« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

小沢の起訴相当をあたかも供述調書がデタラメだと、鳥越が国民を洗脳する。

またまた、お得意の洗脳報道。

2010年10月5日、テレビ朝日スーパーモーニング

三反園、

今後菅総理の小沢対策として一つ考えられるのは国民世論を使って(小沢が)離党すべきじゃないか!という声が多分大勢になってきますよね~。野党側も証人喚問とか議員辞職を求める声が大勢になってきますよね。そういう国民世論と野党の圧力をうまく生かしながら小沢さん、小沢陣営にどんどん圧力をかけていくという事で今回の事を決着させたいという、そういう戦略じゃないでしょうかね。

鳥越、

それは最悪のパターンだね、国民世論という名のリンチだね、それは、ダメだよそりゃ。やっぱ推定無罪というのが落合さんが仰ったようにあるわけでね、やっぱり最終的に有罪が確定するまでは無罪と推定するというのがね、裁判の原則だから、それはやっぱり最終的な決着がつくまでね、起訴されただけでこの人何となく犯罪者じゃないか?というふうに、まあ、日本では99%が有罪でしたからこれまでのは、、、、、だから国民の中には起訴されたらもう犯罪者だ~という気持ちがどうしてもあるわけよね、いや、今回の場合は検察庁は不起訴にした。検察審査会が起訴相当としたということで、今までのケースとちょっと違うんでこれはあくまでも推定無罪という原則をきっちり守って頂きたいたいな、という気がしますね。

*その後大沢弁護士に公務員は起訴された時点で休職してその仕事はできなくなる。小沢さんは責任上その場で決めてもらうしかない。と突っ込まれ、鳥越はシュン太郎になってしまった。

そして、2010年10月6日でも鳥越シュン太郎は、

鳥越、

検察の事情聴取もしくは取り調べね、いわゆる検察のケンメン調書という供述調書という、これがかなりその~、揺らいでいるわけですよ。本当にそうなのかと、あの~、ま大阪の事件ではほとんどでっち上げだったわけですね。で、じゃあ、大阪の、いや東京の小沢さんの事件は、あの、じゃあ正しかったのか!というとね、これも同じようにひょっとしたら、あの検察がですねかなり強引に調書を作ってる可能性がある。それは3人の小沢さんの秘書の取り調べについても同じ。で、そういう状況の中においてそれを供述調書を証拠に検察審査会ていうのはまあ、結論を出したわけですね、、、、(以下略)

*検察の調書はデタラメでその調書に基づいて検察審査会が結論を出したと言っているわけです。

鳥越は公平公正を装い、公共の電波を使って今から行われるであろう小沢裁判に懐疑心を持たせようと国民を誘導しているしているように聞こえる。

                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »