« +週刊文春が裏の社会の人間と取引。週刊文春は元右翼構成員と共謀して罠にハメていた。その⑤ | トップページ | 日本の歴史を横取りして、ユネスコ世界遺産に登録しようと中国が策略している。 »

+元検事が売り物の法律の専門家?山尾志桜里議員。知っててやってるとしか思えない。公選法違反と道交法違反。中間まとめ。

①政治資金規正法違反。 ↓
H24 Photo_2
*1月13日に当ブログで指摘したら、14日に訂正している。
②公職選挙法違反
Photo_3 Photo_4
下の写真は衆議院解散後、公示前に上の写真でわかるように、衆議院議員山尾志桜里と看板に掲載している街宣車で街頭演説。
2015122703thumb600x685939
政党名が掲載されていない、自分の顔写真や名前を全面使っているのぼりを公道で堂々と売名行為。
③道路交通法違反
Photo_5
完璧に街宣車を歩道に駐車して街頭演説。
2015725
歩行者通行妨害をする、ベニヤかアクリル板に張り付けたポスター。本人だけは安全確保。歩道内で演説中。
 
 
元検事を大々的に売り物にしている、国会議員山尾志桜里。
Photo_6
選挙のたすきに。
Photo_7
Photo_8
講演ではしっかりと「元検察官」
2
選挙カーにもしっかりと「元検事
をアピールして、フル活用しています。
 
法の番人。山尾議員が法律を破るはずがない。
愛知県警も道交法違反で切符を切ろうと思っても、もの凄いプレッシャーです。
検事の肩書は、「私が法を破るわけがありません」と言っているようなものです。
政治資金規正法違反公職選挙法違反道交法違反
 
犯罪者じゃないの?
本当に検事さんだったのかと疑いたくなるほどです。
 
日本国中の検事さんたちは、検事を辞めると法律を破る人を見て、どう思うのでしょう?
 
(キャリアガーデンで検事の仕事をググると)
検事さんは

新任検事は東京地検本庁で、集合的導入教育を受けることになります。ここで、具体的な事件に加え、講義などの合同教育を受け、操作後半に関する基礎的実務能力を修得します。

その後、東京地検本庁または、大阪地検本庁いずれかの地検本庁で、都市部の事件の捜査公判を通して、基礎的実務能力の向上を図ることになります。

この新任検事の時期が1年続いた後新任明けの2年間は「A庁」以外の地検本庁または大規模支部での勤務となります。A庁とは次で述べますが、大都市のことです。この新任明けの期間では、地方都市の捜査公判を通じて、多様な事件を経験し応用力を身につけることになります。

A庁での2年間が終了すると、全国の地検本庁または支部で中堅検事として活躍していくことになります。これまでの経験やA庁勤務などを生かし、さまざまな事件の捜査公判を担当するほか、後輩検事の指導なども行います。

この後の勤務は、A庁などの都市部と地方をおよそ2年ごとに行ったり来たりといった形になることが多いです。地方は日本全国どこに赴任するかはわかりません。また、勤務地について、本人の希望が考慮されるとは限りません。

2年ごとに引っ越しすることは結構大変ですが、特定の勢力と癒着しないためにも仕方のないことかもしれません。

これら、A庁明けの期間にも、人事院行政官短期在外研究または法務省派遣による在外研究として欧米諸国などに留学する人もいます。また、法務省、その他の政府機関、国際機関などで活躍する検事も多数います。

どうやら、上記から見ると、「A 庁明け」という節目があるようですね。

検察官に任官後5年後にA庁明けを迎えてはじめて様々な事件の捜査公判を担当したり、後輩検事の指導をするわけです。

しかし、彼女は検察官に任官されて、4年で退官しています。

A庁明けを迎えていない検察官。

という事になるのです。

一人前の検事さんは、A庁明けをしている。

ということは、「元検事」の肩書の前にA庁明けをしていない検事」

とちゃんと記載していただきたい。
 
 
 
 
 

|

« +週刊文春が裏の社会の人間と取引。週刊文春は元右翼構成員と共謀して罠にハメていた。その⑤ | トップページ | 日本の歴史を横取りして、ユネスコ世界遺産に登録しようと中国が策略している。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213673/64037801

この記事へのトラックバック一覧です: +元検事が売り物の法律の専門家?山尾志桜里議員。知っててやってるとしか思えない。公選法違反と道交法違反。中間まとめ。:

« +週刊文春が裏の社会の人間と取引。週刊文春は元右翼構成員と共謀して罠にハメていた。その⑤ | トップページ | 日本の歴史を横取りして、ユネスコ世界遺産に登録しようと中国が策略している。 »