会費は1人1000円が502人で、合計50万2千円。これじゃあ全然足りてない)
しかも、7月11日に参議院選挙が終わり、当選したごくろうさん会ではないのか?と思える時期です。
「選挙手伝ってくれて、ありがとう!」「みんなで豪華な食事を酒をビールを!」なんて、やってないでしょうね~。
170万円の支出に対する、収入の記載は全くありません。
文春さん、小池先生の事を書くなら、金額が多い蓮舫先生の事も書かないとフェアーじゃないでしょう!
選挙期間中だから書かなかったの~?
いやいや、自民党全国比例の青山繁晴候補については、選挙中にやってますよね。(訴えられたけど、、)
週刊文春は、反自民。
新谷編集長はいつから、舵をきったのか?
鈴木や、島田とは違う保守的な男だと思っていたのに、残念だ。
自民党のみなさん!新谷編集長にはお気を付けめされ!
偏ってますから、、、、、
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本共産党って、ご都合主義で主張を変える誤魔化し集団か、名前だけ共産党中身は民主主義ですか、、、

天皇制って、反対しているとばかり思っていたら、
なななんとっ!
「国民の総意で決めるものだから、天皇制は、守る!」んですとっ!
今まで、散々「憲法の天皇条項は「民主主義の徹底に逆行する弱点だ!」などと言い。
共産党の主要政策の1つとして、護憲平和などと言い続けてきた共産党が、、、
ヘタレ共産党。日本の共産党はいつからヘタレになったのか?
 
香川県で合意した民進党共産党両党の「基本的事項の確認書」
 
今日の日本社会に必要なのは社会主義的変革ではなく、資本主義の枠内での民主的改革であり、私有財産の補償が基本となる。
わざわざ、「私有財産の補償」を合意事項に書き込まなければならないのは、共産党政権下では、私有財産は補償されていなかったためだ。社会主義国家、共産主義国家に私有財産は邪魔なのだろう。
 
平和外交を重視するが、日米安保条約の廃棄や自衛隊の解消という共産党の政策は野党共闘に持ち込まない。
日米安保の廃棄と自衛隊の解消を掲げる共産党はこればかりは、譲れない。組織がもたない、これ以上の譲歩は出来ない。という事なのだ。何故なら、以下③は、譲歩しまくりの部分だ。③に異を唱える輩は共産党には要らないという事。
 
天皇制を含めた現行憲法の全条項を守る天皇制のあり方は、国民の総意によって決せられるものである。
とうとう、天皇制を認め、国民の総意で決めるものだ。と言い出しました。
天皇制は民主主義の徹底に逆行するとかなんとか言い出して、大騒ぎしていたやつらの集団が共産党だった。今まで国会の開会式にも天皇陛下が出席なさるので、党をあげてみな欠席していた共産党が、恥ずかしげもなく、今まで共産党なりの矜持をもって欠席していた国会の開会式に歴代の共産党は無かったかの如く、憚ることなく出席してきたのは、民進党と手を結び、赤旗の拡販を狙うためか?
 
1党独裁制を否定し、議会民主主義及び選挙による政権交代制を堅持する。
これを民主主義という。共産党では全く無い。名前だけ共産党という民主主義政党。
 
地方自治の確立、労働基本権の擁護、男女平等、信教の自由及び政教分離原則の徹底を図る。
何故、わざわざこんな当たり前の事を、確認書に記載しなければならなかったのか?上記の当たり前の事が、出来ない共産党と協力する民進党が、恐ろしくて堪らず、条文に書き込みさせたのだ。
 
 
                                                    以上
なんと、情けない政党だろうか?共産党とは、今まで人殺しまでやってきて、運動方針を死守してきた強者揃いだと思っていたのだが、単なる「ヘタレ」だったとは、、、、
「日本共産党」とは、「ヘタレ」て「野合」できる、名前だけの共産党という、民主主義政党だった。
ところで、、、、
不破哲三って、死んだの?
まだ生きてるよね~。
これが、貴方の作ってきたヘタレ「日本共産党」ですか!
*日本共産党ウィキペディア
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A#.E5.A4.A9.E7.9A.87.E5.88.B6.E3.81.AE.E5.8F.96.E6.89.B1.E3.81.84
 
共産党関係者は
将来の連立政権合意の土台になり得る」とまで、絶賛している。
 
ヘタレ「日本共産党」は、民主主義に舵を切り、そのうち日米同盟は必要だ!などと言いだす日がくるのだろう。
*参考資料2016年 7月6日(水) 読売新聞 朝刊
Photo_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2連ノボリならセーフですが、移動する車載の看板は脱法行為じゃね~の?

その脱法行為と思われる行為に加担しているジャーナリストが鳥越俊太郎さんです。
鳥越氏は1政党の候補者を応援をしているわけです。
記載している日時まで鮮明に読み取れないけれど、市民の党主催の講演会に弁士として行かれる承諾をしたから、こうやって、看板や、ポスターにデカデカと載ってるのです。
政治的に偏っている人なのです。
中国の脅威がどんどん高まる中、安保法制を整備すると、戦争法案だと反対し。
辺野古移設には、新外交イニシアチブに加担して反対し、
放送法違反の罰則は報道の自由の侵害だといい、
反原発、反保守、完璧に朝日新聞と同じく、偏っている。
意見を言うのは構わないし、ジャーナリストとしてそれで飯を食うなら食えばいい。
しかし、公共の電波を使うテレビ番組の司会や、キャスターとして公平公正が求められる立場になることは許されない人になったようです。
偏った人が司会をするテレビ番組を作る事自体が、法律違反ですからね。
民共から出馬も近いなこりゃ、
 
放送法第4条を守りたくない、ジャーナリストと称する輩が、選挙活動を手伝う。
鳥越俊太郎をテレビで使うという事自体、政治的に公平では無いことが分かる。
選挙前の事前運動期間に、車にでかでかと自分の名前を掲げています。
ポスターなら2連ポスターを政党活動の講演会の日時を書いて掲示する事ができるのですが、移動する車の看板はポスターではありません。多くの人前に出て掲示でき、知らせることが出来るわけですから、むしろ頒布に値し、裁判で争えば脱法行為になりかねません。
しかも、その日時は小さくて、なかなか読み取れない。
いったい、いつどこで講演会を開催するのでしょうか?
姑息にも鳥越氏との2連ポスターだと言い張って、看板に使用しているのでしょうが、そもそも看板はポスターではありません。大きいポスターを看板に張り付けたとでも言いのがれするのでしょうね。
看板から剥がれるから、ポスターよっ!なんてへんてこな言い逃れでもするのでしょう。
政党ポスターなのに、
看板下の見えにくいところに、「生活の党」と小さく記載されています。
 
 
 
Photo_7
選挙公示が6月11日なのに、5月19日には事務所開き(20日)の看板がわりにも使用しています。
Photo_9
2連ノボリはセーフですが、これ、事務所の看板にしてスポットライトあててます。
放送法第4条
国内放送等の放送番組の編集等について、以下のように規定されています。
第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
政治的に公平でない人をテレビで使うのなら、偏った意見を言うコメンテーターとして、1出演者として使ってくださいね。
特に、テレビ朝日さん。
それから、
私は、いわゆる左翼思想の持主が大嫌いです。
靖国参拝は大賛成。夫婦別姓大反対。外国人参政権大反対。安保法制賛成。原発再稼働賛成です。
朝日や鳥越氏に言わせれば、私は偏っているというのでしょうが、そんな私は純粋な日本人です。
私のような国民も数多くいる事を考えて、ちゃんと公平公正な報道を心がけて頂きたいものです。
ご参考に、
私は左に偏った人が嫌いです。だから買うの辞めました。
最近寝つきが悪いので、夜中の深夜放送で宣伝している寝具を検討しておりましたが、
やっぱり止めました。トゥルースリーパー。(高橋秀樹親子の宣伝は好きだったのに)
Photo_11
 
高い宣伝費払って、客を失う事もあるんですよね。
京都西川の エアウィーヴ に決定!http://airweave.mobi/archives/514
モットンもいいらしいけど、、、、
これで夢枕にも出てこれないでしょう(爆睡)。
森ゆう子の宣伝から、寝具の宣伝まで、とうとうマルチタレントになっちゃいましたね。
自分のポリープ摘出まで番組にし、本にし、企画宣伝もバッチリじゃん。
でも、私は買いません。
主義主張が違い過ぎますから、、、、
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »