« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

創価学会と公明党。政教分離違反じゃないか!公明党と手を切る時が来た!

朝日新聞が創価学会のコメントを大々的に取り上げている。↓

朝日新聞デジタル 5月17日(土)5時2分配信 

集団的自衛権「改憲を経るべきだ」創価学会が見解。 

 公明党の支持母体である創価学会は16日、安倍晋三首相がめざす憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認について「本来の手続きは、一内閣の閣僚だけによる決定ではなく、憲法改正手続きを経るべきだ」として反対する見解を示した。20日から自民、公明両党の協議が始まるが、学会の姿勢が鮮明になったことで難航する可能性がある。

 学会は朝日新聞の取材に文書で回答した。回答では、集団的自衛権について「基本的な考え方は、『保持するが行使できない』という、これまで積み上げられてきた憲法第九条についての政府見解を支持する」と明言し、行使容認へ転換をめざす首相の姿勢を強く牽制(けんせい)した。

 また、首相が与党協議を経て、秋に予定される臨時国会までに閣議決定で行使容認へ憲法解釈を変える意向を固めていることについても、学会は「国民を交えた、慎重の上にも慎重を期した議論によって、歴史の評価に耐えうる賢明な結論を出されることを望む」と強調した。

朝日新聞社

上記のように、創価学会が広報室のコメントとして、憲法解釈による集団的自衛権の行使容認について、「集団的自衛権を限定的にせよ行使するという場合には、その重大性に鑑み、本来の手続きは、一内閣の閣僚だけによる決定ではなく、憲法改正手続きを経るべきだ」と見解を示した。

朝日新聞や毎日新聞、東京新聞といった憲法解釈による集団的自衛権の行使容認には反対のマスコミが、これ幸いと創価学会広報室の見解を連日記事に取り上げて、反対の論調を盛り上げようとしている。

しかし、日本を取り巻く周辺諸国の状況を見れば、南シナ海で介入を強めている中国が、尖閣諸島に対してもさらなる介入を強めてくる可能性があり、また北朝鮮では、ミサイル日本の大部分を射程に入れており、核兵器の開発も進めている状況にある。

このような状況を勘案すれば、東アジア地域の安定のためには、日米同盟をさらに強固なものにする事は喫緊の課題であり、何年かかるかわからない憲法改正の手続きを経なくても、憲法が認めている範囲内で出来ることをやるべきである。

今の憲法でも、自衛の為の必要最小限度の武力行使は許容されており、この範囲内で集団的自衛権の行使を容認する事は、憲法解釈の変更で出来ることである。

創価学会がこうした見解を公表し、公明党に対して、憲法解釈による集団的自衛権の行使容認に反対するよう強い影響力を及ぼそうとしているのであれば、明らかに政教分離違反である。

この切迫した東アジア情勢の中、日本国民の生命と財産を守るため、この際、自民党創価学会および公明党手を切って、同じく危機感を共有している他の政党と組んで、憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使容認を進めるべきとの声が、巷にあふれている。

いい機会だ。この時期を逃がさないで、公明党と手を切ろうではないか!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

報道ステーション。こいつらの番組は中国の為にあるようだ

メチャクチャな中国の領有権主張。↓

南シナ海領有権問題

(南シナ海の領有権を巡る各国の主張ライン)

2017・5・07(水)報道ステーション

誰れがどう見たって、メチャクチャな領有権の主張。

フィリピンがワシントン条約で絶滅危惧種に指定されているウミガメ350頭が中国の漁船から見つかり、船長らを逮捕したら、フィリピンの挑発行為だとして、船長の即座の釈放を求めるしまつ。

もう、メチャクチャだ。

ベトナム船が中国海警の船に追っかけまわされ、体当たりされて負傷者まで出ている映像を見ているにも関わらず。

(文字起こし↓)

恵村順一郎

今回の事実関係は、VTR見てもよくわかりませんけれども、小競り合いがエスカレートして、抜き差しならない軍事紛争に発展するということが1番怖いわけですよね。

古館伊知郎

明らかに中国の船が衝突しているようにも、素人目に見えてしまいますけれども、ベトナムの船が進路をぐっと塞ぐと。

どういうふうになっているかはちょっと分らないですね

恵村順一郎

そうですね。どっちの責任が大きいのか、ちょっと分らないですけれども、それは軍事紛争に発展することになれば、東アジア全体が不安定になってしまうわけですよね。

アメリカのオバマ大統領、今回、アジア歴訪でフィリピンに再駐留するなど、中国けん制を強めたのは事実ですけれども、だからといって、ベトナムとかフィリピンがもし中国を力づくで排除しようとしるようなことをするのであれば、それは勘違いだと思うんです。

オイオイ!力づくで排除しようとしているのは中国の方だろうが!

こうやって中国ばかりが悪くないですよと視聴者を誘導しているのだ。

(戻る)

(恵村の続き)

アメリカの望んでいるのは地域の安定であって、決して中国と戦争しようということをけしかけているわけではもちろんありませんので、大事な事はお互い頭を冷やして、とても難しいんですけれども、対話による解決ですね。

これを探っていくということなんだろうと思います。

頭の中がお花畑でできているだろう。

強大な軍事力を背景として海洋覇権を繰り返す中国に対するコメントすら無い。

やられっぱなしのベトナムに話し合い、話し合い、だと言ってなだめ、中国批判は一切しない。力づくなのは100%ベトナムではない。

*1988年3月。非武装で人間の盾を作ったベトナム人達を何の躊躇もせず艦砲射撃で木端微塵に虐殺した中国軍。何が話し合いだ!

この辛い出来事を2度と起こさない為に決死の覚悟で臨んでいるベトナムの人達。

http://www.youtube.com/watch?v=W5s76XzDhrQ

生身の人間を船の甲板をも突き破る機銃掃射をすれば、肉片しか残らない。

こんな事ができるのは、世界広しといえど、中国人くらいだろう。

テレビ朝日はそんな中国を擁護し続け、自虐史観でどうにか生き延びようと必死だ。

弱者を戒め、強者を擁護する。こんな番組を作っているテレビ朝日は全国民上げて潰すべきだ。

(戻る)

古館伊知郎

だって、要するに、1つの海の下に眠っている油の取り合いですよね。

やっぱり、私たち、浅ましい削減サミットというのを本当に全部国が集まって、ちょっと子供に対して恥ずかしい事をやっていると。

従来に向けての削減サミットやろう、浅ましさの。

僕はね、笑う人多いけど、本当にそういうことやらなきゃ収まらないで酷い事になっちゃうと思うんですよね。

恵村順一郎

そうですね。次の世代に恥じない。本当にその通りですね。

(文字起こし終)

話し合いで解決すれば苦労はしない。

何でこれだけの軍備増強を中国はしているのか?

全くその事には触れず、ただただ話し合いをして、次世代に恥じないで、、、、

気分が悪くなった。

健康に悪いテレビ局、テレ朝。まるで中国の国営放送のようだ。

「中国よ、領有権を主張する前に関係諸国と話し合いをして、資源開発も水産資源も協定を結んでから違反した国を非難する事が、大国らしい姿なのだ!」となぜ言えん?

20世紀初頭の世界がそうだったように、その真似をして今中国はウイグル、チベットを手に入れた。

次なるは海洋進出だ。

それを止める手立ては、近隣諸国の協力連携が不可欠なのだが、そんなコメントはテレビ朝日からは絶対に出て来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人はいつまでも平和ボケしている場合では無い!

民族浄化を加速させる中国。

こんなに恐ろしい国が隣にあって、

海外で血を流すから?

戦争に巻き込まれるから?

今まで平和に過ごしてこれたから?

日本国憲法のおかげだ~?

100%アメリカのおかげだろ!

アメリカもいつまでも強くない。

日本人は真剣に憲法改正を考えて、中国に対峙しないと大変な事になる。

中共国の"法廷"で次から次へと死刑宣告を受けているウイグル人若者達。そのほとんどが20代前半の大学生。

埋め込み画像への固定リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞の偏向報道。世論調査に騙されてはいけません。

自らの主張を裏付けるような結果が出るように質問を構成し、都合の悪い答えが出そうな質問はしない。

巧妙に仕組まれた世論調査。

普段はおかしな記事を垂れ流し、その結果は世論調査と称してフィードバックされ、さらにその世論調査の結果を根拠にして「国民は9条改正に反対だ」などと論説を書く。

偏向報道はこんな風にして再生産されていく。

4月7日の朝日新聞朝刊に世論調査を受けて、朝日新聞が小躍りしているかのような大見出しを出していた。

「憲法、非戦、広がる賛意」

9条への賛否や非核三原則、武器輸出、「国防軍」に関する賛否など質問を延々と続け、質問する側の意図を充分感じさせた上で、ようやく28問目の質問になって改憲の賛否がイエスかノーかの2択で問われる。

これでは人間心理から考えて反対が多くなると想像するのは当然だ。

そして、この調査は日中韓3国の世論調査として行われている。

朝日新聞は集団的自衛権の解釈の見直しの可否などを中国や韓国の国民にも質問しているのだ。

答えは言うまでも無い。

これに関しても中国の海洋進出に怯える諸国などASEAN諸国には絶対調査を行わない。

都合が悪そうな調査結果が出るところには調査は行わない。

世論誘導も甚だしい。

「自衛隊が海外で活動してよいと思う事」についての質問では

「危険な目にあっている日本人を移送する」が85%

「国連の平和活動に参加する」が77%あったというのであるが、この2つとも自衛隊がそのまま実施すれば憲法違反になる可能性が十分あるのだ。

現状では、海外での日本人の移送妨害があっても自衛隊は武力でそれを排除できない。

自衛隊は他のPKO部隊に守ってもらうが他のPKO部隊は守れないという何とも恥ずかしい事態になっている。

現にイラクでは豪軍車両が陸自拠点の入り口で暴徒に攻撃されても陸自は拠点に引き籠もるしかなかった(産経新聞3月18日)

他のPKO部隊への駆けつけ警護も、武力行使にあたるとされ、憲法で禁じられているからである。

もちろん、朝日新聞の質問にはそんな注釈はついてないし、この重大な問題点を指摘するなど永遠にありえない。

自衛隊への期待と9条改正反対64%という世論の矛盾について全く触れていない。

世論調査は調査の仕方、質問の構成で変わって来る。

都合の悪い事は聞かない。都合の悪い国からは聞かない。

都合の良い事ばかり聞く。都合の良い国からだけ聞く。

朝日新聞の世論調査に騙されるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日中友好に尽力!私の友人のほのぼのとしたオモテナシ。

連休中固い話は置いといて、今日は私の友人が日中友好に尽力した話をご紹介します。↓

ちょっと前の話ですが、回転ずし店でのお話です。

最近では回転ずしにもたくさんの外国人の方々が入っています。

独身の友人は1人で、日本酒の熱燗を飲みながら寿司を堪能しておりました。

そこに中国人と思われれる御一行様(3名)が、ヨドバシカメラの袋を抱えて入ってこられたそうです。

カウンターの並びに着席されて直ぐに飲み物の注文を始めたのですが、どうやら日本酒の熱燗がどういうものなのか、うまく理解できないようでした。

友人はお店から新しいオチョコを借りて、その中国人(A氏)と思われる人に自分の熱燗を薦めました。

驚きながらも、A氏は味見をした後に気に入って、自分もその熱燗を注文しました。

その直後、握りたての高級皿がレーンに乗って流れてきたところ、A氏はおもむろに手を伸ばし皿を取り上げ、(私からのお礼だと言わんばかりに)友人の目の前に皿ごと置いてくれました。

友人は「どうも」と言いながら、そのマグロを一口食べた途端に、回転ずしの会計システムに気付いたのでした。

みなさん、おわかりでしょう?

(自分で食べた皿は、自分のお会計)

食べ終わった皿を(A氏はマグロをあげたと思っているのに、なんでおまえは空の皿?)

返すわけにもいかず、友人はそのお会計を支払ったそうです。

たった2分間の出来事でした。

帰り際、席を離れる友人に向かって、A氏はあたかも“おれはいい中国人だろう”というオーラを出して、連れの御一行様達と友人を見送ったそうです。

(終)

さて、このエピソード、皆さんだったらどうしますか?

1、空の皿をA氏に渡す。

2、友人がしたように自分で払う。

3、店の人に説明する。

私は超笑ってしまいましたが、その場に遭遇したらきっと私も友人と同じ事をしたかな~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »