« 吉田清治の記事(朝日が32年後に取り消した記事)とはどういうものか?その② | トップページ | 本当に恐ろしい。朝日新聞たち。 »

自分が情けない。朝日新聞の「吉田調書」の記事を鵜呑みにしていた。

韓国の旅客船、セウォル号の船長が乗客を見捨てて逃げた。

 

この報道が日本中を騒がせていた時期に、福島原発の爆発の時の所長吉田氏の調書。「吉田調書」が明らかになったという報道で、「東電の現場の9割の職員が逃げた。」との記事を読んだ。

 

「なんだ!東電の職員達はセウォウル号の船長と同じではないか!」

 

と、本当に腹立たしいと思い。東電の社員を日本人として恥ずかしい、と心底思った。

 

ところが、真実は?

 

朝日新聞に騙された!

 

騙された自分が恥ずかしい。

 

東電の職員は死に物狂いで戦っていたにも関わらず。

 

朝日は死人(故吉田所長)に口なし。

 

東電の社員が逃げ出した!と書いたのだ。

 

↓(本日の産経新聞から要約されたブログ)

 

産経新聞が入手した「吉田調書(聴取結果書)」を読んで、吉田昌郎所長と現場の
職員たちの命をかけた闘いのすさまじさに改めて心を動かされた。「本当に感動したのは、
みんな現場に行こうとするわけです」と、危機的な状況で現場に向かう職員たちを吉田氏は褒めたたえている。

 いかに現場が事態を収束させようと、そして故郷、ひいては日本を救おうと頑張ったのかがよくわかる内容だ。

 私は拙著『死の淵(ふち)を見た男』の取材で、吉田氏や現場の職員たちに数多くインタビューしている。
どんな闘いが繰り広げられたかは取材を通じて知っていたが、その時のことを思い出した。

 また、菅直人首相や細野豪志首相補佐官らとの電話によって、事故対策を講じる吉田氏の貴重な
時間がいかに奪われていたかもよくわかる。くり返される官邸からの電話に「ずっとおかしいと思っていました」と吉田氏は述べている。

 特に細野氏が毎日のように電話をかけてきたことで、吉田氏が相当困惑していた様子が伝わってくる。

 全員撤退問題については、「誰が撤退と言ったのか」「使わないです。“撤退”みたいな言葉は」と、
激しい口調で吉田氏が反発しているのも印象的だ。吉田氏がいかにこの問題に大きな怒りを持ち、
また当時の民主党政権、あるいは東電本店と闘いながら、踏ん張ったかが伝わってくる。

それにしても朝日新聞が、この吉田調書をもとに「所員の9割が所長命令に違反して撤退した」と書いたことが信じられない。
自分の命令に背いて職員が撤退した、などという発言はこの中のどこを探しても出てこない。

 逆に吉田氏は、「関係ない人間(筆者注=その時、1F〈福島第1原発〉に残っていた現場以外の
多くの職員たち)は退避させますからということを言っただけです」「2F(福島第2原発)まで
退避させようとバスを手配したんです」「バスで退避させました。2Fの方に」と、くり返し述べている。

 つまり、職員の9割は吉田所長の命令に“従って”2Fに退避しており、朝日の言う“命令に違反”した
部分など、まったく出てこない。

images

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140818/dst14081811160008-n2.htm

 

 

何でなんだろう?どうしてなんだろう?

 

日本人が嫌いで堪らないのなら、日本から出ていけ!

 

日本人は事実に対しての責任はとるが、ウソ、捏造のでっちあげ物語から貶められても、決して屈しない。

 

朝日新聞。同じ日本人が書いているかと思うと、悲しい。本当に悔しい。涙が止まらない。

 

最後に、故吉田所長へ、「ごめんなさい。不覚にも朝日新聞を信じた自分を反省します。そして、本当にありがとう!」

 

 

 

 

|

« 吉田清治の記事(朝日が32年後に取り消した記事)とはどういうものか?その② | トップページ | 本当に恐ろしい。朝日新聞たち。 »

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

日本人の勇敢で強い職務意識を世界が称賛するのが朝日には耐えられなかったのでしょうか。またしても捏造して外国に酷い報道を流しただけでなく、日本人の心を傷つけた朝日は本当に許せませんね。
転載させてください。

投稿: watch_compass | 2014年8月19日 (火) 15時05分

watch_compassさん、どんどん拡散して下さい。ブログはじめて6年間。初めは報道ステーションの馬鹿さ加減に呆れて、文字起こしから始めてみましたが、根っこが朝日新聞なので、やはり朝日の危険性について書くことにしました。仕事の合間に書いています。今後とも宜しくお願いします。

投稿: 筆者 | 2014年8月19日 (火) 23時07分

事故のとき、もし、職員が危険を感じ非難(逃げたともいえる)下として、それが何故、日本人を貶めるという事になるのでしょうか?いつから、日本人は聖人君子の集まりと言うことになってしまったのか。私は、日本人は、比較的良識のある、優秀勤勉な民族であると思っています。しかし、それは普通の人間の限界内でのことです。また、世界一だとは思っていない。証明できないからです。貴方は、ほかの国の人間の程度を言うものをどれだけ詳しく知っていますか?少なくとも、私は、他の国でこんな事故があったとき、パニックになって一時的に、現場を離れた職員が多かったときいても、その国をろくでもない国だとは思いません。そんなことより、安全でないものを安全だと言いふらして、ろくに事故時の対策を立ててこなかったことのほうがよっぽど恥ずかしいと思いませんか?
最近のこの国には、根拠の希薄な「立派な日本人・日本国」の神話がはびこっている。日本が戦争に突き進んでゆく時、ヒトラーが演説する時、まさにそのことが語られていた。そして根拠の希薄な空元気で、孤立し戦争を始めた。
夜郎自大な空元気で、気に入らない言説に「反日」のレッテルを貼るのはおやめなさい。
朝日の記事がでたらめなら、まさにその問題自体--でたらめな記事を書いた責任によって--
追求されるべきである。日本の恥とは関係ない。そういう味方をしていれば、全てのの犯罪報道は、その国の治安・道徳の欠陥を報道していることになって来るでしょう。行き着くところは報道管理だ。

投稿: おじさん | 2014年8月22日 (金) 14時49分

私は、朝日を購読してないので知りませんでした。ネットで朝日デジタルの宣伝で吉田調書をやっている事だけは知っていましたが、そんな事書いていたのですね。朝日は買わない。読まない。それが一番です。廃刊までの道のりはそう遠くないでしょう。大新聞倒産。毎日が後がま狙ってます。

投稿: ポコパン | 2014年8月23日 (土) 16時22分

>おじさん
ブログ主さんは、命の危機を感じながらも忠実に仕事をした人達を、逃げたと報じる朝日に憤ってるんでしょ。パニックになって逃げたのが事実なら、そうなのかと納得しますが、なんで事実を捻じ曲げ日本人を貶めるようなことを書くの?それと・・今の日本にアーリア人は、日本民族は世界一優秀なんて意見がはびこってる?

投稿: sugara | 2014年8月24日 (日) 16時03分

ポコパンさん、いつもコメントありがとうございます。桜井よしこさんが、廃刊すべし!と言われましたが、本当にそう思います。微力ながら私も尽力します。

投稿: 筆者 | 2014年8月25日 (月) 09時47分

sugaraさん、コメント有難うございます。私の文章からどうやったら、こんな解釈になるのか分からないコメントには、答える気がしません。相手にするだけの暇もありませんしね。ちょっと仕事が忙しくなって来たので、今までのように頻繁に書けないと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 筆者 | 2014年8月25日 (月) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分が情けない。朝日新聞の「吉田調書」の記事を鵜呑みにしていた。:

« 吉田清治の記事(朝日が32年後に取り消した記事)とはどういうものか?その② | トップページ | 本当に恐ろしい。朝日新聞たち。 »