« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

菅直人が総理大臣を辞めても責任はとってもらうぞ!国民を不幸に陥れる菅の愚行は絶好調

震災翌日、平成23312日。菅首相が思いつきで福島第一原発を視察した。

どうしても先輩風を吹かしに行きたかった。「(第一原発の吉田所長に)俺は8年先輩の東工大卒業生。」先輩は総理だぞ!って自慢しに行きたかった。しかし、その思いつきは福島原発近隣住民に莫大な被害をもたらした。

東京電力は緊急停止した原子炉のうち、真っ先に非常用電源が停まって危機に陥った1号機へのベントを12日午前330分に実施する計画を立てていた。

12日午前112分、原子力災害対策本部は気象情報を元に放射性物質の拡散予測を行う文部科学省のSPEEDI3時半放出開始という条件で、1号機のベントによる放射能拡散を予測させている。

この試算図では、風は海に向かい、内陸部に放射性物質は拡散しないという結果が出ていた。

それを妨害したのが「視察に行く」と言い出した菅首相だった。

当時、首相官邸でのオペレーションルームには警察、防衛、国交などから課長補佐クラスが詰め首相原発視察の調整を行っていた。そこに原子力災害対策本部の事務所からSPEEDIの試算図がファックス送信されていた。

「コピーは回覧された。ベントを予定どおり行うと総理を被ばくさせる事になる。行かなければ絶好のタイミングでベントできる。視察を中止すべきだろ言う慎重論も出たが、結局、総理の意向が優先された。」(内閣官房事務所職員)

ここから官邸はベント延期に動き出した。

菅首相の原発視察は12日午前7時から8時の間に行われた。午前3時過ぎから開かれた枝野官房長官の記者会見で発表された。これと同時にベントの予定時間が変更された。

それが証拠に、枝野官房長官会見後午前353分、原子力災害対策本部はSPEEDIを運用する文部科学省に1号機のベントを開始する実施時間を「12時放出開始」へと遅らせて試算しなおさせていた。(枝野官房長官はその変更させたSPEEDIの試算図を見ていないと言い張って責任逃れに必死。)

実際のベントは3121430分から実施された。その時間のSPEEDIの試算図では放射性物質は海風に乗って内陸部の双葉町や浪江町などに拡散すると予測されている。

結局ベントを遅らせたために、放射性物質で多くの住民を被爆させたのだ。

数年後、近辺住民がガンや白血病にかかり苦しみを患い、未来を失う事になる可能性は高いのではないだろうか?

そして、思いつき視察をして被爆をさせてしまった総理大臣は総理大臣を辞めている2,3年後。その責任をとらないでいいのだろうか?

自民党政権下でSPEEDIの試算。緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムを導入した。当然生かされるべきシステムである。

それが政権交代によって生かされず、ムダになったばかりか、それを無視した民主党政権のせいで犠牲者まで出てきそうな近い将来。

民主党がどれだけ恐ろしいか?政治主導と謳い文句のように叫んだ素人集団がどれだけ国民に不幸をもたらしたのか?

最大不幸社会の実現に邁進する菅首相。

本当の恐怖は彼の自己保身にある事だけは確かなようである。さて次から次へと出てくる菅総理政権の取り返しのつかない失態。次はなんだろう? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今最も監視が必要なのは、原発と「官房機密費です。」国民のみなさん!注視しましょう!

5月23日の衆議院東日本大震災復興特別委員会で、福島第一原子力発電所への海水注入が一時中断した事で、菅首相は

「(海水注入している事を)報告は無かった。報告が上がっていないいないものを止めろとか言うはずがない!私が止めた事は全くない!」

とまたウソをついた。

福山(元中国人)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110523/plc11052312340006-n1.htm官房副長官はこの会議での議事録は無い。

とこれもウソをついている。

議事録が残っていると菅が海水注入を知っていた事がバレるからです。

ウソにウソを重ね、結果的に最大の不幸社会を実現している菅首相。

本当は総理大臣を辞めたくなってきた頃。

しかし、しか~し、安倍、福田や鳩山(こいつは例に出したくなかったが)自分から辞めた総理大臣達は殆ど金持ち。親爺が大政治家の2世議員。総理大臣辞めても金を持っているし、金があるだけに政治生命も保っている。麻生は総選挙で自民党が敗れたので総理を続けられなかった訳で自分から辞めたわけではないけれど短命だった。しかし、これまた金持ち。麻生財閥の御曹司。現在も派閥を引っ張っていて子分も多少いる。しかし、菅総理には金が無い。総理か党の幹事長をしていなければお金が入らない。官房機密費か党の政党助成金をあてにしないと政治活動費用は賄えない。ましてや子分すら作れない。

そこで菅が総理を辞めようと思って準備し始めるのは?

そう!です。

総理大臣の給料なんて比べ物にならない「官房機密費」の蓄財。今のうちにどれだけ自分の自宅に移動できるか!!!!!!(先ずは官邸の執務室から総理公邸の自室まで官邸の地下から表玄関を通らず運び出すんです。)

皆さんの税金です。今こそ官房機密費の使途公開が必要なんです。

菅の女房と札束を毎晩数えるお楽しみ。

今後の政治活動にも、生活にも絶対必要な札束。

警戒が必要です。「官房機密費」。

「枝野君!僕の机の右下の大きな引き出しに補充しておいてくれ~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸山会事件の公判が何故テレビマスコミで報道されないのか?

陸山会事件の公判。

次から次へと新事実が明らかになってきた。それでもテレビは無視し続ける。

それは何故だろう?

週刊現代で森功氏は

5000万円は2回とも私の後ろの金庫から出した」(水谷建設元経理担当常務)

「ホテルのロビーで、テーブルの下をスライドさせてカネを渡した」(元社長)

「ホテルのラウンジでは、ヨーグルトドリンクを注文した」(ダイナマイト業者)

といった生々しい証言が飛び出すたび、法廷は静まり返った。おまけに証言だけでなく、水谷建設の経理資料など物証も証拠提出されている。これまで裏金の授受について全面否認してきた小沢側は、絶体絶命のピンチに陥っている。(中略)

が、あれほど騒いでいたマスメディアが、ベタ記事扱いとまではいわないが、全く無視している民放のニュース番組などまである。もとよりニュースは、それぞれ報道現場の判断で扱いの大小が決められるものだ。震災のせいで、普段より扱いが小さくなるのもやむを得ない。しかし、政界きっての実力者の重大事について、ここまで報道が少ないのは、やはり不自然と言うほかない。(以下略)

という具合にマスコミが陸山会事件の公判を意図的に扱わない姿勢を批判している。

この西松建設と水谷建設は福島原発の工事を請け負っていた事まで明らかになってきた。(週刊朝日63日号)

唯一、本日523日朝刊で産経新聞が「陸山会法廷」「裏金証言次々、キーマン明日出廷へ」

「現ナマ紙袋をスライド」という見出しをつけて図解説明つきで報じているだけだ。

筆者なりに何故テレビ新聞は産経以外無視しようと努力するのか考えてみた。

今永田町での民主党のガタガタに原因があるのだ。

菅首相は知っての通り小沢派から三行半をつきつけられて菅内閣不信任案を自民党に出してもらい、民主党内部からの同調者を集めようと動いている。各マスコミの政治部記者で小沢担当記者はその情報を追いかける。新しい情報はすぐに記事になる。担当記者はキャップの指示で小沢の自宅、事務所、会合場所、にストーカー的につきまとう。当然日中は議員会館の小沢事務所や小沢の子分の議員の事務所などに出入りして日程を探ったり、そのヒントを貰ったりそれはもう苦労の連続。

そんな中で、陸山会事件公判で次から次へと出てくる新証言をテレビや新聞がでかでかと扱ってしまうとどうなるか?

「大久保も石川も否認している。裁判が決着付くまで事実は分からないのに、記事にするとは何事か!!!!!!!!!」

という事で出入り禁止、もしくはそのマスコミには情報が入らなくなってしまう。

当然各マスコミの政治部の平河キャップや官邸キャップは司法クラブ担当記者から上がってくるメモを読んでいるが、それを記事にしたり、報道するとこちらの情報が入って来なくなる。各社マスコミの政治部長はそれを恐れて記事にしない、もしくは扱いを小さくするように編集局長に依頼する。テレビ局では、もしもワイドショウや報道番組で取り上げてコメンテイターがとんでもない発言をし出すかわからない。触らぬ神に祟りは無いのである。

しかし、販売部数が極端に少ない産経新聞だけはその祟りを恐れず報道しているようです。産経には日本古来からの萬の神々が守護神としてついてますから平気のようです。なんてったって官邸キャップがあの阿比留ルイですからね~。報道しなかったら怒鳴りこんできますよ。

日本のマスコミに阿比留あり!といったところですね。

以上のように小沢の周辺で展開されている倒閣運動の情報が駆け引きとされて陸山会公判が報道されない。という事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅首相、枝野と口裏合わせ「俺は見ていなかったし、聞いてもいなかった事にしろ!」

拡散予測図、菅首相に上がらず=原発視察前「担当者で止まった」―枝野官房長官

時事通信社

 枝野幸男官房長官は20日午前の記者会見で、福島第1原発事故発生直後の3月12日に放射性物質の拡散を予測する「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)の予測図が首相官邸に届いていたことに関し、「担当者にファクスが来たが、そこで止まっていた」と述べ、菅直人首相や自身は予測図を見ていなかったことを強調した。その上で、一連の経緯を検証する意向を示した。

 SPEEDIの予測図は住民には長く公表されず、官邸に届いた予測図は首相が福島第1原発を視察する前だった。予測図は、第1原発1号機で格納容器の蒸気を外部に放出する「ベント」を行った場合、放射性物質が全て海に向かうことを示す内容で、首相が視察前に放射性物質の流れを知るために利用した可能性が指摘されている。 

*官邸の担当者とは誰なのか?当然総理付きの事務の秘書官だろう。その秘書官は各省のエリート。通産省からは今年異例の移動で秘書官になった貞森(さだもり)恵祐(けいすけ)が秘書官として座っている。
この秘書官が総理にSPEEDIの予測図を上げていなかった??????
まず考えられん。
もしそうなら更迭すべきだが、出来ていない。
また口裏合わせしたのでしょう。
菅「俺は見てないし、説明も受けていなかった、、、、、、、事にしろ!」
でないと責任追及されてしまう!
前回の「20年は住めなくなる」発言の時と同じですね。
「俺が言ったのではなく内閣参与が言ったことにしろ!」
こいつについていく子分はいませんね。ウソまでついて、尻拭いばかりさせられて、、、
そのうち最後の助け舟の山崎(昨日の予算員会で総理を助けて耳元でささやいていた官僚)も三行半ですね。
とにかく自分の延命が必死。
最大不幸社会はどこまで拡大していくのか!菅が総理の間に、、、、
国民の最大不幸が菅災なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅総理の違法献金事件。告発した金子さんら3名GJです。

告発状をご自身でブログで公開していました。(日本の自存自衛を取り戻す会でググッて下さい。)
告 発 状
                             平成23年5月2日
 東京地方検察庁検察官 殿

 告発人
       住  所  〒
       所属団体  日本の自存自衛を取り戻す会 代表
       氏  名  金子 吉晴
                    TEL
                    FAX
       住  所  〒
       所属団体  日本の自存自衛を取り戻す会 会員
       氏  名  田代 照夫
       住  所  〒
       所属団体  日本の自存自衛を取り戻す会 会員
       氏  名  永井 清之

   被告発人
       住所  〒100-0014 東京都千代田区永田町2-3-1 総理大臣公邸
       職業  内閣総理大臣
       氏名  菅 直人

1 告発事実
 ①だれが(犯罪の主体)  被告発人が
 ②いつ (犯罪の日時)  平成21年3月に2万円、同8月に1万円,同11月に1万円
 ③どこで(犯罪の場所)  東京都内の高級しゃぶしゃぶ店ほかで
 ④なにを又はだれに対して(犯罪の客体)
              計4万円の献金を
 ⑤どんな方法で(犯罪の方法)
在日韓国人から受領することによって
 ⑥何をしたか(犯罪の行為と結果)
外国人から,政治活動に関する寄附を受けた。

2 罪名及び罰条      外国人からの寄附の制限違反
              政治資金規正法26条の2第3号(22条の5第1項違反)

3 告発の趣旨
(1) これまでの経過
 菅直人首相の資金管理団体「草志会」(東京都武蔵野市)は、在日韓国人系金融機関である旧横浜商銀信用組合(横浜市、現中央商銀信用組合)の元非常勤理事の男性から、首相が民主党代表代行だった平成18年9月に100万円(公訴時効成立)、21年3月に2万円、同8月に1万円をそれぞれ受領した。さらに民主党政権となった直後で、副総理兼国家戦略担当相だった同11月の1万円を合わせ、計104万円の献金を受けた(疎明資料1)。
 この男性は平成元年5月から20年6月まで同商銀の非常勤理事を務めていた。現在はパチンコ店を経営し、横浜市に事務所を置く会社などの代表取締役を務めている。
 首相側は3月14日に献金計104万円を返却した。首相の代理人の弁護士は返却した理由を、「(男性が)韓国籍であることを公的な書面によって確認したため」としている。
 また同代理人は近く政治資金収支報告書を訂正するとしている。インターネットで確認する限り,平成18年分は不明であるが,平成21年分は4月末日現在,訂正されていない(疎明資料2)。
(2) 故意の有無
 首相自身について本罪が成立するかどうかは,首相自身に外国人であることの認識があったかどうかと,献金の授受にどの程度,関与したかによる。
 まず外国人であることの認識について,首相は3月11日の参議院決算委員会でこの男性について,
「まず、私が仲人をした知人から、自らの中学、高校の同期生で不動産関係の仕事をしている人として数年前に紹介をいただいた方があります。釣りなどに誘われてその知人とともに一度出かけたことがあり、またそれ以外にも数回、会食を共にしたこともあります。日本名の方であつて、日本国籍の方と思っておりました。報道のように、外国籍の方とは全く承知いたしておりません。」
と答弁した(疎明資料3)。しかしこの答弁に対し質問者は当然,
「釣りに一緒に行って何回も会食をして、どういう仕事をされているか、そういうことを話さなかつたんでしようか。これは全く不自然であります。もう一度答弁してください。」
と続けた。これに対し首相は,
「先ほど来申し上げておりますように、私がよく知っているのは、仲人を務めましたその知人はよく私は知っている方であります。その方からの紹介で自分の中学、高校の同期生、同級生であるということで紹介され、不動産関係の仕事をしている方と、そういう紹介をいただきました。私が知っているのは、その方についてはそれまでです。」
と話したかどうかには答えず明らかに答弁をはぐらかした。
 またこれに関連して週刊文春の4月14日号は,
"〈首相に違法献金の疑い 百四万円在日韓国人から 首相側は未回答〉 まだ日本が未曾有の大震災に襲われる前の三月十一日早朝、朝日新聞が一面トップで菅直人首相の違法献金間題を報じた。(中略)
 この在日韓国人男性・K氏の関係者が明かす。「菅首相はK氏の携帯電話に連絡し『落ち着いたら何でもしますから、とにかく逃げて下さい』と口早に要請したそうです」(中略)
 朝日新聞の記事を受けて、メディアは横浜市内のK氏宅に集まったが、すでにもぬけの殻だった。(中略)
 だが、K氏を知る民団関係者は次のように証言する。「震災の翌日、菅氏はK氏に電話し、『過去も現在も未来も会ったことはなかったことにしてほしい』と念を押したそうです」被災者が生死の境をさまよう最中、またもやK氏にロ止めの電話をかけていたというのだ-。"
と報道した(疎明資料4)。
 首相の参議院での答弁とは若干の食い違いがあり,腑に落ちない点もある。しかし具体的なやり取りはともかく,わざわざ雲隠れを指示したという点が事実なら,そのことは首相がK氏の口から自らに不利な証言が出ることを予見していることを示し,完全に首相の故意は認定できよう。逆にこの記事が虚偽であれば,名誉毀損罪にも該当するものであるが,現時点において首相側は何の反応も示していない。したがって告発人らは首相側が明確にこの報道の内容を否定しない限り,これは事実であり,首相に故意があったと見なさざるを得ない。
(3) 献金の授受への関与
 これについては,首相は前記3月11日の参議院決算委員会で、
「献金については、事務所の方に確認をいたしましたところ、いただいていたということであります。現在、日時や金額など詳細については更に調査をいたしております。」
と答弁し,明確ではないが自らの関与は否定した。
 しかし前記週刊文春の4月14日号は,
"この「知人」とは、首相の地元事務所に出人りしている男性のこと。(中略)
 問題となった献金の授受も、この知人同席のもと、都内の高級しゃぶしゃぶ店で行われたという。「その場で、K氏が菅さんに百万円を渡したそうですが、菅さんは最初『いやいや、まずいです』と受け取らなかった。ところが、二人を繋いだその知人が『別にいいから』と言って結局は受け取ったようです。K氏は『パチンコ店の地上げに絡んで、NTT労組を動かしてくれた見返りだ』などと漏らしていた。政治資金パーティーの招待状も持っていたし、パーティー券も買っているはず」(同前)"
と報道した。
 こちらも首相の参議院での答弁と食い違うが,この記事が事実なら完全に首相の関与は認定できよう。ただしこの記事は公訴時効が成立している平成18年9月の100万円に関してのものである。しかし,仮にたとえそれ以降の授受に直接,首相が関与していなかったしても,それはあくまで首相が秘書を使者として利用しているに過ぎず,首相自ら受け取ったと同視し得るものである。したがって告発人らは首相側が明確にこの報道の内容を否定しない限り,これは事実であり,首相に関与があったと見なさざるを得ない。
(4) 同種の事例
 外国人からの献金問題では、3月に前原誠司前外相が京都市内の在日韓国人女性からの献金を認め、外相を辞任した。
 この問題で、滋賀県の政治団体代表らが京都地検に提出していた前原氏に対する政治資金規正法違反罪の告発状について、同地検は4月27日、受理したと発表した。受理は4月22日付である(疎明資料5)。

4 疎明資料
 (1) 産経新聞2011年4月8日付け http://sankei.jp.msn.com/politics/print/110408/stt11040820110002-c.htm
 (2) 総務省ホームページ http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/101130/27270071.pdf
 (3) 国会会議録検索システム http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=22219&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=7621&DPAGE=1&DTOTAL=2&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=22273
 (4) 週刊文春4月14日号記事 "菅直人 震災翌日「献金韓国人」に口止め電話!"
 (5) 産経新聞2011年4月27日付け http://sankei.jp.msn.com/affairs/print/110427/trl11042722450022-c.htm
以 上

*ニコニコ動画でもお話されています。
   http://www.nicovideo.jp/watch/sm14431955   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復興対策はできないが、延命策は必至。総理の椅子は離さない。菅直人。

韓国人国籍者からの違法献金をこっそり返していたばかりか、その韓国人に口止め電話までしていた事を文春に暴露された菅直人。

復興対策は疎かなのに自身の延命策にはあの手この手を繰り出している。

地方統一選挙惨敗を予測し、菅降ろしがピークに達していた震災直後。大震災の復興対策や原発の対応が後手後手の官邸。震災翌日原発のベントを要請の為ヘリコプターに乗って原発までわざわざ行ってベントを遅れさせた。もうメチャクチャ。

総理延命策を練って考えた答えが谷垣自民党総裁に電話を入れて入閣(大連立)要請。谷垣は政策協議も何もやって無い段階でトップ同士で決められるものではないとして断った。

国民の半分は自民党も大人になって協力すべきで大連立は必要なのに自民党は非協力的だ。 との印象を受けた。

が、しかし、しか~し、

その真相は?

312日の震災翌日の菅総理の電話での連立要請の裏には菅総理が民主党内部からの不信任案同調作戦を封じ込める狙いがあったのだ。

震災前。党員資格停止中の小沢は自民党の有力者たちと次々に懇談し不信任案提出を要請していたのだ。

谷垣や石破はその要請の主が小沢だけに悩んでいた。「可決すれば良いが可決しなければ信任を与える事になる。小沢だけに信用できるのか?民主党から何人が同調するのか見当もつかない。」

小沢は「やってみなければ分からない。」と言っている。

不信任案が成立しなくても民主党は分裂するのか?

小沢は新党を作るのか?仮に新党ができたとしても小沢新党と連立を組むのか?

水谷建設の不正献金の公判でますます小沢はダーティーなイメージがついてくる。

様々に迷っていた。

菅はこの情報を得ていたのだった。

大連立を自分から言い出して成功させる。もしくは自民党から拒否させる。作戦。

この作戦を実行したのが312日なのだった。

菅は「秘密裏に会いたい。」と谷垣に依頼しておいて、谷垣が断ると「拒否されたことは記者会見で言わせてもらいます。」と言っている。

本当に大連立したいのであれば政策協議機関を至急に設けるなどと話をするはずである。

民主党との大連立を自民党側から拒否されたのだから民主党は頑張っているが自民党は非協力的だ。との印象を国民に与える事ができ、なお且つ民主党内部の不信任作戦を封じ込める事が出来る。そう考えたわけである。今日片山総務大臣に言わせた「解散総選挙のちらつかせ」これもまさに「菅首相独自が展開している延命策なのである。」

これくらい必死になって復興対策ができれば東北は救われるのに、残念ながら被災者の事より首相の椅子のほうがとっても大事なようである。

国民の不幸。最小不幸社会を目指す政権は最大不幸社会を作り上げる事になった。

さぞや満足でしょうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏金授受の基本。こういう本当の事を言うコメンテーターは居ませんからね。

①  一対一。

*絶対です。相手が1人ならシラをつき通す事ができる。証人がいないからね。

②場所は足がつかない様に喫茶店もしくはホテルのロビーや駐車場。

*後々証拠がお互い残らない様にするんです。

③渡す側はお菓子入りの袋の下に封筒を忍ばせる。

*1つの封筒に入れられる金額はせいぜい300万くらい。5千万円のタバではかなりの体積と重さがあるのでお菓子は5千万の上にちょこんと乗ってる程度であまり大きくない焼き菓子などになる。

④喫茶店や駐車場の受け渡しの場合は飲食した領収書を個人払いで済ます。

*会社の経費で領収書を処分すると後で捜査されると証拠になってしまう。

⑤渡す時は目立たない様に机の下を滑らして渡す。

*万が一だが誰かから写真を撮られていたり、防犯カメラが手渡している瞬間を撮っている場合がある。(渡す側が望遠カメラで仕組んでいる場合がある。)

これって、基本です。

⑥さらに、小沢事務所の公共工事受注に関する陳情に行った時の返事は3通り。

Aランクの返答。    解りました。
Bランクの返答。    努力します。
Cランクの返答。    ご意向伺いました。

*このABCにはさすがに参った。やり慣れた事務所は違うな~。と感心している場合じゃない!


大久保は水谷建設河村社長から5千万円受け取る時、上記の基本を忠実に実行しようと思った。がしかし、しか~し、

①の一対一のつもりが河村社長が発破会社のY社長を同席させてしまった。
④の領収書処理も河村社長が経理処理していた為に検察に押収されてしまいヨーグルトジュースを人数分注文した事までばれてしまった。

受け渡しの証人の存在。
飲食した領収書の存在。

今日の公判前半は聞きごたえがあったな~。

と知人が言っていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »