« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

民主党政権では問題にしてなかった政党助成金。自民が政権を執ると変だと言い出す。

TBSみのもんたの朝ズバが政党助成金に難癖をつけ出した。

今までの3年3カ月。民主党政権の時には批判しなかったのに、自民党が増えると文句を言い出す。↓

金井辰樹(東京新聞政治部長)

しかも、その後ね、導入されて10年経つんだけど、国民一人当たり250円は変わらないけど、人口は少し増えてる。定数は少し減ってると考えると、単純計算で国会議員一人当たりは増えてることになっちゃう。

みのもんた

中味増えてる!

金井

それで、この20年間近くの間に国民の政治に対する信頼感というのは減っている。これ、どう考えるのかと。だから今回は増えた減ったの話がありますけども、総額の320億円が本当に必要なのかという議論を真剣にしてほしいですよね。

北川正泰

もう1つはね、政党が交付金もらうわけですよね。そしたらその政党はですね、株式会社だと商法とか、会社法とか色んな適用されますけども、ほとんどダメなんですね。だから、300万円貰ったから、じゃあ、翌日、ありがとうと言って、別の党へ移るとか、そういうことが1つあると。それできちっとした法整備は、もうボツボツ本当に考えなきゃいけない時期に来てますね。

みのもんた

企業団体献金だけでも絶対だめだってふうにできません?もうやるべきじゃないですかね。

北川

そうです。だから企業団体献金でも支部があるんですね。支部と国会議員とほとんど一致してですね、そちらで貰えば問題ないとか、そいいうこと。

みのもんた

そういうのダメ。

北川

きちっとね、整えてやるってことが重要だと思います。

小松成美(ノンフィクション作家)

抜け道を許さないという事ですよね。

みのもんた

交付金、一回、取り上げてもいいんじゃないですか?

小松

う~ん。

みのもんた

企業団体献金、やっぱり特定の団体や企業から貰うということは、何か頼まれた時に嫌だと言えなくなるだろうということですよね。本当にそう。まあ、個人のね、献金は違う性格だと思いますけれども。それを納得して我々は、浄財を出そうと、1人何百円づつやったんでしょ。それなのにね。いつのまにかそれがね~。これはやっぱり大きなテーマにしてもらいたいね。

民主党の落選議員が本部にゾクゾクと集まってきています。落選議員でも地方の支部長が本部から月々活動費を貰う為です。

政治活動する為かそれとも毎日の飯を食う為かそれは解りません。しかし、政治活動は自由なはずの日本でこの政治資金がなくなると政治活動が出来なくなります。

企業団体献金も廃止して、政党交付金も廃止すれば政治活動が出来なくなる。という根幹を解ってない。

放送局こそ、高いスポンサー料とって下請けに安く発注して高給取りばかり。みのもんたの年収は10億円以上と言われています公共の電波を国から許認可を得て金儲けをしている放送局からの税金をもっととってもいいのではないでしょうか?(電波使用料に関わる税金を上げるべきなんですよ。)

そもそも個人献金が一体いくら集まると思っているのか?1人の秘書を雇うのが精一杯ですよ。もしも大金持ちが多額の個人献金をしたとすれば、それこそ言うなり。傀儡政権が生まれます。

自分達は政府批判だけして視聴率稼いで、大儲け。責任があって、失言すれば失職する国会議員達をただ叩きまくる。

これが今のメディアの特徴なのですが(他にやる事が無いのかバカの1つ覚えのごとく自民党を叩きたい気持ちが伝わってくる。テレ朝に負けないくらい酷くなってきたTBS)、国会議員が何の贅沢をしてるの?大変なんですよ。

選挙で金がかかる。当然です。政治は聖なる世界じゃないんですよ。利益と利益のぶつかり合い。それが民主主義なのです。

それとね、政治活動の自由で金の使い道が不透明と言われて1万円以上の領収書を公開する事になりましたが、それね、宗教活動の自由、組合活動の自由とも平等に扱うべきだと思うよ。労組の金の使われ方、宗教団体の金の使われ方。不透明ばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党政権になるとどうしても国民を不安にさせようと必死になる「報道ステーション」

私(筆者)

「今、古館が何を言ってたか、解った~?」

「いいや~、ただ安倍さんがやろうとしている金融緩和しても不安だらけですよ!って言ってるのだけはよ~く解った。」

↓12月18日報道ステーション

古館

金融緩和で景気が良くなればいいんですが、一方ではですね、これを疑問視している人もいますよね。

例えば、中小零細の経営者の方々、じゃあ、自分達が設備投資をしようって感じの景気の良さになるのか、銀行がお金貸してくれるのか、何が良くなるのか、というのは、今までの経験からしてもどうなんだ、という疑問もある。

で一方ではですねえ、このせっかく金融緩和をして、市中から国債を日銀が買いオペという形で基金で買ったとしても、実はですね~、その当座預金の口座の中に、積みあがっていくだけだから、とか、

いや、銀行が国債を買うんで、あんまり貸し出さないからお金を、とか、そういうような事を言う人もいる。

それから金利の上昇、バーンと国債が跳ね上がっちゃう、なんて危惧する人もいる。も、ホントにここは難しいところですねえ。一両日中に、金融緩和、どういうものか、功罪どうなんだ、という、このあたりもこの番組でキチッとお伝えしようというふうに今考えています。次、これもまた重要なニュースです。

もうみなさんおわかりでしょう?国民に「安倍さんの経済対策に期待してはいけませんよ~」と言わんばかりです。

自民党政権になるとどうしても叩くのが専門のこのテレ朝のすっとこどこっい。国民に不安を煽り出しました。

国民に不安を煽り、財布の紐を固くさせようとする番組。景気浮上の足を引っ張る番組。何言ってるの?どうしても自民党政権は大嫌いだ!とはっきり言えよ!来夏の参議院選挙まで続ける安倍叩き。朝日新聞の社是だからね~。

この番組のスポンサー企業はこれでいいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党が焦ってますよ~見苦しい野田民主党!

 
民主党が最後の焦りで、消費税については選対本部事務総長として安住幹事長代行が9日(日)、公認候補者に「至急、重要」扱いで安倍氏を攻撃する文章を送った。
「首相の座を逃したくない一心で、国の将来を左右する重要政策を曖昧にし」ているとの安倍氏を批判している。
きっかけは、報道2001で、デフレ下の消費税増税に否定的な考えを示した事。しかし、民主、自民、公明3党は税率引き上げ時の景気条項として経済成長率目標を盛り込む合意をしている。

↑(この番組をもう1度見て文字にしてみた。)

司会
この景気状況でも消費税増税をすべきは○、すべきではないは×を上げて下さい。

↑質問の前提条件は「この景気状況でも」とハッキリ言っている。

安倍氏は景気条項がある消費税値上げ法案の3党合意を良く分っているので、この景気状況では消費税を上げないつもりだから、当然×なのだが、×を出すと消費税そのものに反対だと受け止められるので、○×を上げなかった。

その後
野田首相
何故○を上げないのか聞きたい。経済が好転させなければいけません経済を好転させるという前提の中で、これは避けて通れないと、社会保障を持続可能なものにする為に、その為に3党合意をしたのに何ですか!今のは!可笑しいですよ!

質問の前提条件は「この景気状況でも」、となっているのに、
野田は勝手に「経済を好転させるという前提の中で」と変えて、勝手な安倍批判をしているのですね。
いわゆるイチャモン。
苦しい民主党野田は少しでも食い付きたい。でも食い付いても的外れ。

安倍さんは景気を良くしてからでないと消費税は上げないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月2日日本テレビバンキシャ。企画段階から偏向報道を決めていたようだ。

ご存知、福沢と鈴江コンビで司会するバンキシャ。

いつもの川上のおっさんに、いずれにしても国の為にしっかりやってほしい。という均衡のとれたコメントをさせた後。

テレビに出た事もない韓国人。「クォン、ヨンソク」とかいう大学のしかも准教授をただ1人番組に出演させてコメントさせている。

当然、この准教授が何を言ってきているヤツなのか熟知しているから出演させているわけだが、、、(では何をしゃべったか↓)

鈴江、

クォンさん、日本の総選挙について韓国ではどういう見方をしているんでしょうか?

クォン、

先日韓国のニュース番組に出さして頂いた時にやはり日本の右傾化ですね。

福沢、

右傾化!!

クォン、

ハイ、それとたくさんの党が出てるものの、どうしても保守的が濃い。というところで、あのその、それの対抗軸となる、民主主義という部分で、大丈夫か!という声が多かったんですけれども、まあ、幸いというか、今日第三極というふうな形で「日本未来の党」が出て来たという点ではですね。デモクラシーというのは、やはり保守があり、リベラルな軸があって、ていうふうな事があって機能していくと思いますので。1つは原発が争点になったというところで、原発問題というのは単に原発に賛成反対というだけじゃなくて、やっぱり21世紀の日本の有り方、日本社会の国家像ですね。それを決めていくと。20世紀型の持続不可能の成長なのか、あるいは21世紀の持続可能な、そういう部分で韓国は注視していますよね。

福沢、

ハイ、選挙後の日本は果たしてどんな姿になるのか。投開票は2週間後に迫っています。

第3極の勢力が活発化しているという番組構成でVTRを作って長々と流したあげく最後に韓国人をひっぱり出して来て、上記のコメントで締めくくる。

完璧な偏向報道ですね。

素人の視聴者に自然と植えつけられる、第三極が平和そうで期待できるような感じ。

かなりの悪だくみです。

騙されない様にしましょうね~。

「日本未来の党」の後ろには極左軍団、「市民の党」がついている。

ポリシーも何も何にもない。自分の生涯が第一のの小沢さん。自分の為に嘉田さんを利用してますが、利用されるのはあんたの方。

日本テレビの記者さんが、「小沢さん、12月2日のバンキシャ見て下さいね。いいの作りましたよ。」なんて言ってる姿が目に浮かびましたよ。

こうやって選挙前にじわりじわりと反自民の番組は進化していくのですな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »