« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

菅首相、国会でウソの答弁。民主党はウソは平気です。ウソつき過ぎてて、

菅直人首相(63)が国会でウソをついた可能性が高くなった。衆院予算委員会で、ラジオ番組で国歌「君が代」を歌わなかったと指摘され、菅首相は「そういう態度を取ったことはない」とブチ切れ答弁をしたが、それを否定する証言が続出しているのだ。国会での虚偽答弁は、辞任もあり得る重大事態。参院選大敗後の「居座り続投」以上に、国民の信頼を失墜しかねない展開となりそうだ。

 「さっき、石原慎太郎都知事にも会ったが、『俺も(タレントでパーソナリティーの)ミッキー安川氏から、菅氏は君が代を歌わなかったと聞いている』と話していた。国会でのウソは、国民に対してウソをついたことになる」

 注目の質問に立った、自民党の平沢勝栄衆院議員(64)は4日、本紙にこう語った。平沢氏が取り上げたのは、2002年5月31日、ラジオ日本で放送された「ミッキー安川のずばり勝負」での出来事だ。

 菅首相は当時、民主党幹事長としてゲスト出演。番組では途中、出演者全員が起立して君が代を斉唱することになっていたが、平沢氏は関係者の証言をもとに、「首相は『歌いたくない』と言った」「皆さんに勧められて立つことは立った。ミッキーさんのご子息や、その時にそばにいた人に聞いている」と切り込んだ。

 これに対し、菅首相は質問途中から「ウソだ」とヤジを飛ばし、顔を真っ赤にして、「こういう場でそこまで言うなら、その時のテープでもいいから、きちんと証拠をあげていただきたい」「小中学校時代から、国歌を斉唱しないとか、そういう態度をとったことはない」と断言したのだ。

 そこで、放送したラジオ日本に聞くと、「平沢氏が質問したようなことは、番組関係者も証言している。ただ、録音テープの保管期限は法的に3カ月しかない。ラジオ日本としては、どちらとも言えない」と語る。

 一方、今年1月に亡くなったミッキー安川氏の事務所からは、放送当時のスタッフの証言として次のような書面が届いた。

 《この番組では、番組中に『君が代』が流れる場面があり、ミッキーさんをはじめゲストもみんなで立ちあがって君が代を斉唱するのが慣例となっていた。菅氏は立ちあがって君が代を聞いてはいたが、一緒に斉唱するのは拒否した。後日、ミッキーさんは『右も左もなく、自分の信念を通すことは立派である』と語った》

 また、放送に立ち会った別の関係者は「菅氏は最初起立もしなかった。ミッキーさんに手ぶりでうながされて、やっと立った。君が代斉唱後、ミッキーさんに『何で歌わないの?』と聞かれ、菅氏は『違和感がある。曲がちょっと…』などと語っていた」と説明する。

 つまり、菅首相は国会でウソをついた可能性が高いのだ。

 そもそも菅首相は「国旗を日の丸、国歌を君が代」とする1999年成立の国旗国歌法に反対。衆院可決翌日(7月23日)の朝日新聞には、菅首相の「天皇主権時代の国歌が、何らかのけじめがないまま、象徴天皇時代の国歌になるのは、国民主権の立場から明確に反対した方がいい」とのコメントが掲載されている。

 ところが、今年6月14日の衆院代表質問では、「私は、国旗は大好きでありますし、国歌も決して嫌いではありませんけれども、もっと元気のいい国歌であってもいいかなという意見もありまして…」などと答弁している。

 政治評論家の森田実氏は「国会でのウソが事実ならば、極めて重大な問題だ。ウソが証明されれば菅首相は辞めざるを得ないだろう。そもそも、菅首相は消費税増税の顛末や、普天間問題でもウソと詭弁を弄し、言い訳ばかりしている。ウソを言うのは恥であり、良心の痛みを感じるもの。それを感じない人物が首相になっていることが大問題だ」と語っている。

*これが日本の国の総理ですか?

こんな大人になるなよ~という見本です。いや恥ずかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普天間第2小学校は人間の盾にされているのって知ってました?

基地反対左翼がわざと移転させなかった普天間第二小学校
以下は昨年末にチャンネル桜で放映された普天間基地問題の深層レポートです。

1/4【沖縄スペシャル】普天間の真実[桜H21/12/29]
http://www.youtube.com/watch?v=-TujVuEjhjY

2/4【沖縄スペシャル】普天間の真実[桜H21/12/29]
http://www.youtube.com/watch?v=BWuyze-PslQ&feature=related

3/4【沖縄スペシャル】普天間の真実[桜H21/12/29]
http://www.youtube.com/watch?v=IeD987yDD1w&feature=related

4/4【沖縄スペシャル】普天間の真実[桜H21/12/29]
http://www.youtube.com/watch?v=7vmjcEp7eCk&feature=related

とはいっても、皆さん2時間以上時間かけてみることも出来ませんよね。
そこで最も衝撃的な3/4の部分を是非見てください。
11分50秒のところから、普天間基地のまん前にある普天間第二小学校近くでの取材になります。ここで地元の人に取材しているうちに非常に衝撃的な内容がわかってきます。

普天間第二小学校は普天間基地のまん前にあって、いかに普天間基地が危険で騒音も大きく子供の生活を蝕んでいるかと言う象徴として報道で取り上げられることが多い小学校です。

普天間第二小学校から1kmほど離れたところにある米軍官舎を移転させるから、そこへ普天間第二小学校を移設させるという計画が1982年ごろ安次富(あしとみ)盛信宜野湾市市長のときに進んで米軍も同意していた。これにより普天間第二小学校も安全なところに移転できるはずだった。

しかしながら、安次富盛信氏が落選して左翼系桃原正賢市長となったときにその普天間第二小学校移設の話が無くなったわけです。

こちらに詳しく書かれています。

つまり左翼市長となって、子供の安全を考えて行われていた計画が実現間際になっていたのを反故にしてしまったわけです。どうやら、左翼が自分達の活動の象徴を作るため、普天間第二小学校を危険なままで残して世間の耳目を集める、つまり子供達を人質にしてアピールしたといわれても仕方がない行為ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »