« "政府見解見直し”批判に対する反論を! | トップページ | 朝日がふざけた訂正で済まそうとするから、とうとう自民党が怒っちゃった。というお話。ケンカ売ったのはあくまで朝日新聞です。 »

朝日新聞「特別」編集委員 不適切ツイート 処分が出来ない朝日の呪縛

産経新聞 H27,8,4朝刊

 

朝日新聞の冨永格(ただし)特別編集委員がナチス支援者が安倍晋三政権の支持者であるとする内容をツイッターに書き込み、削除していたことが3日、分かった。

 

 冨永氏は自身のツイッターに、ナチス・ドイツの旗を持った人たちのデモ写真とともに、英語で「東京での日本人の国家主義者によるデモ。彼らは安倍首相と彼の保守的な政権を支持している」と書き込んだ。

 

 冨永氏はすでに書き込みを削除し、ツイッター上で「嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が多いという趣旨でしたが、英語ツイートに『一般的に』の言葉が抜けていた」と釈明し、謝罪した。

 

 朝日新聞社広報部は「誤った内容のツイートだった。編集部門のガイドラインを逸脱した内容で、記者に厳しく注意した」と説明。「心よりおわびをさせていただく。事態を重く受け止め、記者への指導を徹底していく」としている。

 


朝日新聞の公認を受けたツイッターに冨永氏の肩書を入れてのツイッターで、しかも、フランス語、英語での書き込みです。

 

今、朝日新聞は中国の「反日無罪」と同様、「反安倍無罪」の風が嵐のごとく吹き荒れている。長年にわたりコツコツと積み上げてきた「反日」の企み。

 

捏造してきた、従軍慰安婦強制連行の嘘を暴かれ、拉致問題では批判の矛先を朝日に向かわせ、読者の支持を著しく失ってきた積年の想いが、朝日の「反安倍無罪」なのだ。

 

麻生さんが「喧騒の中で憲法を変えたナチス」=「どたばたしている時に、憲法を変えたナチス」を見習って、「喧騒の中で、憲法改正をすることは良くない」と言った事を。「ナチスを見習え!」と日本の麻生が言っているぞ~~~!!!!
と世界にふれまわった責任はウヤムヤとなっている。
世界に対して、訂正謝罪をしたのか?

 

今回の冨永特別編集委員はフランス語とドイツ語と英語で書かれているのだから、ちゃんとフランス語とドイツ語と英語で謝罪コメントを出したのか?

 

日本語だけ、日本人にだけ分かるように訂正?しかも「嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が多いと言う趣旨でしたが、英語ツイートに「一般的に」の言葉が抜けていた」という釈明だ。
取材もせず思惑だけで書きこまれた特別編集委員のツイートにはヘドがでるが、じゃあ、これが、一個人、一社員のツイートだと言って会社は逃げ出すのか?

 

イヤイヤそれじゃあ、磯崎議員の発言が公式の場じゃない、記者会見でも、レクチャーでもない地元の集会での話を大問題にしているのと同じではないのか?
社員の1人が個人のツイッターに書き込んだものだと逃げたいところだろうが、冨永氏は社内で誰も文句が言えないほどの大物だ。
パリ支局長に論説委員、朝日の大看板「天声人語」に至るまで、冨永の朝日社内の権威は大きい。

 

読売新聞の記事には「同社(朝日)は、冨永氏から書き込みについて報告を受けたことから、厳しく注意し、お詫びの掲載を支持したという」と書かれていて、あたかも冨永氏が自分から書き込みの報告をしたかの如く書かれているが、
実態は、ツイッターを見た日本国民が問題視したため、朝日新聞の知るところとなり、冨永氏に朝日新聞が聞き取りを行い、「どうかツイッターを削除してください」。訂正の記述も「一般的に」が抜けていた。という事でお願いします。」
と冨永氏に平身低頭訂正をお願いしたのではあるまいか?

 

「反安倍無罪」「反自民無罪」それは朝日新聞に流れている「ガス」のような空気なのだ。

 

それを吸うと、今の中国や、韓国と全く同じ。

 

真実が見えても、真実を知りたくない。書きたくない。広めたくない。活動の武器をペン(筆)として、闘うプロパガンダ集団となり下がる。

 

何処が「公器」だ!

 

ジャーナリストなれま宣言。by アカヒ新聞

 

朝日新聞広報部は「今回の事態を重く受け止め、改めて記者への指導を徹底していく」というコメントを出した。

 

あくまで、一社員によるツイートを強調する。そしてその社員を指導するとしている。が、

 

指導は誰が出来るか?

 

この冨永氏に指導できる人物が社内にいるのか?社長でも頭が上がらない冨永に。

 

そして、冨永らの世代がばら撒いてきた「ガス」を吸いこんでいる社員たち。

 

活動の為には、事実をねじ曲げても記事を書く朝日新聞。事実を作り上げてでも記事を書く朝日新聞。

 

国民はだんだん分かってきたのですよ。

 

偏った活動家の集団だということが、、、、、

|

« "政府見解見直し”批判に対する反論を! | トップページ | 朝日がふざけた訂正で済まそうとするから、とうとう自民党が怒っちゃった。というお話。ケンカ売ったのはあくまで朝日新聞です。 »

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞「特別」編集委員 不適切ツイート 処分が出来ない朝日の呪縛:

« "政府見解見直し”批判に対する反論を! | トップページ | 朝日がふざけた訂正で済まそうとするから、とうとう自民党が怒っちゃった。というお話。ケンカ売ったのはあくまで朝日新聞です。 »